宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年01月18日

123勝栄丸のミナミマグロ水揚げ


昨年8月からインド洋の漁場にてマグロ漁を行ってきた勝倉漁業の第123勝栄丸が、日本国内での主要水揚げ港の静岡県清水港に帰港して、今航海に漁獲したマグロ類の水揚げが行われました クラッカー

令和2年に入って最初のマグロの取り引きとなる今回の水揚げ。 東京豊洲市場の荷受会社・第一水産、そして清水港の東洋冷蔵さんには、今年も引き続きお世話になりますがよろしくお願い致します タイ

清水港の荷役作業スケジュールなどの関係で、入港の翌日それも昼からの水揚げとなった本船。 午前中の水揚げ前に、荷捌き代が設置された指定場所に本船をロープシフトし、マグロを吊り上げるためのクレーン車が到着し、たくさんの保冷トラックもスタンバイ完了でお昼から水揚げが開始となりました 音符

南インド洋の豪州西岸沖で漁獲した旬のミナミマグロも船内保持しているので、水産庁の清水駐在官も2名ほど水揚げに立ち会って、報告通りの本数や数量となっているか、一本一本チェックです 親指

船内荷役は毎回お世話になっている焼津港湾さん。 熟練の作業員によって吊り上げられるマグロツリーはいつみても見事としか言いようがなく、1時間に約50トンのペースで水揚げが進みました icon12

魚種やサイズ分けに間違いがないか、しっかりと計量がなされているか、水揚げ現場で立ちっぱなしでの確認作業。 今シーズンのミナミマグロは特に脂乗りが均一で申し分なく、かなり品質の良いマグロの割合も多くって、とても素晴らしいミナミマグロでした。 皆さんにもぜひご賞味頂きたいですね ハッピ

今回の123勝栄丸の水揚げは二日間にわたり行われることになっていて、まだ半分程度が終わったところ。 あと半分の水揚げも防寒対策をしっかりとして気を抜かずに臨んでいきたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:09

2020年01月17日

清水港でのクルーパーティー


昨年7月に気仙沼を出港し、新船から7度目となる航海へと船出した123勝栄丸は、今航海前半戦の操業を終えて予定通りに清水港に戻ってきました。 乗組員の皆さんほんとうにお疲れさまでした クラッカー

取引先の作業予定の事情などにより、通常は入港手続きが完了次第に水揚げが開始となりますが、今回は入港翌日のお昼からの水揚げ開始とあって、乗組員の皆さんもそれまではゆっくりとした時間 船

取引先で準備してくれた車に分乗して、ショッピングセンターなどでのお買い物タイム。 これまでは清水に帰港しても、帰国のためそのままバスで羽田や成田空港に向かうことがほとんどだったインドネシア船員も、今回の数日間の清水滞在ですこしは日本を楽しむことができるのではないかなあと思います 音符


そして夕食は、インドネシア船員が日本の焼き肉が食べたいっていう要望を聞き、滞在ホテルの目の前にある牛角清水店を大人数で予約してのクルーパーティーとなりました。 なんと33名の予約です !

船からタクシーなどに分乗してお店へ。 席とお料理は予約していたから、全員がそろって飲み物が準備されて、これまでの航海の奮闘に感謝しての乾杯。 どんどんお料理が運ばれてきます 食事

人数が多すぎて、ビールやハイボールなどのサービスが間に合わず、私たちも手伝っての配膳。 日本むかし話に出てくるみたいな超山盛りのごはんや〆のラーメンまでお腹いっぱいと言いながらもペロリと平らげたインドネシア船員の食欲はやっぱすごい。 日本人の若手船員も負けずに食べてました 親指

急な予約にもかかわらずスタッフあげて対応していただきました牛角清水店の皆さん、ありがとうございました。 このパターンの航海でのクルーパーティーは、これからここ牛角清水店にしましょうかね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:18

2020年01月16日

123勝栄丸が水揚基地の清水港に到着


気仙沼での小正月の恒例行事、御崎神社の例大祭で、所有各船の航海安全と大漁そして商売繁盛などを祈願したあと、遠洋マグロ漁船の水揚げ基地である静岡県清水港に今年最初の出張です 音符

昨年7月中旬に気仙沼を出港して、インドネシア共和国バリ島を経由して一路南下。 豪州西岸沖・南インド洋でのミナミマグロ漁をこなしたあと、漁場をジャワ島沖合に移してのメバチマグロ漁と、約5か月間の操業を経て日本に向けての帰航となった123勝栄丸です。 乗組員の皆さんお疲れさまでした クラッカー

帰港途中に補給入港したバリ島から約12昼夜の航行を経て、予定通りの日程で清水港の到着を勝倉漁業のスタッフや取引先関係者の皆さんとともに江尻岸壁で出迎えて、皆さんと新年のご挨拶です 船

三保松原沖に早々と到着していた本船への電話連絡で、入港・着岸の予定などを指示。 くれぐれも気を付けて入港してくださいとの指示通りに、ゆっくりと確実な操船にて清水港に入港してきました 親指

船頭さんをはじめ乗組員の皆さんには、まだ続く今航海ではありますが、これまでほんとうにご苦労様でした。 冷蔵庫などの事情によって、水揚げ予定にずれが生じてしまいましたが、天候にも恵まれてスムーズな水揚げ作業が行われることでしょう。 あとは私たち陸上スタッフの仕事ですね 船

漁艙にいっぱい積載された冷凍マグロ類の水揚げは1日半の日程。 ミナミマグロの水揚げ立ち合いには水産庁の駐在官も張り付くことになっていて、品質などもしっかりとチェックしたいと思います タイ

清水港に到着すると税関などによる船内検査。 約1時間ほどの手続き中は乗下船ができないので、その間を利用して清水港でのさまざまな作業・工事予定についての打ち合わせをおこないました ブック

さあ、123勝栄丸が予定通り無事に入港しました。 マグロの水揚げも頑張っていきましょう! face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:14

2020年01月15日

マグロの値決め前に末廣のちらし


成人の日を含む週末からの連休中には、きのう勝栄丸ブログでもお伝えしたように、唐桑半島の御崎神社の例大祭に出席して、勝栄丸各船の航海安全と大漁、商売繁盛と家内安全などを祈ってきました タイ

御崎神社でも、県内の多くの神社でも、14日には「どんと祭」が行われ、その御神火にあたりながら一年の無病息災などを祈る小正月の恒例行事ですね。 仙台の大崎八幡宮の裸参りが最も有名です 花丸

古いお札やお守り、お正月飾りなどを御崎神社に持参して、どんと祭が行われる会場の指定された場所にお納めして。 まだ火は入っていないものの、一年間の無病息災などをお祈りしてきました ハッピ

御崎神社での神事を終えて、今週に入港する123勝栄丸を迎えるべく、水揚げ基地の静岡県清水港に移動してきました。 暖冬なのか、気仙沼でも例年よりも暖かい日が多い新年ですが、ここ清水では気仙沼よりも10℃くらい気温が高いんじゃないかと思われるような、まるで春のような天候です sakura

まもなく清水に帰港する123勝栄丸が、インド洋で漁獲したミナミマグロやメバチマグロなど、漁艙に満載してある漁獲物を、この航海の漁獲明細などのデータや相場推移をもとに価格を決めていく交渉が行われます。 今年最初のマグロの取り引きとなるので、気合を入れて値決め交渉に臨みたいと思います 船

商談の前にまずはいつものルーティン、マグロを食べましょうっていうことで、清水の名店「末廣鮨」のちらし寿司を出前でとって、東京豊洲市場の荷受会社・第一水産の担当者とともにいただきました 親指

消費増税のあと100円の値上げにましたが、それでもコスパは最高の末廣のちらし。 歩いて10分ほどの清水港河岸の市で食事をしてもよかったんですが、昼からの商談に備えて食べながらの打ち合わせ。 新年早々の清水港で、お気に入りの末廣のちらしを頂いて、やっぱ最高に美味かったです camera

今週は清水港にて、123勝栄丸の入港や水揚げへの対応など忙しい毎日となりますが、関係者の皆さん本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さあ、ちらし寿司を食べて値段交渉に向かうとしますか face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:30

2020年01月14日

令和2年の御崎神社例大祭


気仙沼は漁業・水産業を基幹産業とする港町。 気仙沼市の震災復興のキャッチフレーズは「海と生きる」っていうだけに、海のお仕事と気仙沼の経済は切っても切れない非常に重要な関係にあります 船

東日本大震災にて気仙沼の沿岸部も甚大な被害を受け、あれからまもなく9年が経とうとしているなか、各企業の事務所や倉庫、水産加工場や冷蔵庫などが続々と再建され、活気が戻りつつあります 花丸

気仙沼湾に目を移せば、市民の長年の悲願であった大島大橋が昨年開通し、大島と気仙沼市内が陸続きとなって、大島にとっても新たな可能性がでてきたように思えます。 そして三陸自動車道の延伸によって、気仙沼湾にまもなく2本目の橋が開通する。 今年は大きく変わっていきそうです icon14

海を中心に経済を形づくる気仙沼の、新年を迎えての恒例行事となっているのが、唐桑半島の先端にある御崎神社の例大祭、どんと祭で、今年も例大祭に出席すべく唐桑に向けて車を走らせました ハッピ

社務所で受付を済ませて社殿に赴くと、漁業会社の方々や船頭さんの奥さん方など、新年のご挨拶を交わして神事が始まるのを待っていると、太鼓の音が響き渡り神事の開始が告げられました icon12

神主さんによる祝詞奏上に続き、出席者めいめいによる玉串奉天。 所有各船の航海安全と大漁、商売繁盛と社運隆昌、家内安全に交通安全など、御崎神社の御神体を前にして願い事を捧げました タイ

御崎神社の参道にはたくさんの出店がでていて、「はじき猿」っていう縁起物のお店に毎年立ち寄って購入することにしているんですが、実は勝栄丸の機関長さんのご家族が作製して販売しているお店もあって、今回もたくさんサービスしていただいちゃいました。 今年もどうぞよろしくお願い致します camera

この「はじき猿」は、厄や災いをはじき去るって言い伝えられていて、一年でいちどこの御崎神社の例大祭の日にしか入手できないとってもレアなアイテム。 事務所にそして自宅に一年間飾って、ご利益にあずかろうと思います。 今年の御崎神社の例大祭は例年に比べて比較的暖かくてよかったです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:03

2020年01月13日

気仙沼商工会議所の新年懇親会


勝倉漁業の仕事始めから新年の業務が始まっての一週間が終わりました。 この週末からの連休は成人の日ということもあって、日本各地でも新成人のお祝いの式典などが行われたことでしょう ハッピ

ここ気仙沼でもきのう1月13日に式典がおこなわれ、男性が311名、女性が298名の合計609名が大人の仲間入りとなりました。 宮城県全体では23,669名の新成人が誕生したんだそう。 真新しいスーツや晴着に身を包んだ若者たちで、街のなかが華やかになったんでしょうね。 おめでとうございます icon12

新年の業務が始まって一週間がたちましたが、毎年この時期に開催される新年会が今月いっぱい続いていきます。 先日の気仙沼漁協の新年会に続き、気仙沼商工会議所の新年懇親会がおこなわれ、予定があって出席できない北かつ組合長の代理として、副組合長のわたくしが出席してきました クラッカー

会場となった気仙沼プラザホテルには、商工会議所の役員や議員の皆さん、そして各団体や企業の代表の方々、国会・県会・市議会の議員の皆さんなど、数えきれないほどの出席者でいっぱいでした 花丸

商工会議所会頭の年頭のご挨拶では、震災からまもなく9年になろうとし、気仙沼の復旧や復興の総仕上げとなる今年に向けての抱負が述べられ、続き、小野寺衆議院議員の祝辞や菅原気仙沼市長さんのご挨拶など、会場にお集まりの皆様が中心となって頑張っていこうという空気に包まれました マイク

そして気仙沼出身のジャズピアニスト・岡本優子さんがオリジナル曲を含め3曲の素晴らしい演奏。 ピアノも素晴らしいし、歌もとっても素敵でした。 岡本優子さんの演奏を聴いたのは初めてだけど、こんどCDでも購入して聞いてみたくなりました。 皆さんもぜひいちど聞いてみてください、素敵ですから 音符

市議会議長の乾杯のご発声で懇親会がスタート。 会場内をまわってすべての方々とお話ししたかったけれど、人の数が多すぎてとっても無理。 でもたくさんの皆さんと新年の挨拶ができて、ほんとうによかったです。 商工会議所関係者の皆さん、令和二年も引き続きどうぞ宜しくお願いいたします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:41

2020年01月12日

深夜まで「PRIZM」での懇親会


夏場の生鮮カツオ、そして秋口からの生鮮さんまの水揚げもすでにシーズンオフを迎えて、いま気仙沼の水揚げの中心は近海まぐろ船によるメカジキやサメ類など。 温度管理された新市場棟をつかって毎日のように近海まぐろ船による早朝からの水揚げが行われていますが、ちょっと寂しいですね 船

北から南まで、長い岸壁と荷捌き場がある気仙沼魚市場を最大限に有効活用し、年間の取扱数量と水揚げ高を確保していくためには、この冬場の時期の漁船誘致などが重要になってきています !

今の時期に可能性があるとすれば、まき網船によるサバの搬入ですね。 漁場が銚子沖などの海域に形成されていることもあって、なかなか難しいサバのシーズンですが、期待しつつ見守っていきましょう icon12

その気仙沼魚市場の目の前に、昨年7月にオープンして営業を続けている「みしおね横丁」。 鶴亀の湯・鶴亀食堂や、沖縄料理、メキシカン、インドネシア料理を提供するお店に加えて、みしおね横丁の夜を熱くしているがBAR「PRIZM」さん。 コンテナハウスを利用したとは思えない素敵な空間があります 花丸

さまざまな会合や、今の時期の新年会の二次会などで、みしおね横丁を利用するお客さんも増えてきて、気仙沼市民にもすっかり定着した感があり、今週も新年会の二次会で寄らせて頂きました クラッカー

みしおね横丁内のすべてのお店からお料理を出前で食べることができるので、PRIZMでカクテルを飲みながら、横丁各店のおすすめメニューをおつまみにできる。 すごくいいシステムだと思います 親指

あまりにも居心地がいいので、気が付けば12時近くになっていて、すっかり酔っぱらってしまったけど、日ごろお世話になっている皆さんとこうして懇親を深められたのはすごくありがたいこと。 今年もどうぞよろしくお願いします。 気仙沼階上で栽培しているミントを使ったモヒート、最高でした beer

そして12月24日頃から長期間の年末年始休暇を取っていた鶴亀食堂が1月13日から新年の営業開始との事なので、さっそく朝ご飯を食べに行ってみたいと思います。 みんなで応援していきましょう face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:26

2020年01月11日

今年最初のまるきの煮干そば


令和二年の業務が始まって、最初の一週間が終わりました。 今年の年末年始休暇は比較的長いお休みを頂きましたが、休みボケっていう事もなく、体調面もばっちりで新年の業務に臨んでいます クラッカー

今週、昨年の全国のサンマの水揚げ実績が発表となって、全国の合計で40,517トン、金額で128億円という結果に終わり、対前年比で数量が▲79,413トン(66%減)、金額で▲97億円(43%減)、平均単価は187円から315円と168%の高値で推移したシーズン。 過去最低の40,000トンは衝撃的です !

気仙沼だけを見ても数量がH30年の17,281トンから5,380トンと31%にとどまり、単価が168%と高止まりとなりましたが、前年を13憶円も下回り15.1億円にとどまる結果になって。 外国船による沖獲りの影響も大きく報じられている中、それだけではこの現象を説明できないのではないかと思います 船

地球温暖化による海洋環境の変化、海中プランクトンの減少、サンマ資源自体の大幅な変化、そしてイワシやサバなどの他魚種増加による魚種交代など。 今年はぜひともV字回復を願っています icon14

来週清水港に帰ってくる123勝栄丸の入港準備やさまざまな手配関係などをこなしながら、こうした情報も分析してのお仕事だった今週。 今年初めての田中前「まるき」さんにお昼ご飯に行ってきました。 お店を入ると、会社の役員が東京からのお友達と一緒にご来店中。 考えている事は一緒なんですね 食事

ここしばらくは、辛煮干そばや背油中華、辛シビつけ麺などを食べていて、一年のはじまりだからと、まるきさんの看板メニュー「煮干そば」を注文。 今年もお世話になりますが宜しくお願いします ハッピ

常にお客さんの絶えない人気店のまるきさん。 今年もまた一段進化した一杯を期待しています。 今年最初のまるきさんで安定した美味さの煮干そばを頂きごちそうさまでした、やっぱ美味かったです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:18

2020年01月10日

乗組員宛の荷物が続々と届いて


例年であれば寒さが厳しく、雪が降る日もある1月なのに、昨日などは暖かい気温のなか雨模様となった気仙沼です。 来週出張する静岡では気温が20℃くらいまで上昇したっていうんだから、今年はほんとうに暖冬なのかもしれません。 どんな服装で出張したらよいかほんと悩んじゃいますよね 晴れ

勝栄丸各船が気仙沼に帰港した際にお世話になる塗装業者のサイペンさんが、このほど新社屋が完成し、移転完了で業務開始したとのお話を聞いて、漁労部長と一緒にお祝いに行ってきました 花丸

みらい造船に近い立地で、船舶の塗装工事を請け負うサイペンさんにとっては最適な立地条件。 二階建ての真新しい倉庫兼社屋です。 二階の事務室にご案内して頂きお祝いを述べたあとで、社屋の中をぜんぶ見せてもらって。 「まだ引越ししたばかりだから片付いていないんですよ」って嬉しそうです タイ

東日本大震災での被災からまもなく9年が経とうとしていて、ようやく事務所の再建にこぎつけたサイペンさんです。 新社屋・倉庫の完成そして移転しての業務開始、ほんとうにおめでとうございます クラッカー

外出先から勝倉漁業の事務所に戻ると、会社の入り口スペースには段ボールや荷物がたくさん届いていて。 来週清水港に帰ってくる123勝栄丸の乗組員のご家族が持ってきた個人の品々など。 清水港で本船に積込まれる品物が山積みになってました。 乗組員の皆さんも楽しみにしていることでしょう 船

気仙沼から清水港へ、漁具や資材などを運搬するトラックに混載され届けられる品物。 気仙沼から車で約7~8時間の移動なので、荷物を運んでいく取引先スタッフにはくれぐれも運転に注意して、事故なく安全に到着されますように。 私も車で行こうかなと思ったけど、ロングドライブはちょっときついかな いかり

会社の入口にそのまま山積みしておくわけにもいかず、取引先の倉庫にいったん運んで保管。 清水への移動の際に持っていってもらう事にしました。 来週もお世話になりますがどうぞ宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:15

2020年01月09日

イランの米軍基地攻撃によって


今週に入って一気に冬の天候になってきて、気温の低い日が続く気仙沼です。 仙台市内や山沿いの地域では雪になったとの報道もありましたが、気仙沼ではまったく雪が降らない珍しい年ですね 雪

やはり暖冬なのでしょうか。 地球環境の変化で、世界的に温暖化が進み、海水温や気象・海象にまで影響がでてくる。 水産業界としてもしっかりと見据えて計画を立てていかなければなりません 船

来週、清水港に帰港を予定している勝倉漁業の遠洋まぐろ延縄漁船・第123勝栄丸の到着を前にして、入港時のそして出港に備えてのさまざまな準備や手配、打合せなどを終えて、取引先の営業マンとイシカワライヴキッチンにランチに行ってきました。 お目当ては日替りメニューのソースカツ丼です 食事

珍しく3日間連続で提供されているソースカツ丼は、イシカワライヴキッチンの人気メニュー。 午後のお仕事に間に合わせようと、ちょっと早めの時間帯にお店に行くと、ほぼ満席状態の店内でした 花丸

朝に飛び込んできたイランが米軍基地を攻撃した衝撃的なニュースによって、株価が大きく変動し、WTI原油相場が急上昇し、金や日本円などが買われ、世界の経済が大きく影響を受ける事態。 これがきっかけとなって本格的な紛争・戦争状態にならなければいいなっていうのがお昼の会話の中心 汗

遠洋まぐろ漁船などで使用する燃料油の価格は、世界の原油価格市況・WTI相場などにリアルタイムに反応し、為替変動もコスト上下の大きな要因となるから、こうした事態がはやく沈静化する事を願います。 ここ1~2週間は、このニュースに注目しながら、日々の仕事に取組んでいくことになりそうです 新聞

スマホでネットニュースを見て各指標などをチェックしながら、イシカワライヴキッチンのソースカツ丼を頂きました。 気仙沼の内湾地区にかつてあった洋食屋「ナリタ」の味を再現しただけあって、いま私のお気に入りの一品になっています。 こんなニュースにふれながらも美味いものはやっぱ美味いですね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:54