宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年05月26日

2週間ぶりの生鮮かつお水揚げ


5月も下旬となって、だんだんとカツオを迎える機運も盛り上がってきた気仙沼港で、今年の生鮮かつお初水揚げとなった前回から約2週間があきましたが、今季二回目の水揚げが行われました クラッカー

水揚げを行ったのは、巻き網運搬船の第22寿和丸さん。 午前10時に気仙沼港に到着する本船を、首を長くして待っていた市場関係者が出迎え、着岸早々にさっそく水揚げ開始のスタンバイ 船

漁艙から次々に水揚げされる新鮮なカツオ。 前回水揚げされたものよりもちょっと小ぶりな印象もあったけど、約7割ほどが2㎏前後の中小サイズ。 いまの時期にしちゃあまずまずの大きさかな 親指

ベルトコンベアーで流れてくるカツオを、市場職員や派遣社員の皆さんが選別計量をおこなって、サイズごとに氷水をはったブルータンクに投入。 すごく衛生的で鮮度保持もバツグンです キラキラ

2.5㎏を超す中型サイズは全体で1.5tくらい。 3㎏UPは100㎏ほどしかなくって、大きなサイズは価格が驚くほどの高値に。 全体では550円/㎏の平均単価だった模様。 今回は32トンほどの数量だったので、1800万円を超える水揚げ金額になったとの報告が。 すごくいい結果だったと思います 金貨

いま現在は生鮮かつお漁船の水揚げは千葉県勝浦港が主体。 一本釣り漁船はびんちょう漁、そして巻き網漁船はかつお狙いと順調な操業を続けていて、まだ気仙沼にくる感じじゃないけれど、一本釣り向けの活きイワシの確保もだんだんと進んでくると思うので、もうしばらく首を長くしておきましょう icon14

これからの時期は特にカツオの水揚げが気仙沼の活気を生んでくれますよね。 徐々に北上してくるカツオ漁船団が気仙沼港に集中入港してくれるのを待ちながら、各船の安全航海を祈りたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:38

2017年05月25日

「ハマーレ歌津」に立ち寄って


123勝栄丸のまぐろ丼を食べに、南三陸みなさん館を訪れた帰り道。 ちょっと寄り道して観光していこうという事になって、先日オープンしたばかりの「ハマーレ歌津」に立ち寄ってみました 音符

今年3月初めに志津川にオープンした「南三陸さんさん商店街」と同じ設計。 すごく簡易な、新しい仮設商店街のような雰囲気をあえて狙って作っているんだとか。 コストを抑えた新しい施設。 これはこれでアリかと思いますね。 天気もよかったから、大勢の観光客で賑わっていました クラッカー

地元住民も対象にした歌津地区の拠点となる商店街。 地元の食材、ウニやタコ、ホヤやワカメなど。 お店の方曰く、ウニやアワビを食べて育った南三陸のタコは特に美味しいと絶賛していました icon12




東日本大震災で甚大な被害を受けたこの地域。 津波で流されて一年半後に西表島に漂着した郵便ポストも展示されていて。 その説明書きを読みながら、当時の記憶が思い起こされるようでした camera

海鮮料理を中心とした飲食店はお客さんでいっぱい。 となりの酒屋さんで地酒を購入して。 そのとなりのおしゃれなお菓子屋さんに入ってみると、中は飲食ブースと海産物販売の複合店というスタイル。 ケーキと海産物が一緒のお店っていうのは、いろいろ見てきたけどかなり珍しいですね 若葉

バウムクーヘンをお味見して購入。 なにげなく立ち寄ったハマーレ歌津だけれど、ちょっとした観光気分も味わえていい息抜きになったような気がします。 潮風が感じられるロケーションもいい 親指

いま徐々に延伸している三陸自動車道がまもなくここ歌津地区にも到達しますね。 そして気仙沼へと延びていきます。 地元の美味しいものを特色ある提案の仕方で、これからも賑わってくれることを願います。 また近くに来た時には立ち寄ってみましょうか。 とってもフレンドリーな商店街でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:16

2017年05月24日

南三陸みなさん館で「勝栄丸のまぐろ丼」


先日、南インド洋の漁場にて初縄操業を開始した勝倉漁業の第123勝栄丸。 漁場からの連絡では大荒れの天気が続いて大時化模様だとか。 このところ晴天に恵まれている気仙沼とはえらい違い 汗

先航海、3月に気仙沼に帰港した際に本船が母港水揚げしたメバチマグロを市内の協力工場で加工して。 市内の飲食店を中心に地道な販売活動をおこなってきて、徐々に広がりを見せつつあります ハッピ

南三陸町の歌津地区にある地場産品の販売所「南三陸みなさん館」。 先日も勝栄丸ブログでご紹介したお店だけれども、ここのレストランで123勝栄丸のマグロを使った海鮮丼が提供されると聞いて、会社のスタッフとともにでかけてきました。 まぐろ祭ののぼりが目印なのですぐにわかりました 花丸


お店を運営する館長さんにご挨拶と思ったんだけど、タイミングが悪くちょうど不在で、お店の方に来意を伝えて名刺を渡して。 とても感じよく対応していただいて有難うございます。 大型連休にも勝栄丸のマグロ丼を提供して、9割がたのお客さんがマグロ丼を注文されたのだとか。 すごいですね クラッカー

今回みなさん館訪問の目的はその123勝栄丸のまぐろ丼を食すこと。 いつも食べているマグロ丼と比べてどうなのかって、すごく興味津々で待ちます。 近所のおばさんたちが試行錯誤しながらいろんなメニューを考えているそうで、マグロ丼の付け合わせのタケノコの煮物もすごくいい味でした 親指

勝栄丸のマグロ、そしてメカジキ、メバチマグロ100%のネギトロ。 酢飯じゃなくってご飯の上にお刺身が盛り付けてあるスタイルのまぐろ丼って初めて食べたけど、これはこれでいいんじゃないかなあ camera

特に赤身の美味しさが十分に伝わってくる感じがして、すごく美味しいマグロ丼でした。 これからも勝栄丸のマグロをどうぞ宜しくお願いします。 ぜひ一度、南三陸みなさん館にお立ち寄りください face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:08

2017年05月23日

気仙沼「福よし」さんにて


大西洋で操業する勝栄丸船団の漁場切上げ・航海終了も近づいてきて、漁業基地のスペイン・ラスパルマス港でおこなわれるさまざまな作業や入港手配などが慌ただしくなってきました 花丸

ひと世代前のインマルサット衛星を使ったデータ通信が来年から各海域で順次サービス停止となるとの情報を受け、新機器への移行そしてバックアップ通信の確保など、係船中の工事も予定されています 船

そして今現在の操業で漁獲したマグロ類を超低温コンテナで日本まで輸送する手配。 東京からお客様をお迎えして、いろいろな情報交換と共に、今航海最後を締めくくる段取りの確認などをおこなって タイ



事務所での打合せを終え、魚町の「福よし」さんへお連れしての食事会でした。 福吉さんは先日もTBSの番組「人生最高のレストラン」でも紹介されたお店。 世界一の焼き魚が食べられるお店なんです 食事

今が旬のカツオやホヤ、地魚などが豪華に盛り付けられたお刺身の盛り合わせを注文して乾杯。 イカのふみそ焼き、春牡蠣の串焼きにキチジの炭火焼など。 福吉さんの美味しいお料理がテーブルに並び、気仙沼が初めてだっていうお客さんも満足そう。 喜んで頂けたんじゃないかなあと思います 親指

囲炉裏でじっくりと時間をかけて焼き上げられる焼き魚はここでしか食べる事のできない一品。 外はパリッと、中はふっくらと、脂ののったキチジが最高に美味い。 そして特製スープに食べをえたキチジのアラを頭ごと投入。 焼いたキチジの香ばしい脂がスープに溶け込んで、〆には最高ですね camera

ホヤのオブジェがすごく印象的な福吉さんの店内。 囲炉裏で炭が焼けてはじけるパチパチッという音を聞きながら、美味しいお魚と地酒を堪能し、ゆっくりとお話をすることが出来て良かったです beer

カツオ船が入港するとその船員さんでも賑わう「福よし」さん。 また近いうちおじゃましたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:46

2017年05月22日

第18昭福丸がインド洋へ出航!


暑いほどの気温となって、朝から晴天に恵まれた気仙沼港です。 インド洋への出漁船の最後を飾るように、気仙沼の第18昭福丸さんが出港となって、出船送りに行ってきました クラッカー

2014年の4月に竣工し、5月初めに処女航海へと船出した本船。 もうあれから早くも丸三年が経過して、今回の出漁で4年目の航海を迎えますね。 それでもまだ新造船同様のピカピカの船体です 花丸

出港時間前に本船に到着すると、すでに船首と船尾には社旗と大漁旗が掲揚されていて、晴天の青い空に映えわたっていました。 風もなくって、まさに出港日和での船出になりましたね 船


作業甲板上に関係者集合のアナウンス。 社長さんから乗組員への激励の挨拶、そして関係者への御礼の言葉。 安全な航海と大漁を祈念しての乾杯の儀式。 乗組員の気持ちが一つになる瞬間です icon12

出港式を終えて関係者が下船すると、船頭さんからのマイクを使った御礼の挨拶。 本船はインドネシアバリ島で最終補給やインドネシア船員の乗船をおこなったのちさらに南下して、6月10日頃からの操業開始を見込んでいるとの事。 くれぐれも事故や怪我なく、漁場に向け航行していただきたいですね icon14

新造船から4年目の航海を迎えた第18昭福丸さん。 昭福丸船団を束ねる大船頭さんには勝栄丸各船が今航海もお世話になります。 どうぞ宜しくお願い致します。 本船の航海が安全で事故なく、そして大漁に恵まれますように。 汽笛を鳴らしながら出港する本船を見送りました ハッピ

そろそろ南インド洋も盛漁期の漁模様になっていくはず。 期待しながら推移を見守っていきましょう face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:15

2017年05月21日

MSC認証制度の勉強会


ここ連日のようにものすごくいい天気が続いている気仙沼です。 日中などは半袖でもいいかなっていうような気温になって、5月のこの時期は一年でいちばん爽やかな気候かもしれませんね 四葉

気仙沼の遠洋かつお・まぐろ漁船で組織する北かつ組合も、震災前の港町からいまの田中前の仮事務所に移転して早くも6年がたちました。 新しく建設している魚市場が完成した暁には、その事務所棟に引越しする予定なので、かなり手狭な事務所だけれどもう少しのあいだは我慢ですかね icon12

その北かつ組合の会議室でMSC認証制度の勉強会が開催され、組合員の漁業者と共に参加してきました。 MSCについてなにも予備知識がなかったので、まっさらな頭で説明を聞くことに 若葉

厳格な環境規格に適合した漁業で獲られた水産物にのみ認められる証「MSCラベル」。 MSCは1997年に設立された国際的な非営利団体で、ロンドンに本部を置き、日本事務所も2007年に開設されたんだとか。 この組織を立ち上げた経緯はちょっと引っかかるところだけれど、考え方自体はいい方向かな ブック

まだ日本ではそれほど普及していないながらも、大手量販店やホテルチェーンなんかも徐々にMSC製品の取り扱いを増やしてきているみたい。 かつお・まぐろ漁業の中では遠洋かつお漁船が数隻、MSC認証を取得したとの報告があって。 どうすべきかと考えながら説明をお聞きました 船

現状の遠洋かつお・まぐろ漁業においては、資源管理に関するコストがすでに過大なものになっていて、このMSC認証に要する費用面の説明を聞くと、ちょっと二の足を踏んでしまいますね。 こうした認証システムの導入によって、投下コストを上回るようなメリットがないとねえ。 なんでもかんでも漁業者が負担する事になってしまうような制度設計を理解するのにはもう少し情報と時間が必要だと思います いかり

すべての資源管理と持続的な漁業のためのコストは、漁業者だけが負担するのではなく、漁獲から加工・流通・消費まですべての当事者の理解と共に製品価格に転嫁されるようなシステムが望ましく、そうした考え方の理解があってはじめて、こうした認証システムの普及が進んでいくのではないでしょうか マイク

初めて聞いたMSC認証制度のお話し。 とても勉強になったと同時に、自分たちが行っている漁業をあらためて振り返って考える時間でもありました。 参加された皆さん、長時間お疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:59

2017年05月20日

123勝栄丸が初縄操業開始


ここ連日爽やかな天候に恵まれている気仙沼です。 先日もお知らせしましたが、近海かつお一本釣り漁船の操業がこれまでのかつお狙いからびんちょう漁へと本格的に移ってきましたね 音符

千葉県勝浦港には毎日たくさん水揚げされていて、各船ともに水揚げ金額をのばしているとの情報。 昨年は不漁年だっただけに、今年のびんちょう漁に各船ともに気合が入っている事でしょう 親指

そして巻き網船はといえば、いま資源悪化が問題となっているクロマグロ狙いに。 100㎏近い大型サイズとはいえ、100トンレベルの漁獲があったりして。 塩釜を中心に水揚げが行われています 新聞

一方、インド洋漁場へと出漁した123勝栄丸は、バリ島ベノア港での補給のあと南下。 漁場に到着して先日操業を開始したとの連絡があって。 初縄操業、乗組員の皆さん本当にご苦労様です 船

豪州西岸フリーマントル沖の漁場は、今の季節は秋から冬に向かう寒さ厳しくなってくる海域。 そこで獲れるメバチマグロやびんちょう、ミナミマグロを狙っての操業となりますね。 すでに先月から操業をおこなっている88勝栄丸や僚船と共に協力して、好漁を目指して頑張ってほしいと思います icon14

この航海にはまた新たに新人船員君も乗船し、ひさびさの地元からの乗船とあって、会社だけではなく関係者も注目しています。 初縄操業で本格的にまぐろ漁師としての仕事が始まったわけなので、自己管理をしっかりして一日も早く戦力となって活躍できるよう頑張ってほしいと思います 花丸

123勝栄丸による今航海のマグロ漁が始まりました。 関係者の皆さまには、引き続き本船の運航サポートのほど、どうぞ宜しくお願い致します。 船頭さんをはじめ乗組員の皆さんには、今航海もいい成績を残してくれることでしょう。 本船の安全な操業・航海、そして大漁を会社一同お祈りしています face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:43

2017年05月19日

気仙沼「喫茶マンボ」にて


災害復旧工事が徐々に進んできた気仙沼の内湾地区。 災害公営住宅が完成し入居が開始され、少しづつ人の往来も多くなってきたように思えますね。 あと一年くらいするとだいぶ違うんでしょう 音符

最近では気仙沼の老舗お寿司屋さん「あさひ鮨」さんが再建してめでたくオープン。 そして料亭・割烹の「世界」さんが、仮設での営業から立派な店舗に移っての営業再開。 本当におめでとうございます 花丸

先日営業を終えた仮設商店街・紫市場が立派な施設となって完成。 内装工事などはこれからみたいだけれども、近いうちに引渡しされて営業開始になるんでしょう。 だんだんと賑わいが戻ってきました クラッカー


その内湾地区の南町に他に先んじていち早く自前の店舗で営業開始した「喫茶マンボ」さんに、近くでの仕事のついでに立ち寄ってのランチでした。 お昼には少し早い時間帯でしたが、次々と車でお客さんが来店。 見る見る間に駐車場がうまっていました。 人気店なんですよね camera

きょうのランチは何にしようかと悩んだ末、昔懐かしい味のマンボのラーメンと炒飯セットに。 店内は昭和の雰囲気っていうのか、カラフルなステンドグラスが独特の雰囲気を醸し出してすごくきれい 親指

久しぶりに食べたマンボのラーメン。 気仙沼では学生時代に食べた懐かしい味って感じで親しまれてきたSoulfoodみたいなものかな。 食後のコーヒーも頂いてごちそうさまでした 食事

せっかく南町に来たんだからと、付近を散策して帰る事にしましょうか。 次々と新しいお店が登場する内湾地区・南町が、これから益々人が集い賑わう地区になっていく事を心から願っています face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:55

2017年05月18日

第8昭福丸がインド洋へ出航!


先日までの涼しさがどこかに行って、気仙沼も暑いくらいの天候になってきました。 移動の車内など日中はついつい冷房を入れちゃいます。 窓を開けるとまだ土ぼこりが多いですからね 晴れ

インド洋での操業も盛漁期に向かいつつある中、気仙沼のコの字岸壁から臼福本店所有の第8昭福丸さんがマグロ漁へ出港になるとのことで、出港祝いの品をもって出船送りに行ってきました クラッカー

本船の船頭さんには、勝栄丸各船がいつもお世話になっていてほんとうに有難うございます。 船に到着してすぐに社長さんや船頭さんにご挨拶。 今航海もどうぞ宜しくお願い致します 船



出港日和のものすごくいい天気。 暖かくて風もなくって、船首と船尾に掲揚された社旗と大漁旗の鮮やかな色が青い空に映えてとてもきれい。 出港時間に合わせぞくぞくと見送り人が集まってきました ハッピ

今回初乗船することになった新人船員君を紹介して頂いて。 兵庫県出身だという新人君には、遠洋まぐろ漁船の幹部船員として成長できるよう頑張ってもらいたいですね。 気をつけていってらっしゃい 若葉

出港時間が間近にせまり、作業甲板上に乗組員や関係者が集まっての出港式の乾杯。 社長さんからの激励の挨拶、沖での注意事項など。 航海安全と大漁を祈念して高々と杯を掲げました 花丸

もうすでに恒例となった気仙沼つばき会の皆さんによる出船送り。 今回の出港では地元テレビ局の取材も入っていて、つばき会の活動などをテレビカメラで撮影しながらの出港でした。 いい映像が撮れたでしょうか。 そのうちテレビで放映されると思うので、放映予定など分かれば教えてほしいですね 音符

第8昭福丸さんの出港おめでとうございます。 本船の安航と大漁をお祈り申し上げます face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:04

2017年05月17日

123佐賀明神丸が記録的大漁!


5月も半ばとなって、気仙沼のかつおシーズンもすぐそこまで近づいてきたように思いますが、大型連休明けに八戸の惣宝丸さんが今季初水揚げを行ってから10日ほど経ち、その後の入港・水揚げがないままに日にちだけが過ぎ、徐々に期待値だけが大きくなってきている感じです タイ

現在、千葉県勝浦港を中心に水揚げしているカツオ漁船団。 ここにきて巻き網船によるカツオの漁獲がまとまって、昨日などは5隻で160トンの水揚げ量。 それでも小型サイズが多く、3㎏・4kgを超える大きなカツオになると、ものすごい高値になったみたいで、今年のカツオ商戦が全く読めません icon14

これからの時期、巻き網でのカツオ漁が本格化する一方で、一本釣り漁船はびんちょう漁に移行。 その先陣を切った形で、123佐賀明神丸がまとまった漁のびんちょうを水揚げしたとの情報です クラッカー


数日間かけて漁獲したとはいえ、今回水揚げしたびんちょう97トンは近年にない記録的な数量。 土佐の風雲児とも称される船頭さん率いる123佐賀明神丸の精鋭乗組員の皆さん。 大漁おめでとうございました! 値段にも恵まれて、水揚げ金額を一気に伸ばしたことでしょう 花丸

123佐賀明神丸の今回のびんちょうの大量水揚げで、かつお漁からびんちょう漁へと本格的に移っていくんでしょうかね。 そうなると気仙沼港への入港も益々期待できるかな。 準備万端整えて待つことにしましょう。 各船の漁場選定や動向が気になるところですね。 毎日の入港船をチェックです pc1

一本釣り漁船が漁獲するびんちょうは加工向けの商材なので、多少数量がまとまったとしても単価的には安定している魚種。 そのため毎年この時期になると各船ともに狙っているんです 船

漁場形成のポイントにもよるけれど、気仙沼港への水揚げでいい結果が出ると一気に入港に弾みがつくのも確か。 だんだん盛り上がってきた雰囲気だけではなく、実際の入港も早まればいいなと思いますね。 かつお一本釣り漁船の皆さん、くれぐれも事故や怪我なく、安全操業されますことを祈ります face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:49