宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年09月26日

18亀洋丸さんが母港水揚げ


気仙沼での生鮮かつおの水揚げが順調に推移して、20年連続水揚げ日本一が確実なところとなって、10月に向けてさらに勢いを増していくことを期待させるような動きになってきました icon14

沖合一昼夜から二昼夜かかる漁場でまとまった漁が続き、携帯電話の電波が届く距離の数時間走りの海域にも漁場が形成されて、各船ともに慎重な漁場選択をしながらの操業 船

この調子で10月11月も生鮮かつおの水揚げが続いてくれることを期待しています。 普段は生のカツオの水揚げが中心の気仙沼港ですが、大型の遠洋かつお一本釣り漁船が気仙沼に入港 クラッカー

三陸沖で漁獲した冷凍のトロガツオを満載した18亀洋丸さんが300トン以上のカツオをもっての水揚げとなりました。 亀洋丸さんは気仙沼の漁業会社の所有船。 いわゆる母港水揚げですね。 いつも見ている中型船に比べるとすごく大きくて、まるで戦艦のよう。 ほんと巨大なカツオ漁船です 音符

聞けば、今航海は毎日の漁が順調で、なんとか満船する事が出来たけど、ここにきて沖合の漁模様が不安定になってきて、そろそろ南方海域へのシフトも考えるタイミングになってきたとの事 タイ

なんとかもう一航海、この海域で操業したいと話していました。 船主さんとは先日いっしょにベトナムへの視察研修に行った仲。 18亀洋丸さんの満船帰港ほんとうにおめでとうございます 花丸

この冷凍カツオが、周年を通じて日本全国に流通されていくんです。 生鮮かつおのオフシーズンの重要なさしみ商材なので、これからも益々活躍されることをお祈りします。 次の航海も安航で大漁でありますように。 そしてまた母港・気仙沼で水揚げしてくれることを期待しています face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:56

2016年09月25日

お客さまと夜アンカーへ


第一勝栄丸の水揚げでの清水への出張から気仙沼に戻ると、遠方からのお客さまがお越しになって、会社の応接室でいろいろと情報交換。 朝水揚げしたばかりのサンマのお土産まで頂きました icon27

このところ気仙沼魚市場にも連日たくさんのサンマが水揚げされるようになって、これまではロシア水域での漁獲が中心だったものが、その魚群も徐々に南下してきて、日本海域に移ってきた模様 船

気仙沼や大船渡、女川に宮古など、三陸の主要港に分散しての入港です。 サンマの漁場が南下してくるとともに、ちょっとづつサンマのサイズも変化してきて、中型サイズが中心となってきました タイ

先日までの高値圏からはかなり価格が軟化してきたけれど、各船ともにまとまった漁獲があるので、今の価格水準が続いてくれると漁船側としても大きな水揚げ金額が期待できるのかなと思いますね 金貨

そんな話しのあとで、場所をアンカーコーヒー・マザーポート店に移して役員と一緒の懇親会。 炭火焼ステーキ、メカジキのフリット、かつおのタタキ、サラダにフレンチフライ、チーズの盛り合わせなどをつまみに乾杯です。 まずはビールで、そしてワインまで。 美味しい料理とお酒に会話も盛上がります 食事

週末の木・金・土曜日だけ夜営業しているマザーポート店ですが、素敵な雰囲気と美味しい料理を目当てに、友達や職場仲間での食事会の予約も多いみたい。 お客さまとのすごく楽しい時間でした 花丸

9月ももうすぐ終わって、だんだんと秋そして冬に向かっていきますね。 マグロ業界にとってもこれからが勝負時。 各海域での勝栄丸の運航と国内でのマグロ販売など、慎重に対応していきたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:33

2016年09月24日

かね田食堂のマグロパスタ


大西洋で操業する勝倉漁業の第一勝栄丸が漁獲したメバチマグロなどを超低温冷凍運搬船に転載し、国内主要水揚げ基地の清水港に到着。 値決めと水揚げとなった日のお昼ご飯 食事

ふだんはゲン担ぎのためもあって、まぐろ丼や海鮮ランチを食べることが多いけれど、取引先の担当者の誘いで「かね田食堂」に行く事になりました。 食堂と言っても私たちの感覚では居酒屋って思い込んでいたお店なので、20年以上清水に通っていて、かね田食堂にお昼ご飯を食べに行くのは初めて 音符

なにかランチメニューがあるのかなと席に着くと、昼メニューっていうものはなくて、いつも見慣れている夜の居酒屋メニューの中から選ぶんだとか。 それではと、夜にはなかなか注文しない「マグロのラグーソースパスタ」を注文する事に。 そういえば、若い店主はイタリアン経験のシェフだって聞いてたっけ camera


皆さんは、かね田食堂一押しの三陸沖のトロガツオやトロビンチョウの定食などを注文してました。 かね田食堂さんのトロガツオやトロビンチョウは、船凍一本釣り大型漁船の漁獲物から厳選したもの一年を通じて仕入れていて、いつ行っても最高の味を楽しめるから人気なのもわかりますよね 花丸

皆さんの料理から遅れる事約5分。 私が注文したマグロのラグーソースパスタが出てきました。 マグロをトマトソースで煮込んだパスタ。 パスタもゆでたてのアルデンテの熱々で、期待通りすごく美味しいパスタでした。 個人的にはちょっと辛味・タバスコなどもあればさらにいけると思います 親指

マグロの水揚げの前にマグロを食す。。。 いつものルーティンかな icon12
マグロ業界に携わる一人一人があらゆる機会で率先してマグロを食べれば、もっともっとマグロの流通が活性化するんだと思いますね。 そして常日頃言っていることだけど、このパスタのように和食以外のいろんなシーンで、もっともっと皆さんにも美味しいマグロを食べてもらいたいです 船

マグロの水揚げ基地・清水港「かね田食堂」さんで頂いたマグロのラグーソースパスタ。 機会があれば皆さんも是非ご賞味ください。 すごく美味しいお昼ごはんでした。 ごちそうさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 06:18

2016年09月23日

台風直後のマグロ水揚げ


台風16号が西日本から東海地方に近づいているタイミングで、勝倉漁業の第1勝栄丸が中部大西洋漁場で漁獲したメバチマグロなどの値段交渉と水揚げの日を迎えました 音符

夕方になるにしたがって雨風ともに強まってきて、まさに台風直撃の様相。 傘をさしても意味がないくらいに大荒れの天気となった値決めの日でした。 値段のほうは上げ相場の状況もあって、大荒れの交渉とはならずに、比較的すんなり高値で決めることができて。 ほんとタイミングが良かったと思います 花丸

そうこうしているうちに、興津埠頭の運搬船は駿河湾に避難。 翌日の水揚げができないんじゃないかと心配したけれど、取引先のご協力によってなんとか水揚げ開始にこぎつけることができて 船

午後の遅い時間からの開始となりましたが、いったん水揚げを開始してしまえば相当な事がない限り中断はないので一安心。 冷凍運搬船「CHIKUMA」の漁艙から次々とマグロがつり上げられてきます camera

水揚げが終わるころには辺りはちょっと薄暗くなってきましたが、無事にすべてのマグロの選別・計量を終えることができました。 水揚げ延期となれば大幅に予定が狂っちゃって大変ですからね 親指

台風直後におこなわれた第1勝栄丸のマグロ水揚げ。 関係者の皆さまお世話さまでした。 また次回も勝栄丸のマグロの取引をどうぞ宜しくお願い致します。 すごくいいメバチマグロでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:19

2016年09月22日

超低温冷蔵庫での水揚げ視察


またまた清水港にやってきました。 勝倉漁業の第1勝栄丸が中部大西洋で漁獲したメバチマグロなどを冷凍マグロ運搬船に転載。 今週、第1勝栄丸の水揚げの順番がまわってきて 音符

その前に・・・ ちょうど東洋冷蔵さんの超低温冷蔵庫に昭福丸さんのメバチマグロを入庫していたので見学させてもらう事に。 第1昭福丸さんも北大西洋を中心にマグロ漁をおこなっている気仙沼の船 camera

先日気仙沼で船頭さんにもお会いしてご挨拶したばかり。 大西洋の漁場では勝栄丸各船がいつもお世話になって本当に有難うございます。 次の航海でもどうぞ宜しくお願いしたいと思います 船


ちょうど帰国中の船頭さんも社長さん方と一緒に水揚げに立ち会っておられました。 今回はコンテナでの搬入なので、とうぜん冷蔵庫内での水揚げ作業。 マグロをパレットに入れる音が響き渡ります icon12

勝栄丸と同じ海域での漁獲物。 メバチマグロの取引相場もここにきて急上昇してきたタイミングでの値段交渉なので、この時期に搬入してすごくよかったなあと思いますね。 脂ののったいいマグロです。 これから秋・冬にかけて、どんな相場展開になっていくのか、ものすごく楽しみになってきました クラッカー

コンテナ1本に約24トン。 コンテナ2本分の入庫と計量を約1時間半ほどで終了。 昭福丸の皆さんはこれから同日午後におこなわれる運搬船での水揚げに立ち会うのだそう。 お疲れさまです icon14

勝栄丸とおなじ大西洋漁場でマグロ操業を行っている第1昭福丸さん。 まもなく始まる新たな航海でも、安航で大漁でありますようにお祈りいたします。 今後ともどうぞ宜しくお願い致します face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:25

2016年09月21日

大荒れの情報管理システム説明会


現在、遠洋まぐろ延縄漁業でおこなっている各船からの漁獲報告を電子化する取り組みが水産庁で進められていて、その情報管理システムの説明会が日かつ漁協の会議室でおこなわれました タイ

全ての漁業者・遠洋まぐろ漁船が対象となるだけに、会場には全国からたくさんの関係漁業者が集まって、用意された席はほぼいっぱいに。 新しいシステムへの関心の高さがうかがえます camera

これまでの漁獲成績報告書は、漁業者による所定様式への入力あるいは手書きにより水産庁へ提出され、そのご国際水研によってデータ入力されるという行程になっていました。 この行程を迅速化するために、漁船や漁業者が入力した電子データをインターネット経由で直接提出できるようにするもの icon12

いま洋上の現場では運搬船などに乗船する国際機関のオブザーバーのチェックが厳しくなっていて、漁船側でもこれまでにも増しての透明性が求められているのも事実。 それに対応してのシステム変更への動きだけれど、ちょっと待ってよっていう内容だったので、出席の皆さんからシステムの方向性や運用に関しての意見が続出。 予想されたことだけど、大荒れの説明会になってしまいました ムカ

各まぐろ船が水産庁の求めに応じて真摯に対応してきた漁獲報告。 今回提案のあったシステムは、確かに国際水研や水産庁の作業負担を大幅に軽減させデータ集計が迅速化する一方、漁船や漁業者の作業負担を大幅に増加させるだけではなく、陸上の通信環境とは大きく違う船舶での衛星通信環境をよく理解していないのではないかと首をかしげてしまうものでした 汗

水産庁が大きな予算をこのシステムに投下して、みずほ情報総研と一緒に開発してきたのはわかるけど、もっと利用者にも配慮した方向性でシステム開発をしてほしかったなあと思いますね。 確か以前、この電子ログブックを開発するにあたり私たちの意見を伺いたいとして、東京で意見交換会を行いましたね マイク

その時には、今回皆さんから出た多くの意見と同様の方向性を示したはずなのに、新しいシステムにまったく反映されていなかったのは残念。 このシステムを11月からの開始っていうのはどう考えても無理だと思います。 ICCAT年次会合での説明・アリバイづくりっていう意味合いもあったのかな 船

これからでも遅くないので、漁船側や漁業会社の作業負担軽減、陸船間の情報共有、オブザーバーへの対応、衛星通信事情やコスト抑制などを考慮し、システムを全面的に見直してほしいですね。 次回は、もっとシンプルで軽いシステムの提案を期待しています face06
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:55

2016年09月20日

トマトと豚のまぜそば


以前、勝倉漁業の仮事務所があった気仙沼の田中前地区にある人気のお店「まるき」さん。 こだわりの美味しいラーメンをいつも提供してくれています。 出張が続いていたからしばらくごぶさたしていましたが、久しぶりにお昼ごはんを食べに行ってきました 音符

店内は相変わらずたくさんのお客さん。 いまではもう行列のできるラーメン屋さんとして、気仙沼市民だけじゃなく観光客の皆さんにも認知されて、今回も20分ほど待って席にご案内です 食事

人気の煮干しそば、つけ麺や辛シビつけ麺など、きょうは何にしようかなと店内を見渡すと、期間限定メニューの「トマトと豚のまぜそば」なるものが登場していたから、迷わず注文する事に noodle

「トマトと豚のまぜそば」って温かいの冷たいのって、お店のおばさんに確認。 汁のないトマトの赤が印象的な一杯でした。 温かい太麺の上にトマトソースと豚ひき肉と炙り豚そして中央には卵黄が。 トッピングの玉ねぎのピクルスがすごくいいアクセントになってますね 親指

適当にまぜながら頂くと、食べる場所によって味わいが変化して、まるで極上のトマトパスタのよう。 ラーメンっていうよりもイタリアンですね、これは。 すごく美味しいパスタ料理だと思います 花丸

メニューには最後にご飯を入れてトマトリゾットとしても美味しいですと書いてあったけど、気が付けば丼の底が見えるほどに一気にぜんぶ食べちゃって、リゾットにまでたどり着けませんでした camera

期間限定の「トマトと豚のまぜそば」。 まるきさんの工夫を凝らした一杯をぜひ試しあれ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:16

2016年09月19日

夜明け前のカツオ水揚げ


9月も後半となり、先日までの猛暑も過ぎ去って、特に朝晩などはものすごく涼しくなって、だんだんと季節が移り変わってきましたね。 空気感や装いもすでに秋の感じです もみじ

夏場には、朝4時過ぎにはもうすでに明るくて、昇る太陽がまぶしいくらいだったけれど、最近では魚市場に到着する時間はまだ薄暗くって、街灯の無い未整備のエリアを通って車を走らせる時には特に慎重になってしまいますね。 魚市場に到着すると照明を煌々とともしたカツオ船がスタンバイしてました 花丸

今年は8月以降台風が多くって、毎週のように気仙沼や三陸沖を通過。 操業するカツオ船やサンマ船なども、気象情報には細心の注意を払いながらの動き方。 当然水揚げも不安定に 船

日本に近づている台風16号の進路が気になります。 今週は清水港での運搬船による第1勝栄丸の水揚げも予定されているので、台風の影響なく予定通りに作業がおこなえるといいですね 親指

戻りガツオやサンマなど、気仙沼の秋の味覚の水揚げが盛漁期を迎えた9月後半戦。 この調子で10月11月まで順調な水揚げが続いてくれることを願うばかり。 各船の皆さん頑張って下さい タイ

周囲はまだ真っ暗な中でカツオの水揚げ。 こうして見るとすごく素敵な光景だと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:57

2016年09月18日

第8大功丸が母港水揚げ


9月になって生鮮カツオやサンマの水揚げも本格化してきた気仙沼港です。 カツオの漁場もだいぶ北寄りになってきて、脂ののったいわゆる「戻りガツオ」になってきましたね。 すごく美味しいカツオです 花丸

そしてようやく漁が出始めて、気仙沼や大船渡などへの水揚げが連日のように行われるようになった旬のさんま。 価格はまだ高めで推移しているから、漁船側にとってはいまがチャンスですよね icon14

サンマの漁獲海域は北海道沖のロシア水域。 気仙沼まではだいぶ距離があるので、わざわざ気仙沼港まで航行してきてくれるサンマ船に感謝。 これから徐々にサンマの群れも南下してくることでしょう 船


カツオ船やサンマ船で連日にぎわいを見せる気仙沼港に、遠洋マグロ漁船・第8大功丸さんが入港。 黄肌やビンチョウなど約220トンの水揚げを行いました。 今年は3月以来2度目の母港水揚げです クラッカー

遠洋まぐろ延縄漁船の水揚げ基地は、清水・焼津・三崎がほとんど。 その中で2年半前に竣工以来、気仙沼への母港水揚げにチャレンジしている大功丸さん。 気仙沼の復興に寄与する取り組みです icon12

もう一つの大きな柱の燃油消費量の削減の進捗状況もすごく気になるところですね。 あと残る半年間の航海で、ぜひ素晴らしい成果を上げていただきたいなあと思います。 乗組員の皆さんご苦労様でした タイ

日かつ協同、三崎・焼津の関係者の方々も立ち会っての水揚げ。 心配された天候もなんとかもって、一日ですべてのマグロの水揚げを終了した模様。 今航海初乗船した新人船員くんの成長も楽しみなところ。 次の航海も安全で大漁でありますように。 気仙沼での母港水揚げ、お疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:56

2016年09月17日

世界遺産の街「ホイアン」


ベトナム視察の最終日は世界遺産の街・ホイアン。 国際空港のあるダナンから車で約1時間ほどのこの街は、ランタンで彩られた街並みが有名な街。 世界中から観光客が集まってきます 花丸

16世紀以降、日本との国交もできたことから大規模な日本人街も形成され、その当時つくられた日本橋も街の中心地に健在。 東南アジアのごちゃごちゃした雰囲気と落ち着いた寺院など。 ホイアン独特の空気感に満ちているなあって感じます。 欧米人にまじって日本人観光客もたくさん見受けられました 音符

世界遺産のエリアは車の乗り入れが禁止。 エリア外に車を置いて徒歩で散策です。 それでもあまり大きな区域じゃないから、徒歩で散策するのにちょうどいい。 ふと見ると大きなマーケットがあったから入ってみることに。 ホイアンの人たちの台所っていう感じの場所。 たくさんの屋台が店を連ねていました 食事


こういうマーケットはインドネシアなどにもあるけれど、外食の多いベトナム人向けにリーズナブルに食べる事の出来るお店がたくさん。 仲間の一人はベトナム風のオムレツで空腹をみたいしてました icon12

だんだんと日が暮れて、ポツポツとランタンが灯り始めるとホイアン独特の素敵なムードに。 川のほとりにあるレストランで最後の晩餐。 対岸に灯るランタンの明かりを見ながらのベトナム料理は最高の美味しさでした。 こういう雰囲気を味わいに世界中から観光客がやってくるんですね チョキ

ベトナム料理を味わいながらビールとワインでほろ酔い気分。 ホテルへの帰り道、カメラを片手に散策しながら写真撮影。 時間を忘れるひと時です。 三脚を持って来ればよかったなあ camera

今回のベトナム中部への視察では、現地関係者の皆さまにお世話になり、ほんとうに有難うございました。 この場をおかりして御礼申し上げます。 これから帰ってレポートをまとめるけれど、現地で見て感じたたくさんの経験全てを文章にすることはできないから、参加した人だけの財産ですかね ブック

一緒にベトナム視察に行った参加者の皆さん、お疲れさまでした。 これからも宜しくですよ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:50