宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年06月25日

日かつ漁協の総会と懇親会


日本全国の遠洋かつお・まぐろ漁船で組織する日本かつお・まぐろ漁業協同組合(日かつ漁協)の通常総会が東京・門前仲町で開催され、組合員と関係者が会場いっぱいに集まりました クラッカー

この一年間、原油価格が1バレル40ドル台から50ドルほどで推移してくれたおかげで、漁船に供給される燃料油も一時に比べてかなり安価な水準で推移しました。 それでも中東情勢や戦争やテロ、そして米国のシェールガスオイルなどの動向を今後も注視していかなければなりません ブック

まぐろ類の魚価は、特に赤身商材が供給減により価格が上昇してはいますが、ミナミマグロやクロマグロなどの天然脂物商材については価格が軟化。 販売促進のキャンペーンなどを通じて、さらに消費が拡大されるようにアピールしていく事などの事業計画が示されました マイク

海外での漁場確保、島嶼国で導入がすすめられているVDS問題、混獲生物のサメや海鳥・ウミガメへの対処など。 いちばんは乗組員後継者の確保と育成なんだと思います。 新たなプロジェクトでの乗組員養成を業界挙げて取り組んでいく、そして漁船の更新を図りながら競争力のある日本漁船団を維持していく。 新年度に向けての意気込みを組合員みんなで確認しあった総会だったと思います タイ



今回の総会では任期満了による役員改選が行われ、新しい役員と監事も選任されました。 日本の遠洋かつお・まぐろ漁業の中核的組織として、4年間の舵取りの程どうぞ宜しくお願い致します 船

通常総会も滞りなくすんで、その後は茅場町の証券会館7階ホールに移動しての懇親会でした。 このところ懇親会はこの場所で行っていますね。 立食形式の会場内には美味しそうな料理がズラリ 花丸

日かつ漁協の懇親会といえば、組合所属漁船が提供するマグロがお目当ての方も多いはず。 今年も、国のもうかる漁業事業で生産されたマグロの大皿がテーブルを彩っていて。 日光水産提供の脱血処理をほどこした「S-1」冷凍かつお。 宮古・清福丸さんの「極洗」ミナミマグロ、ジャワ沖のメバチマグロや南太平洋産のキハダマグロ、そして北大西洋アイルランド沖の極上のクロマグロまで 音符

組合長の挨拶、そして副組合長の乾杯の発声で今視界がスタートするや、マグロの前には長蛇の列が出来上がって、皆さん美味しいお刺身をつまみながら、お酒やワイン、ビールなど、それぞれに楽しまれたんじゃないかなあと思います。 これからの1年間また頑張って、遠洋漁業界を盛り上げていきましょう face02

それから、懇親会で発表となった日かつ漁協のホームページのリニューアル。 まだdemoページでの公開みないですが、もうすでに更新されているので、皆さんもよかったらご覧になって下さい キラキラ

日本かつお・まぐろ漁業協同組合のHPはこちら → http://japantunanet.demopage.jp/
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:28

2017年06月24日

門前仲町での一瞬の夕焼けに


今年は一気にシーズンインって感じじゃなくって、少しずつ徐々に盛り上がりを見せてきている気仙沼でのカツオ船の水揚げを横目に、今週も団体の総会や会議などのために東京に出張してきました タイ

朝晩は涼しいくらいに過ごしやすい気仙沼とは違って、やっぱ東京の気温はひとシーズン違うくらいに暑い。 気仙沼の真夏かのような温度ですね。 ちょっと歩いただけでも汗が噴き出してきます 汗

きょうは下町・門前仲町での会合に出席。 その帰り道に出会った色鮮やかな夕焼けにちょっと見とれてしまって、思わずカメラを取り出しての撮影。 とっさに撮りたいイメージを形にするいつものルーティン 音符

気仙沼に比べて陽が落ちる時間が遅いのでしょうか。 夜7時の時間帯でもまだ日が落ちきらない、そんな夜のとばりの時間帯に一瞬だけ見せた真っ赤な夕焼け。 川面に映る朱の色がすごく鮮やかです 花丸

忙しい日常の中、東京のビル群の中に、こうした非日常の光景を目にし切り取るって。 常にカメラを持ち歩いてもなかなか撮影したいと思う風景ってめったに出会えないから、今日はとてもラッキーでした 船

週末に行われる業界団体の総会や懇親会、新しいプロジェクトに向けての極秘会合などに思いを巡らし、きょうは仲間の漁業者の皆さんとゆっくり杯をかたむけたいなあと思います。 宜しくお願いします beer

いま使っているカメラはオリンパスのEM-1っていう機種なんだけど、きょうは昔使っていたコンパクトなカメラに短焦点レンズを装着して持ってきて。 撮りたいものを自由な感覚で撮影するって、勝栄丸ブログの読者の皆さんにお伝えするだけではなく、自分なりにも気分転換できる時間なんだと思います camera

完璧っていうものはなくって自己満足の世界かもしれないけれど、毎日投稿する写真についても精一杯頑張ってお伝えしていきたいと思いますね。 それにしても素晴らしい夕焼けの一瞬でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:45

2017年06月23日

勝栄丸乗組員とYasseCoffeeに


大西洋漁場でのマグロ漁を終えて、漁業基地のスペインLasPalmas港に係船し休暇のために空路帰国中の勝栄丸乗組員の皆さん。 沖での忙しい時間から離れ、ご家族とのゆっくりとした時間を過ごされているんじゃないかと思います。 仕事で呼び出すこともあるかと思いますが、宜しくお願いしますね 船

乗組員との会話のなかで、気仙沼の郊外・八瀬地区にある「Yasse Coffee」さんのモーニングセットを食べに行こうって話しが盛り上がって。 さっそく出かけてきました。 市内から約15分ほどです 音符

朝7時から営業しているYasseCoffeeさん。 日常とはちょっと違う大自然の中で、美味しいコーヒーや軽食などを楽しめるとあって、今ではもう常連客もたくさんいるほど人気店になっていますね クローバー

お店の近くに住んでいる勝栄丸の機関士も合流。 朝8時くらいの時間帯でしたが、もうすでに駐車場はたくさんの車でぎっしり。 なんとか駐車スペースを見つけて。 約束の時間に全員集合でした 花丸

きょうのお目当てはYasseCoffeeのモーニングセット。 超厚切りのトーストがすごく美味しいんですよね。 ちょっとしたサラダに玉子、ジャムが添えられて。 もちろんYssseブレンドのコーヒー付き camera

普段の日はご飯に味噌汁と和朝食をとることが多いけれど、たまにはこういうモーニングセットもいい。 コーヒーを飲みながら小一時間ほど、乗組員の皆さんとのんびりした時間が過ごせたと思います icon12

帰りには近所の機関士のおうちに立ち寄って。 自家栽培しているお野菜やお米などのお土産まで頂いて恐縮です。 急に押しかけてなんか申し訳ないですね。 ほんとうに有難うございました タイ

仕事前の時間帯で、YasseCoffeeさんのモーニングセットでリフレッシュ。 さあ、会社に戻って仕事開始としますか。 YasseCoffeで始まった一日は、なにかとてもいい気分で、仕事もはかどりそうです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:29

2017年06月22日

かつお水揚げ本格化まだ先か


今シーズンの気仙沼の生鮮かつお水揚げが始まって一か月が経ちます。 6月も下旬に入ったけれど、三陸沖の水温がまだ低いためなのか、まだ本格的なシーズン到来という所には至っていませんね 船

千葉県勝浦港に水揚げされているカツオの入荷量もそれほど多いっていうわけでもなく、先日までのびんちょうの漁もこのところ聞こえてこなくって、関係船の気仙沼入港はもう少し先かもしれません タイ

昨日気仙沼はかつお一本釣り船が1隻と巻き網運搬船が3隻で合計150トンほどの水揚げ量。 巻き網船のカツオは、前日漁獲の「新物」でほとんどが中小サイズ。 目廻りはたぶん2.2㎏前後かな camera

乗組員がブームを操作して漁艙から網でカツオをすくい、ベルトコンベアーの上に。 ベルトコンベアーの速度を作業員が選別しやすいようにスイッチON/OFFで調整しながら。 鮮度はいいような感じですね 音符

魚問屋の社長さんたちも総出での選別作業。 デジタル秤で一本づつ目方を確認しながら、大きいカツオや小さいものを選別しては、氷水が入ったブルータンクに投入。 早朝からの作業ご苦労様です 親指

いま気仙沼魚市場は衛生的に管理される新建屋を建設中で、だんだんとその姿があらわれていますね。 衛生管理の一環でしょうか、今週から魚市場職員がそろいのキャップをかぶるようになっていて。 市場に出入りする魚問屋としても、スタッフジャンパーと共に帽子も準備する必要もあるのかも icon12

今年はまだカツオ一本釣り漁船の入港が本格化していない気仙沼港ですが、カツオの北上に合わせ気仙沼港への集中入港がはやくなることを期待しています。 そうこうすると7月になっちゃいますから face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 06:36

2017年06月21日

豊洲移転を正式表明


東京の台所・築地市場の名前は世界的にも有名で、いまでは場外市場も含めてたくさんの観光客も訪れる人気スポットになりましたね。 勝栄丸ブログでも築地市場での記事を何度もお伝えしました 音符

お寿司や海鮮だけではなく、市場で働く方々のためのいわゆる「築地市場グルメ」っていうものが存在していて、私も昔から足繁く通ったお店なんかもあるんですよね。 市場の機能そして周辺の商業施設、人の流れなんかも大きく変わってしまう、そんな市場移転問題にようやく方向性が示された模様 キラキラ

本来であればもうすでに豊洲新市場への移転を終えて、営業開始されているはずだった築地市場の移転問題。 連日のように報道され注目されたこの問題に小池都知事が記者発表を行いました 新聞

報道によれば、東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子知事は20日、緊急記者会見を開き、「築地を守る、豊洲を生かす」ことを基本方針の第一とし、豊洲に市場機能を移転させた上で、築地市場(中央区)にも市場機能を残して再開発することを表明。 将来的に築地に市場を戻すことを視野に検討する方針。 小池知事は記者会見で「築地市場の価値は都の莫大(ばくだい)な資産。 築地ブランドを維持、活用すべきだ」などと理由を説明した模様 マイク

賛否両論あって、移転賛成派・反対派それぞれの主張が真っ向からぶつかり合って、市場での不買運動やボイコットなど大きな混乱をもたらしたこの問題にもようやく着地点を見いだせたかのように見える。 小池知事の決定はそれぞれの主張に配慮した結果なのかな。 豊洲新市場に移移転すると断言した一方で、5年後をめどに築地市場跡地を再開発し市場機能をもった食のワンダーランドにしていく。 ん~、何かよくわからない。。 近いエリアに二つの卸売市場が両立するのは現実的じゃないと思いますが スーツ

5年後と言ったら、東京五輪も終わっているし、豊洲新市場に移転しての業務も軌道に乗っている。 そんなタイミングでまた新たな市場をつくって、戻りたい人だけ戻りなさいって。。。 豊洲新市場移転への反対・慎重派の批判をかわす政治手法にしか見えないんですけど。 築地再開発については結局先送りっていう事なんだと思いますね。 後任の知事さんなどにバトンを預けた形なのかな タイ

いずれにせよ、築地市場、築地っていう場所は、銀座からも歩いていける距離にあって、東京最後の大型再開発地区と言われるくらい価値の高いエリア。 どんな築地に生まれ変わるのか期待したいです 花丸

これで築地市場の新市場への移転問題が大きく動き出す。 報道で言われているのは来年5月頃の移転。 豊洲新市場を利用するお客さんや築地市場関係者が安心して胸を張って新しい環境で商売・取引ができるよう、そしてスムーズな移転ができるように、しっかりと対応してほしいと思います face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:26

2017年06月20日

「松島さかな市場」を視察して


仙台市内での会合のあと、三陸自動車道を通っての帰り道の途中に、日本三景松島に寄り道していこうという事になって。 松島海岸インターで下車して海岸通りに向かいます。 仕事の帰りだけれども、ちょっとした観光気分になってきました。 しばらく松島に来ていなかったから、いい機会かもしれませんね 音符

松島の中心地はほぼ一本道なので、観光客の車で渋滞。 散策している人もたくさんいて、気仙沼とは観光客の数が違うのは歴然。 さすがは日本有数の観光地だけありますよね。 仙台はインバウンド効果で宿泊客が前年比140%となったと、講演会で聞いたばかり。 外国人も多いのではないでしょうか icon14

渋滞を抜けて、松島海岸の商業施設「松島さかな市場」へ。 ここは遠洋まぐろ漁船・昭福丸を運航する気仙沼の臼福本店さんが運営しているお店。 予想以上にたくさんのお客さまで賑わっていました 花丸



松島さかな市場に来たのは何年ぶりでしょうか。 以前きたときに比べてもだいぶ活気があるような気がしますね。 店内には昭福丸の大漁旗が飾られて、船頭さんや昭福丸の写真もいたるところに 船

遠洋マグロ船・昭福丸が世界の海で漁獲したマグロを直接消費者に提供する。 すごくいい取り組みだと思いますね。 社長さんのご配慮で、「天然まぐろ贅沢5種盛重」をごちそうになりました。 天然本鮪、みなみまぐろ、メバチマグロ、びんちょう、ネギトロと超スペシャルなまぐろ丼。 あら汁付きで大満足でした クラッカー

お店の一角には、松島特産の牡蠣の「焼がきハウス」があって、なんと45分間の食べ放題。 鉄板の上で大量の殻付き牡蠣を豪快に蒸し焼きにして食べる。 行列必至の人気スポットなんだとか 親指

こんど松島にくる機会があったら、牡蠣の食べ放題にぜひチャレンジしてみたいですね。 まぐろ丼でお腹いっぱいだったけど、牡蠣を焼く何とも言えないいいにおいで、ついつい食べたくなっちゃいました 食事

以前お世話になったスタッフの方々にもご挨拶出来て。 松島さかな市場の皆さん、ほんとお世話様でした。 年中無休の店舗運営は大変かと思いますが、いろんなアイデアでがんばって下さいね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:53

2017年06月19日

三陸新報「論説」 太平洋クロマグロ 適切な資源管理を


いま問題となっている日本近海などでの北太平洋クロマグロの資源管理。 勝栄丸ブログでも何度となくお伝えしてきました。 昨日の記事の中でもこの問題にふれたばかり。 もう少しお付き合いください タイ

先日気仙沼魚市場に巻き網船によるクロマグロの水揚げがあって、その様子を視察しに行ってきました。 その時にお会いした三陸新報の記者さんに太平洋クロマグロがおかれている状況について短時間ではありましたがお話しする機会があり、「論説」として掲載されたので全文をご紹介したいと思います 花丸

【 太平洋クロマグロ 適切な資源管理を 】

資源の減少が懸念されている太平洋クロマグロ(本マグロ)。 気仙沼港に先日、大量の水揚げがあったが、こうした光景もいずれ見られなくなるのではという危機感をぬぐえない。 2014年現在の親魚量は歴史的最低水準に近く、漁業が無かったとした場合の資源量のわずか2.6%という。 国は国際合意に基づき、漁獲枠を設けて資源管理を行っているが、ここから回復させるには相当の努力が必要だろう。 特にメジマグロと呼ばれる30㌔未満の小型魚の過剰漁獲が問題だ。 現管理機関(16年7月~17年6月)はすでに上限の4007㌧を突破した。 超過分は次期管理機関の枠から差し引かれる仕組みとはいえ、国際合意は守れなかった。

現行制度では上限に近づくと特別警報、操業自粛要請が出されるが、漁業者の自主的な取組による。 18年からはTAC(漁獲可能量)制度が導入され、操業停止命令などに背いた場合には罰則が適用される。 漁獲量がより厳しく管理されることになるが、漁業は農業とは違い、とりたくなくてもとってしまうケースがある。 延縄にかかり、定置網に入ってしまうのだ。 漁獲上限に近づいた際、釣り針にかかったマグロを生きたまま逃がすのは難しい。 定置網なら放すことも可能だが、泳ぎを止めれば死んでしまう魚だ。 そう容易ではない。 年間を通して漁獲量が少ないクロマグロのために休漁したのでは、影響が大きすぎる。 TACの導入が漁獲抑制につながるのだろうか。 それより現場が混乱するのではという懸念を強く感じる。

そもそも小型魚を年間4007㌧もとることに、疑問の声がある。 大西洋クロマグロの資源回復に取り組んだ実績のある市内の漁業関係者は「とりすぎだ。限りなくゼロに近づけるべき」と指摘。 「われわれにできたのだから、できないはずがない」と話す。 さらに親魚も産卵期や、産卵場の漁獲規制が必要だと訴える。 太平洋クロマグロと同様に資源減少が叫ばれているのが、気仙沼港に欠かせないカツオ。 日本国内では熱帯域での海外巻き網による過剰漁獲を問題視している。 マグロの国際合意を守れない一方で、海外巻き網の規制を訴える。 これでは筋が通らず、カツオの保護にもつながらない。 クロマグロの漁獲規制をさらに強めれば漁業者が反発するのは必至だが、国はしっかりと調整すべきだろう。 将来を見据え、今は我慢の時だと思う。

三陸新報の論説に書いてあることはまさにその通り。 付け加えれば、初期資源の7%まで資源回復させようっていう今の「暫定目標」ではなく、世界標準の20%レベルへの回復目標に変更する事。 そして小型魚については、狙って獲ることをやめるべき。 小型魚漁獲枠の大幅削減とともに、延縄や定置網などの「受け身」「待ち」の漁業への配慮もそこには必要でしょうね。 それと遊漁規制もそろそろ導入する時期に来ていると感じます。 いずれにせよ、とてもよくまとめられた「論説」だと思いご紹介しました 船
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:13

2017年06月18日

珈琲専門店の「東亜」さん


このところ毎週のように会議で訪れている東京の門前仲町。 全国の遠洋かつお・まぐろ漁業会社が加盟する団体の「日本かつお・まぐろ漁業協同組合」通称:にっかつの本部がある街ですね 花丸

先日は門前仲町でお気に入りの洋食屋さんでのランチを食べて。 チェーン店やファミリーレストランとは全く違った本物の美味しさがありますよね。 たまに食べるならこういうお店を選択してしまします 食事

そしてきょうは門前仲町での隠れ家的存在の喫茶店をご紹介。 東西線・大江戸線の門前仲町駅、その3番出口を出てすぐのところにある珈琲専門店「東亜」さん。 たまに立ち寄らせて頂いてます 音符

チェーン店とは違って、ストレートのコーヒーを淹れたてで提供してくれる。 ドトールとかと比べるとお値段はちょっとお高くて、1杯500円くらいはするけれど、いろんな種類の中から選べるのがいい cup

きょうのお勧めは何ですかって聞いたら、品評会で一位をとった「ブラジル」ですかねえって事だったけど、さすがにブラジルは抵抗あって別な種類をお願いして。 ニカラグアのコーヒーにしてみました camera

ほんのりとした苦みの中に甘さがあって、雑味がまったくないすごく美味しいコーヒーです。 ミルクや砂糖など一切入れなくてもいい感じだけど、最後にちょっとミルクを入れるとまた違った味になって 親指

お会計の時に、レジ横に水出しコーヒーのサンプルを見つけて味見をさせて頂きました。 私は一年中アイスコーヒーを飲むけど、これからの季節には特におすすめのコーヒーかもしれません。 また会議などで門前仲町に来るときには、一息つく時間と美味しいコーヒーを求めて立ち寄りたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:34

2017年06月17日

大西洋出漁者会議で東京へ


8月から始まる大西洋海域の新漁業年度を前にして、東京の日かつ漁協の会議室で関係者が集まっての会合が行われました。 午後の開始時間に合わせて、一ノ関駅から新幹線での移動 train_a03

一ノ関駅の駐車場に到着すると、気仙沼の昭福丸の社長さんとばったり。 東京にはちょうどお昼頃に到着する同じ新幹線だったので、会議の前に一緒にお昼ごはんでもという事になって 音符

日かつ漁協のある門前仲町は下町の風情が残る街。 きょうは久しぶりに洋食がいいねって、門前仲町駅前の老舗洋食店「ベニヤ」さんに。 実はここのポークジンジャーが私は大好物なんですよね 食事

ランチの「ポークジンジャーとエビフライ」にライスとスープがついて1290円。 ランチにしてはちょっとお高めかなって思うけど、ベニヤさんのポークジンジャーを食べたら、皆さんも納得すると思いますね 親指


会議の前にお気に入りのランチを頂いて会場に向かいます。 10分前くらいに到着したけれど、会場にはすでにほとんどの方が揃っていて、私たちの為に前のほうの席を空けておいてくださいました タイ

次年度の大西洋操業の注意事項や諸手続き、事業遂行のための分担金の説明や国際会議の動向など。 日かつ漁協国際部の各担当者による説明。 メモを取りながら、説明内容を頭に叩き込んで ブック

意見交換の時間には、いま問題となっている北太平洋クロマグロの資源管理についてのお話しに。 一時は大きく資源量を減らした大西洋クロマグロですが、ICCATでのわが国をはじめとする関係国の厳格な管理が功を奏し、その資源はV字回復し、漁獲量を増やすところまできましたね 船

一方の日本近海などで漁獲される太平洋クロマグロの資源量は危機的な状況にあるにもかかわらず、未成熟の幼魚を大量に漁獲したり、産卵場や産卵期間の保全はなされず、私達から見てもずさんな管理と感じてしまいます。 マグロ資源は地域漁業管理機関でしっかりと管理し増やしながら有効利用していくんだという事を、国内の関係者にもう一度考えてもらいたいと思います 汗

大西洋会議の中でのこういう議論は、関係ないと思われた方も中にはいたかもしれませんが、日本の国際的な発言力を維持し、国益を最大化するためにも、片手落ちの管理は見過ごすことはできませんね。 ダブルスタンダードといわれないように、これからもしっかりとこの問題に取り組んでいこうと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:11

2017年06月16日

かつお一本釣り船が今季初入港


20年連続で生鮮かつお水揚げ量日本一を続ける気仙沼港に、待望の一本釣り漁船が今季初入港となって生鮮かつお18.5トンの水揚げでした。 今年の一番船は三重県志摩市の第27源吉丸さん クラッカー

水温の関係もあって、かつお一本釣り漁船が使用する活きイワシが気仙沼付近で調達できないことなどにより、昨年よりも8日ほど遅い初水揚げとなったけれど、ようやく一本釣り船が入港しましたね 音符

各船のなかで一番目の入港船を祝し、気仙沼市長や気仙沼漁協組合長などによる歓迎のセレモニーがおこなわれ、日本酒やTシャツ、南三陸米を27源吉丸の船頭さんに贈呈。 テレビカメラや新聞社の取材陣もたくさん囲んだなかで、漁艙から手渡しでぴかぴか輝くような新鮮なカツオの水揚げ開始です camera


27源吉丸さんに続き、きょうは78福徳丸さんが22トンのカツオを持っての入港。 餌のカタクチイワシの来遊はまだみたいだけれども、「買いまわし」と呼ばれる買い付けした餌の供給が開始された模様 船

本格的な餌の供給はもう少し先かもしれないけれど、1番船、2番船の入港・水揚げで、今年のカツオシーズンがようやくスタートを切った感じがしますね。 勝倉漁業の関係船の入港も期待しましょう icon14

このところカツオ主体の漁模様でしたが、沖合の様子を聞けばまた「びんちょう」の漁が出てきたという事なので、週明けの水揚げには気仙沼に舳先を向ける船も出てくるかもしれませんね 親指

昨年秋の操業切上げから半年以上ぶりの船頭さんや乗組員の皆さんとの再会がもうすぐ。 あとは時間の問題かと思うので、受け入れ準備をしっかりとして、入港の連絡を待つことにしたいと思います tel01

やはり気仙沼はカツオの水揚げがあると、港や街全体が盛り上がっていきますよね。 21年連続日本一に向けて、今年はまた新たなステージへのチャレンジする年。 各船が安航で大漁でありますように face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:07