宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年03月27日

木戸浦造船での船底チェック


遠洋まぐろ漁から気仙沼に帰港した勝倉漁業の123勝栄丸が木戸浦造船にドック入りとなって、会社スタッフとともに船底の状態などの確認のため造船所にでかけてきました タイ

木戸浦造船さんは気仙沼湾の大浦地区にあり、勝倉漁業そして魚市場から見るとちょうど対岸に位置しています。 並びには吉田造船、澤田造船、小鯖造船、宮城県造船などがずらりと icon12

数年後には現在計画進行中の新しい造船団地に移って、みらい造船という新しい組織のもとでこれからの気仙沼の造船業を支えてくれることになっています。 この場所でドックするのもあと何年かですね 花丸


木戸浦造船に到着するともうすでに高所作業用の足場が船体の周囲に出来上がっていて、早々に塗装業者によるタッチアップが開始されていて。 船首側から船尾まで船底を含めチェックしていきます camera

船体防蝕のためのアルミ板を一つ一つ取り外す作業。 このアルミ板が減っているということは、船体保護の防蝕効果がしっかりと働いているっていうこと。 航海期間からすれば最適の減り具合でしょうね 船

そして船尾のプロペラや舵板まわりのチェック。 マグロ延縄漁に使用する枝縄などが絡み合っているのがよく分かります。 マグロとの格闘の跡がこうしたところにも表れている。 っていう事ですね 親指

ここ数日間は天候にも恵まれたので、予定通りに上架工事が終わるんじゃないかなあと思います。 工事業者の皆さん、安全には十分注意さし、抜かりなくしっかりとした作業を宜しくお願いします。 88勝栄丸の出港に向けての積込作業と並行して行われている、123勝栄丸のドックからのレポートでした face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:13

2017年03月26日

88勝栄丸の餌積み作業


先月気仙沼に帰港した勝倉漁業の第88勝栄丸が、ドックでの船体整備などを終え出漁に向けての積込作業の開始となりました。 ちょっと風が強くて寒さ厳しい中での岸壁でのお仕事です 雪

気仙沼のコの字岸壁に横付けした本船。 燃料油を積込むバージ船が到着し、機関場の船員が総出での油積み。 陸上側からはエンジンなどに供給される潤滑油が積み込まれます 親指

そして漁具や資材などを満載したトラックが本船横に。 会社のスタッフと乗組員が一列に並んで手渡しでの積込作業。 見る見る間に作業甲板上が段ボールの荷物でいっぱいになりました icon12



漁具や資材などの積込みが終わるとこんどは冷凍品の積込みが。 クレーンが到着してのスタンバイ。 漁艙内での作業をしてくれるお手伝いのステベの皆さん。 いつもお世話様です ちからこぶ

保冷トラックで輸送された大量の冷凍餌がパレットの上に積まれ、フォークリフトで種類ごとに並べられます。 合計100トンもの冷凍餌がものの4時間ほどの作業で漁艙内にきっちりと積込完了 船

さすがは気仙沼の業者の皆さんは仕事が早いですねえ。 年度末を迎えいろんな仕事が入って、しっかりと立ち会うことが出来ませんでしたが、みんながフォローしてくれるんですごくありがたい 花丸

燃料油、冷凍餌、食料、漁具や資材などなど。 数日間の積込作業が無事終わりました。 あとは週明けの出港を待つのみ。 3月27日11時の出港予定なので、関係者の皆さん宜しくお願い致します マイク

88勝栄丸の船体整備、そして各仕込品の積込みなどにあたった取引先業者の皆さま。 今回も本当にお世話様でした。 おかげさまでほぼ予定通りに出港できそう。 出港日和に恵まれますように face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:24

2017年03月25日

気仙沼帆布の「ギャラリー縁」さん


3月下旬の年度末となって、連日大忙しの勝倉漁業です。 ちょっとした記念品を探しに、気仙沼帆布のギャラリー「縁」さんに先日おじゃましてきました。 オリジナルデザインの素敵な商品がいっぱい 花丸

ギャラリー「縁」を運営するGANBAARE(ガンバーレ)さんは、帆前掛け製品のシート制作や縫製制作の技術を持った職人の皆さんが気仙沼の復興を信じて集まり、小さな工房からはじまった会社。 今ではネットショップを構えるまでになりましたが、GANBAAREのシゴトはこの「気仙沼帆布事業」がスタート 親指

気仙沼の観光キャラクター「ほやボーヤ」をデザインした商品や、気仙沼の魚「かつお」、サンマ、カモメや船をモチーフにしたものなど、小さな小物から大き目のバックまでたくさん揃っていました 音符



どの商品にしようかなといろいろとお話ししながら品定め。 聞けば独自デザインで作ってくれるという事なので、こちらの希望や想いなどをお伝えし提案してもらう事に 船

近いうちに仕上がってくると思うので、いまからとても楽しみですね。 以前に頂戴した気仙沼観光タクシーさんのオリジナルトートバックがとても素敵なデザインでかつ使いやすく愛用しているんです icon12

勝倉漁業の記念品も、皆さんから長く愛用して頂けるものになればいいなあと思いますね。 自分が頂いてすごくうれしいものを差し上げるっていうのが基本。 どんなデザインに仕上がってくるんでしょう icon14

GANBAARE株式会社 ギャラリー縁のホームページはこちら → https://www.ganbaare.jp/
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:55

2017年03月24日

123勝栄丸が木戸浦造船に上架


もうすぐ4月になろうというのに、朝方の冷え込みはまだとても厳しい気仙沼です。 先日インド洋でのマグロ漁から気仙沼に帰港した勝倉漁業の第123勝栄丸の上架工事開始の日を迎えました クラッカー

早朝5時半。 干満の関係で88勝栄丸に引き続き、朝早くのドック入りとなった本船。 集合時間に合わせて乗組員や会社のスタッフたちが船に集まってきます。 皆さん朝早くから本当にご苦労様です 船

上架する木戸浦造船の工員たちをのせたボートが到着。 作業着・ヘルメット姿で本船に乗り移りスタンバイ完了。 もやい綱がレッコされ、アンカーチェーンを巻き上げながらゆっくりと離岸。 この時間になってようやく太陽がのぼり始め、時折小雪もちらつくような寒さの中で、ボートに曳航されての上架でした 雪

88勝栄丸が上架していた場所と同じ木戸浦造船の3番船台。 すでに本船用の船台が用意され、海中ではダイバーによる確認作業。 造船所の会長さんの指示の下で、スムーズに上架が進みます マイク

安全を確認しながらゆっくりと陸上にせりあがってくる船体。 カメラを片手に船底外板をチェックして。 下から見上げるとマグロ船の大きさは相当なもの、すごい迫力でせまってきます camera

作業員による船体の清水洗浄がおこなわれ、水しぶきを避けながら船体まわりを船尾まで確認していきます。 前回上架してから期間が短い事もありますが、最新の船底塗料の性能がいいのか、貝や藻の付着もなく、防汚性能がしっかりと発揮されている結果でホッと一安心 花丸

これから数日間のペンドック期間中は、事故や怪我なく作業され、天候にも恵まれますように。 関係業者の皆さん、今回もお世話になります。 しっかりとした施工の程どうぞ宜しくお願い致します タイ

88勝栄丸に続いての123勝栄丸のドック入り。 小雪の降る寒さの中、皆さんお疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:42

2017年03月23日

88勝栄丸が木戸浦造船から下架に


インド洋のマグロ漁期が近づいてきて、気仙沼港からも漁場に向けて出漁する船が続いています。 今週も気仙沼の岸壁では、餌積みや漁具資材、燃料油などの積込みがピークを迎えています クラッカー

そんな中、木戸浦造船にようやく上架してのドック工事をおこなっていた勝倉漁業の第88勝栄丸が下架の日を迎え、塗装工事などの最終確認などのため造船所に行ってきました camera

ちょうどお彼岸となった先週末。 巷では3連休にもかかわらず、上架工事の遅れによって連休返上での上架作業をお願いして、天候にも恵まれて急ピッチで作業が進み、予定より2日も早い下架となりました 花丸

船体の周囲に巡らした高所作業用の足場。 外板の確認のために足場の上部まで登って。 高所恐怖症を意識しないように、手すりにつかまりながらのヨチヨチ歩き。 工事担当者とともに見て回ります 船

防蝕の亜鉛板が取り付けられて、作業用の足場が撤去されると下架のスタンバイ完了。 乗組員と作業員が乗船して、徐々に海に戻される本船。 特に塗装業者の皆さんには本当にお世話様でした 親指

午前中に出港したマグロ船が1隻。 その空いた岸壁に横付けです。 これから燃料油や潤滑油の積込が行われ、海上試運転のあとで手配済みの冷凍餌や漁具・資材などの積込みが行われます タイ

週明けの出港に向けて連日予定が組まれているので、関係業者との連携をとりながら作業を進めていきたいと思います。 会社のスタッフの皆さんも、しっかりとした対応宜しくお願いしますよ! face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:50

2017年03月22日

祝! 第5八幡丸出港


年明けの1月から2月にかけてインド洋の漁場から気仙沼に帰港した気仙沼のマグロ漁船団。 毎年ほとんど同じようなサイクルで運行されています。 その出港が3月下旬から4月にかけて 音符

先日気仙沼を出港した宮古の88清福丸さんに続き、気仙沼の八幡水産が運航する第5八幡丸が出港日を迎えたので見送りに行ってきました。 第5八幡丸さんは震災で被災したマグロ船の代船として新潟造船で2012年に建造されたマグロ船。 勝倉漁業の123勝栄丸とはほぼ同型の船なんです 花丸

新船建造時にも造船所で見学させて頂いて、気仙沼での新船披露をおこなったのがつい先日のようにも思えますが、もう5年が経つんですね。 八幡丸の船頭さんには漁場で大変お世話になっています タイ


朝からのあいにくの雨模様にもかかわらず、コの字岸壁にはたくさんのご家族の方々や関係者の姿が。 いま帰港中各船の船頭さん方もたくさんお見えになっていました。 沖の漁場ではライバルであり同士であり、陸に来れば日頃の苦労を分かち合えるすごくいい関係の皆さんですね 船

気仙沼つばき会が用意した大漁小旗を手に、色鮮やかな紙テープが引かれると出港スタンバイ完了。 船長さんの挨拶を合図にもやい綱がレッコされ、作業艇に引かれてゆっくりと岸壁を離れる本船 camera

第5八幡丸さんの今航海も大漁で安航でありますようにご祈念申し上げます。 そして、漁場におきましては勝栄丸各船をどうぞ宜しくお願い致します。 気をつけていってらっしゃ~い! クラッカー

3月下旬になりましたが、春のように暖かい日だと思えば、防寒着を着込んでも寒いくらいの気候にもなって。 三寒四温で徐々に春に近づいていくんでしょうね。 今週来週もマグロ船の出港が続きます face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:30

2017年03月21日

港町岸壁にシフト完了


インド洋でのマグロ漁を終え帰港した勝倉漁業の第123勝栄丸。 清水でのマグロの水揚げを終え気仙沼に廻航、そして気仙沼港での母港水揚げや資材などの片づけのあと、港町岸壁にシフトです 花丸

春を感じさせるような日差しの下で、すごくいい天気ながらも風がまだ冷たい朝。 花粉がだいぶ飛散しているのか、急に花粉症気味になった私にはちょっと厳しい環境かな。 鼻水が止まりません 雪

魚市場南側岸壁を離れた本船は、港町のカメイ前に移動。 造船所の作業艇などに補助してもらっての接岸作業。 両側の明神丸さん、大功丸さんともに新造船なので、傷つけないようにと気を配ります icon12

アンカーがレッコされ、ゆっくりと後進で岸壁に。 両側の船でもフェンダーをあてがって、船首と船尾とブリッジとがそれぞれ連携しあって、スムーズにシフトすることが出来ました 親指

船を移動する時にはいつも緊張しますね。 乗組員の皆さん朝早くからの作業ほんとうにお疲れさまでした。 お手伝い頂いた取引先の皆さんも、いつもお世話様です。 無事シフト完了でホッとしました 船

いま木戸浦造船にドック中の88勝栄丸に続き、本船が上架する予定。 市内の造船所はどこも修繕船の予定が次々と入っているから、しっかりとした工程管理のもとで、予定通りに進められることを願います タイ

念のため、もやい綱を両舷3本づつとって、完璧に固定。 あと数日後の上架まではこのまま待機の本船です。 年度末になってきたから、何かと忙しいこの頃ですが、しっかりと対応していきたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:20

2017年03月20日

祝! 第88清福丸出港


3月といえば、気仙沼港からインド洋への出漁がピークを迎えます。 気仙沼に戻ってきたマグロ船が、ドックでの整備を終えて出漁に向け餌や漁具食料品など、たくさんの資材の積込みが行われるんです 船

なので今は湾内の岸壁はまぐろ船でぎっしり。 改めて見回すと、新造船の多いこと。 123勝栄丸をはじめ、清福丸さん、福徳丸さん、明神丸さん、八幡丸さん、豊進丸さん、大功丸さんなど。 これだけの新しいマグロ船が一度にみられる港っていうのも、気仙沼港ならではの光景ではないでしょうか 花丸

その中でトップを切るように、88清福丸さんが出港の日を迎え見送りに行ってきました。 清福丸各船の船頭さん方には、沖合での操業で大変お世話になっています。 出港日和の大安吉日の晴天でした クラッカー


コの字岸壁に到着すると、すでに船首と船尾に大漁旗を掲揚した88清福丸さんの勇姿が。 取引先関係者の方々や乗組員のご家族の皆さんなど、たくさんの見送り人で賑わっていました 音符

さっそく船頭さんや社長さん、専務さんにご挨拶。 そしてすでに恒例となった気仙沼つばき会による出船送り。 カラフルな大漁小旗が配られて、彩とりどりの紙テープが引かれると出港準備が完了 camera

甲板上での出港を祝う乾杯の儀式のあと、もやい綱がレッコされ静かに岸壁を離れる本船。 88清福丸さんの大漁・安航を祈りながら皆さんともに出港を見送りました。 気をつけていってらっしゃい! タイ

21日には第5八幡丸さんが、そして25日には68清福丸さんと88福徳丸さんの出港が予定されているそうです。 インド洋操業各船の今シーズンが始まりましたね。 今年はいい漁に恵まれますように face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:32

2017年03月19日

勝栄丸乗組員とマグロ丼ランチ


いま気仙沼に2隻の勝栄丸が帰港中。 マグロ漁で使用した漁具の後片付けや漁艙などの清掃、そして修理箇所の打合せなど、早くも次の航海を見据えての動き。 事務所スタッフも一日中現場対応です ちからこぶ

連休を迎える前に、乗組員のみんなとランチにでも行こうという事になって、気仙沼魚市場に隣接している商業施設「海の市」の北かつまぐろ屋にでかけてきました。 もちろんお目当ては「親方おまかせ丼」 食事

メバチマグロの中トロ、赤身、ヅケ、トロビンチョウ、特製ネギトロ、今が旬のしらすの釜揚げにホタテのお刺身まで。 全部で7種類ものったちょっと豪華なマグロ丼です。 美味しそうでしょう! 音符

お昼時とあって、次々とお客さんが来店。 半分以上の方がおまかせ丼を注文していますね。 ちょっとお高くてもせっかく食べるならお店お勧めのプチ豪華なランチを求めるのは皆さん一緒なんですよね 船

近いうちに先日母港水揚げした123勝栄丸のメバチマグロなどもマグロ丼として提供されるって事なので、いまからすごく楽しみです。 昨年水揚げしたメバチマグロも品質が良くって大好評でしたから 花丸

気仙沼のマグロ船が世界の海で活躍し、その漁獲物を気仙沼港で水揚げして、マグロ料理として直接お客さんにお届けする。 完璧なトレーサビリティー。 まさに安全安心な水産物の流通の形だと思います タイ

これからも自信をもってお勧めできるマグロ類を気仙沼港で水揚げして、さまざまな形で市民の皆さんにお届けしていきたいですね。 北かつまぐろ屋をこれからもご贔屓の程どうぞ宜しくお願いします クラッカー

さあ、北かつまぐろ屋での美味しいマグロ丼ランチを頂いて、午後の仕事に向かいましょうか face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:39

2017年03月18日

88勝栄丸が木戸浦造船に上架


新たな航海への船出を前に、88勝栄丸の上架の日を迎えました。 気仙沼市内の造船所は新造船や修繕の船でどこも大忙し。 いつもお世話になっている木戸浦造船さんに今回も上架することに タイ

当初は2月20日の工事開始予定だったけれど、造船所からの依頼によって3月に順延となって、そのあともたびたびの予定変更により、遅れに遅れて延びに延びてのドック入りでした icon08

干満の関係で上架開始が早朝の5時半と、これまでにないほど早い時間帯での上架作業。 本船の主な乗組員にも早朝からスタンバイしてもらって。 造船所の作業艇とともに工員の方々が乗船し準備完了。 もやい綱がレッコされ、アンカーチェーンを徐々に巻きながら岸壁を離れる本船です 船



早朝の時間帯という事もあって、まだまだ気温が低く、船のデッキ上が薄く凍っている箇所もあって、危うく転びそうになりながら本船の作業を見守ります。 もちろん写真撮影も重要な任務ですね camera

気仙沼の港町・コの字の仕込み岸壁はどこも出漁準備のまぐろ船でいっぱい。 各船から一足遅れてのドック入り。 本船の出港予定も差し迫っているから、順調に作業が行われることを願うばかり マイク

約2時間後の朝8時頃に上架完了となって。 船底や船尾まわりを入念にチェック。 ペンキ塗膜の状態もすごく良好で一安心。 船体清水洗浄に続いて、足場の設置に取りかかっていました icon12

塗装業者の方々には連休返上での作業を強いることになってしまい大変申し訳ありませんが、出港も直前に迫っている事もあり、予定通りに行程が進むようご協力の程どうぞ宜しくお願い致します face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:30