宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年04月22日

今季最初の生鮮かつお水揚げ


4月も下旬となって、暖かな過ごしやすい陽気が続いている気仙沼です。 今週末の東京での会議に出席して気仙沼に戻ると、なんとこの時期では珍しい生鮮カツオの水揚げが行われていました クラッカー

昨年は確か5月10日に青森県の第26惣宝丸さんの水揚げでカツオシーズンがスタート。 4月の水揚げは記憶にない、平成に入って最も早い時期の水揚げなんだとか。 予想もしなかった早いタイミングでのカツオの水揚げに、気仙沼魚市場は一気に盛り上がりを見せ、多くの仲買さんで賑わいました 花丸

今年最初の水揚げを行ったのは、巻き網運搬船の第11大師丸。 八丈島沖で漁獲した生鮮かつおとキハダマグロを約70トン。 そのうちカツオは26トンだったので、全体の37%ほどになります 親指

この時期だから比較的小さいサイズのカツオが中心かと思ったら、3㎏以上の「大」や4kg以上の「特大」サイズも結構な割合で入っていて、今年のカツオに期待しちゃいます。 カツオの平均単価は1㎏あたり434円でした。 1日の漁獲で3000万円を超す水揚げとなって、幸先のよいシーズン開始ですね icon14

数日前の19日には、第16大師丸さんが小型のクロマグロを53トンほど気仙沼魚市場に水揚げし6600万円ものみずあげがあったから、同じ会社の船で数日のうちに1億円も水揚げしたのだからすごい。 いま勝浦港での水揚げが中心の一本釣り漁船の皆さんにも、早く気仙沼に来てほしいと思います 船

今年は22年連続生鮮かつお水揚げ日本一を目指す気仙沼。 これまでで一番早いタイミングでの生鮮かつおの水揚げに沸いた魚市場が、後続船が次々と入港してさらに盛り上がっていくといいですね タイ

昨年の秋以降は生鮮かつおを食べていないので、そろそろカツオのお刺身が食べたくなってきた。 それも、気仙沼で水揚げされた新鮮なかつおがいいかな。 次のチャンスに期待する事にしましょう face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:28

2018年04月21日

計画的な代船建造に向けて


仙台でおこなわれた業界団体主催による地区別協議会という会合からいったん気仙沼に戻って、こんどは東京での会議に出席のため上京です。 今週末の東京は25℃以上の夏日予報が出ていました 晴れ

暑さを予想してだいぶ薄着で出張したはずだけれども、日中の気温は想像以上に暑くって4月とは思えないくらい。 外国人の観光客などは、Tシャツ姿の夏の装い。 日差しを避けて歩かなくては 音符

遠洋かつお・まぐろ漁業界では、国の事業を活用しての新船建造プロジェクトがいくつも進行中で、勝倉漁業がすすめている計画もその中の一つ。 平均船齢が20年を超える状況になっている中で、新しい船を導入して競争力のある漁業へと進化させていくのはとても重要な事ですから 船

日本全国のそれぞれの漁業会社が将来に向けて新船建造をおこなっていくのはもちろんですが、業界全体として今後の漁船勢力をどうしていくのかも問われる時代。 その計画策定の会合でした タイ

これから5年間のうちに、新船建造を担う造船所がどれだけの隻数に対応できるのか。 新潟造船、三保造船、そして気仙沼のみらい造船の責任者にも参加してもらって、具体的な長期計画を策定していくための議論。 同一船型・同一仕様での複数隻建造によって、建造コストを削減する事も一つの選択肢 親指

資源管理の徹底や燃油使用量の削減、刺身マグロの付加価値向上や労働負荷軽減、居住性や安全性の向上など、これからのかつお・まぐろ漁船の建造にはさまざまな取組が必要となってきます。 そしてこれからの漁業に必要な若手船員などの人材確保にふさわしい船でなければなりませんね マイク

これから、長期的な建造計画が策定され、それに基づいた新船建造がおこなわれていく。 すべての船を新しくするっていうのは不可能なことだけど、5年後10年後に日本の漁船勢力が国際競争力ある形で維持できている、そうした未来像を期待したいと思います。 勝倉漁業としても頑張らなければなりませんね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:01

2018年04月20日

手打ち蕎麦「山がた」での大盛りランチ


毎年この時期におこなわれる日本かつお・まぐろ漁業協同組合(日かつ漁協)の主催による地区別協議会が今年も開催されて、その会議の様子は昨日の勝栄丸ブログでお伝えしました ブック

遠洋かつお・まぐろ漁業をおこなっている会社は日本全国にあり、日かつ漁協はその全国組織となっているので、この地区別協議会についても国内数カ所の会場で順次開催されていくんです 船

東日本ブロックの会場となるのは毎年宮城県仙台市。 定禅寺通りにほどちかい法華クラブ仙台の会議室を準備してもらって、東北各地から漁業経営者の皆さんが参集。 ほとんどが顔見知りの方々ばかりですが、久しぶりにお会いする方もいるので、皆さんにご挨拶して会場に。 皆さん今年度も宜しくです タイ


仙台での宿泊はいつもの定宿。 法華クラブ仙台にも近いので、今回も歩いて会場に。 その途中でお昼ご飯にしましょうという事になって、勝倉漁業の役員と共にお蕎麦屋さんに入ってみました 食事

初めて入ったお蕎麦屋さんでしたが、店内はすごくおしゃれな感じのいい雰囲気のお店。 周囲はオフィス街という事もあって、サラリーマンの方が多いかな。 それでも女性客が半分くらいいたでしょうか。 ランチタイムのサービスっていう事で、大盛り無料との事で、初めて入ったお店で蕎麦の量がどれくらいかわからなかったけれど、とりあえずは店員さんのおすすめ通り大盛りのぶっかけ蕎麦を注文してみました 花丸

お店の名前が「山がた」なので、お隣の山形県の出身者のお店なのかも。 山形県って言えば美味しいお蕎麦も有名なので、期待して待って。 大盛りっていうけれどそれほど量が多くない上品な感じ。 蕎麦自体がすごく美味しくて、添えてある焼き味噌もすごくいい味。 お酒を飲みながら夜もいいかも 親指

思いがけずにめぐり合ったすごく美味しいお蕎麦屋さん。 こんど是非また寄ってみたいお店でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:37

2018年04月19日

日かつ漁協の地区別協議会


今年の気仙沼の桜は約2週間ほど早く満開となったけれど、先週末の風雨の影響でせっかくきれいに咲いた桜の花も一気に散ってしまって、すでに葉桜の状態になりました。 見頃はあっという間でしたね sakura

初夏のような気持のいい天気のなか、会合に出席するために仙台市内まで車を走らせて。 先日開通した三陸道の気仙沼中央ICから仙台に向けて南下。 途中の歌津ICから仙台まで直行で行けるようになったから、東北自動車道を経由するよりだいぶ時間も短縮になって運転も楽な感じです 花丸

今年度中に一部の区間を除いて気仙沼から仙台までの三陸道が開通する予定なので、そうなると仙台方面の移動は三陸道を利用する事になりそう。 一日も早く供用開始になってほしいと思います 音符

午後の時間帯に開催された日かつ漁協主催による地区別協議会。 仙台でおこなわれた会合には、気仙沼だけではなく女川や宮古、八戸などの東北地区の主要港の船主さんたちが一堂に会しての会合です。 日かつ漁協や協同会社、そして関係団体などの皆さんが東京からお越しになって 船

年に一度、この時期に必ず開催する重要な会議で、かつお・まぐろ漁業にかかる国際的な環境や経済情勢などの報告とともに、日かつ漁協や協同会社の決算見込みや次年度の収支計画、そして事業計画などについてもしっかりと協議していく貴重な機会。 皆さん真剣な表情で席に着きます タイ

現在私たちの業界でいちばんの課題として取り組んでいるのは幹部船員の後継者育成対策。 そして老朽化船の更新・代船建造も大きなテーマですね。 南太平洋やインド洋、大西洋各国の200海里漁場確保対策も全力で取り組んでいかなければならず、各漁業管理機関への対応も重要です icon12

約4時間にもわたる会議では、資料説明を受けての質疑応答。 せっかくの貴重な機会なので、重要課題についてもっと話し合う時間があればよかったかもしれませんが、会議後の懇親会も含めいろいろと情報交換ができてすごくよかったと思います。 地区別協議会に出席された皆さん、お疲れさまでしたface02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:01

2018年04月18日

マグロのかぶと焼きでの歓迎会


新年度になって取引先の企業でも人事異動などで担当者がかわったりと、年度替わりの挨拶回りなども含め、午前中から来客の対応に忙しい一日でした。 今年度も皆さまどうぞ宜しくお願いします タイ

昨年からすすめてきた新船建造に向けてのプロジェクトが先月ようやく事業承認となって、今月には建造をおこなう新潟造船との契約締結のところまでこぎつけて、本格的に新船建造が始動しますね 船

遠洋まぐろ漁業界でとりまとめた新船建造希望の隻数が、聞くところによれば30隻以上にもなっていて、新しいメニューの同一船型・仕様での複数隻の建造計画がこれから策定される。 ここ数年の間に多くのまぐろ船が新造船にかわり、将来に向けての幹部船員の育成も順調に推移することを期待しています 音符

今週、取引先金融機関の新任の部長さんが気仙沼にお越しになって、多くの関係者と共に歓迎の食事会を催しました。 会場はもちろん、北かつまぐろ屋田中前店です。 組合長の挨拶で乾杯でした beer

まぐろ料理専門店の北かつまぐろ屋。 このたび新しいオーブンを導入したとの事で、その新しいマシンで調理したお料理の試食会も実は兼ねていて。 まぐろ丼と並び人気のメカジキの「カマトロステーキ」をよりおいしく提供できるだけではなく、これまでできなかったマグロのかぶと焼きにもチャレンジ 食事

メカジキのカマトロステーキは外はパリッと中はよりふっくらに仕上がっていますね。 そして調理が結構難しくて、中が生焼けになりがちなマグロのかぶと焼きも、しっかりと中まで火が通っていて身がジューシーでふっくらと仕上がっている。 見た目も豪快で、なによりすごく美味しいかぶと焼きでした 花丸

夜のコース料理、宴会メニューなどに提供する予定だっていうマグロのかぶと焼き。 気仙沼ではここ北かつまぐろ屋でしか味わえない超レアな一品。 みんなでかぶと焼きをつつけば盛り上がること間違いなし。 ご一緒した皆さんも大満足の様子でした。 北かつまぐろ屋の人気メニューになりそうな予感です face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:53

2018年04月17日

魚町防潮堤施工ミス問題


気仙沼の桜も例年に比べて約2週間ほど早く満開になりました。 先週末はお花見にちょうどいいタイミングかと思いきや、雨と風の悪天候で、せっかくの桜の花びらもあっというまに散ってしまって。 4月も半分を過ぎて、これからゴールデンウィークに向けて市内の観光スポットなども賑わいを見せてくるんでしょうね。 マグロ類の流通も活発化することを大いに期待しながら見守っていきたいと思います タイ

日曜日の新聞各紙で驚きのニュースが報道されて。 気仙沼の内湾魚町、かつて勝倉漁業の本社社屋があった付近。 そこに整備される防潮堤の高さを間違って施工してしまったっていう事実が発覚。 内湾地区復興まちづくり協議会ワーキングで公表し、副知事が陳謝したそうだ。 信じられない事態です ムカ

内湾に整備される防潮堤の高さについては、地区住民や関係者などが何度も何度も話し合いを重ね、道路から海が見える高さにまで防潮堤を下げる工夫として盛土高をあげ、上部にフラップゲート構造を採用し、さらに震災後に地盤が自然隆起した分を差し引いた高さに見直して施工するはずでした ブック

ところが、今年3月に県の担当者が完成済みの防潮堤の一部区間160mを確認した際に、その防潮堤の高さが約1年前に見直し設計した22㎝の地盤隆起分を加味した高さ(海抜4.88m)ではなく、見直し前の高さ(海抜5.1m)で施工したことがわかった模様。 計画段階から住民と県が防潮堤の高さをめぐり意見対立した経緯があり、防潮堤自体に根強い反対の声が多いなかで、これは大問題になりそう マイク

地域住民にとっては海が見る景観を守るために、防潮堤や地盤面の高さについて時間をかけて協議してきた事なので、今回の施工ミスを理由にした計画変更は到底認められるものではなく、これにより土地区画整理事業などにも大きな遅れが生じる事なども含めて、地域住民への説明を求めたいと思います 新聞

報道では施工ミスの原因が施工業者側にあるような報じられ方をされていますが、追加工事費用が数億円に上るとの県側の説明からすると、県側に大きなミスがあったのではないかと推測してしまいます。 業者側のミスであれば、再工事にかかる費用は当然業者負担になるのでしょうから 汗

この地区でこれから長年生活していく私たちにとって、単に施工ミスでしたの説明ではすまされない重大な問題。 震災後の地盤面の隆起は現在30㎝を超えているという話もあるので、この際、防潮堤の見た目の高さをさらに低くし、より圧迫感のない湾内眺望が確保できるようにして頂きたいと思います face06
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:13

2018年04月16日

気仙沼で船舶職員養成講習始まる


例年よりも約二週間も早く桜が満開となった気仙沼です。 先週は暖かい日が続き、週末にはお花見で盛り上がるかと思いきや雨模様の大荒れの天気となって、せっかくの桜の花も散ってしまうかも sakura

東京ビックサイトでのSeaJapanからの清水港での冷凍マグロの水揚げを予定通りに終えて気仙沼に。 今週は市長・市議会議員選挙の一週間なので、興味深く注目して見ていきたいと思います 音符

今月10日から気仙沼でおこなわれているのが海技資格取得に向けた船舶職員養成講習会。 漁船や船舶などの運航には、海技資格者の乗船が必要で、幹部船員を目指す20名が今回の講習に参加 船


気仙沼でおこなわれている海技士養成講習には、地元気仙沼はもちろんのこと福岡や宮崎、鳥取などからの参加者が集まり、4級海技士と5級海技士の航海または機関にチャレンジしているんです 親指

これから2か月近くの講習を経て、国家試験に臨む彼らたち。 将来の機関長を目指す勝栄丸の船員も今回の講習会に参加しているので、必死に勉強してかならず国家試験に合格してほしいですね クラッカー

気仙沼ではいま、まぐろ漁船の幹部船員を確保・育成するプロジェクトを業界挙げてすすめていて、そうした中での気仙沼での講習会に勝栄丸の船員を参加させることができて私たちとしてもすごくうれしい事ですし、これからの若手船員たちの活躍や台頭にすごく期待しながら見守っていきたいと思います 若葉

地元気仙沼での講習会への参加は彼らにとって大きなチャンス。 自分の目標に向けてしっかり努力し、目的を達成してほしいですね。 勝倉漁業としてもできる限りのサポートをしていきたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:59

2018年04月15日

123勝栄丸のメバチマグロ水揚げ


初夏のような日差しにつつまれた静岡県・清水港にやってきました。 気仙沼に比べてももう一段気温が高く、おそらくは25℃近くになっているんじゃないかと思いますね。 上着も必要ないくらいです 晴れ

南インド洋でのミナミマグロ操業から漁場を移動し、通称ジャワ沖といわれている赤道付近のメバチマグロ漁場で123勝栄丸が漁獲した冷凍マグロ製品を洋上にて冷凍運搬船に転載し清水港に搬入 花丸

前日に行われた価格交渉・値決めを経て水揚げの日を迎え、事務所から車で興津埠頭に到着。 興津埠頭には冷凍マグロ類を専門に輸送する冷凍運搬船が6隻ほど在港中なのが確認できます 船

今回、123勝栄丸の冷凍マグロ類を輸送してもらったのは、MRS社が運航する冷凍運搬船「CHITOSE」。 岸壁に設置された荷捌き台で、取引先業者の社員や荷受会社の皆さんなどがスタンバイ 親指

年度初めという事もあって、毎年この時期恒例となっている新入社員の現場研修も行われていて。 真新しい作業服にヘルメット、安全長靴姿で、慣れない手つきでマグロを扱う様子が初々しいですね 若葉

陽気も暖かくなってきて、大型連休も控えて人や物の動きも活発になる時期を迎えました。 マグロ類などの荷動きも活発化して、たくさんの皆さんに食べて頂く機会が多くなるといいですね icon14

今回水揚げしたメバチマグロは、築地市場などに出荷されセリ売りを通して仲卸さんに供給されたり、加工して量販店などに納入されていきます。 清水港の関係者の皆さん、今回もお世話様でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:49

2018年04月14日

清水・末廣鮨のちらし寿司(上)


東京ビックサイトでおこなわれているSeaJapan2018で、海事産業の最新技術などにふれて、さまざまなブースでの情報交換でたくさん勉強したあと、冷凍マグロの水揚げ基地・清水港に移動です 音符

新年度になって最初の冷凍マグロの水揚げ。 インド洋で操業する123勝栄丸が昨年末までに漁獲したメバチマグロなどを運搬船に転載して清水港に搬入。 水揚前におこなわれる価格交渉・値決めに臨む準備として、築地市場の荷受会社・第一水産の部長さんなどと綿密な打ち合わせをおこないました タイ

昨年は一年間を通じて比較的赤身相場が高値で推移し、相場の大きな波もなかったけれど、今年はどういった展開になるのか感触を探りながらの新年度のスタート。 精一杯頑張っていきたいと思います 船

値決めの前にはマグロを食す。 清水に来た時のいつものルーティン。 第一水産の部長さんが気をきかせて、清水の名店・末廣鮨のちらし寿司の(上)の出前をとって用意していてくださいました 食事

これまで食べていたのは1000円のちらし。 初めて食べた上ちらしは、赤身のまぐろがトロにかわっていかにも豪華な印象。 ミナミマグロのトロの甘さが最高に美味いちらし寿司でした。 末廣鮨のちらしは何度食べても美味い。 今回のちらしは1800円だっていうけど、これからはこれがいいですね 食事

部長さんと一緒に末廣鮨のちらしでお昼ご飯をすませて、午後に予定されている価格交渉・値決めに臨みます。 厳しい攻防になるかと思いますが、お互いに納得できる値段で決めたいものですね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:06

2018年04月13日

日本舶用工業会のヒアリング


東京ビックサイトで開催されているSeaJapan2018に訪れたついでに、これからの遠洋マグロ漁船に導入してほしい新しい機器類やシステム、設計などについてのヒアリングを受けてきました 音符

日本舶用工業会って、私たちにとってはあまりなじみのない組織だけれども、日本の海事産業の多くの企業が加盟する団体なんです。 その担当者からの依頼を受けて時間を割いての面談でした camera

何も資料なしでお話しするのは得策じゃないと思ったから、私が考える検討課題などについてメモにまとめて配布。 準備していった資料に沿って、私たちからの要望事項をしっかりとお伝え出来て 花丸

数年先に開発丸という遠洋マグロ漁船のモデルとなる実証船を建造予定の日かつ漁協からも担当者に同席してもらっての会合。 まずは現状のマグロ延縄漁をいかに省人・省力化させるか、そして超低温区画内の作業を極力人の手を介すことなく行うにはどうすればいいのか、などのテーマについての説明 タイ

そしてもう一つの大きなテーマとしては、更なる大幅な省エネでしょうね。 現在竣工している新造船は既存船比10~15%くらいの省エネ率となっているところを、将来的な目標として30~40%の燃料消費量を削減するにはどうすればいいのか、日本舶用工業会の皆さんにもお知恵拝借をお願いして 船

各分野からのヒアリングをもとに検討課題、取組の目標となるものを会員企業に提示して、傘下企業の技術力・開発力などの協力によって、日本の海事産業を力強いものにしていこうという取り組みなので、その中に漁船漁業に関しての課題も取り上げて頂けたらと思います。 とてもいい感触の会合でした 親指

SeaJapan2018の会場にて、さまざまな海事産業の新技術や情報にふれて、新年度最初となる勝栄丸の冷凍マグロの水揚げのために清水に向かおうと思います。 今年もとても勉強になりました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:25