宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年07月22日

安市丸さんが気仙沼に今季初水揚げ


梅雨寒のどんより曇って時折小雨が降る週明けの気仙沼港です。 7月も下旬となって、気仙沼をメインに入港する一本釣り漁船や旋網船が多くなってきました。 本格的に気仙沼へのシフトですね 花丸

6月まではがらんとしていた魚市場の岸壁が、船の付け所が見つからないくらいにたくさんの漁船で混み合ってきて、ほんとようやく気仙沼の夏漁の開始といったところ。 今後の好漁に期待したいです icon12

先週は高知県の佐賀明神丸船団が順次気仙沼に今季初入港をし、びんちょうやカツオを水揚げしていただきました。 びんちょうが超高値水準での値動きなので、各船ともにまとまった金額の水揚げになってきて、水揚げを行う乗組員もみないい表情になっていますね。 この調子で頑張ってほしいです 親指



そして日曜開市あけの月曜日、きょうは三重県の安市丸さんが今季初めて気仙沼に入港し、カツオやびんちょうなどを水揚げしていただきました。 午前3時頃に入港し、水揚げ順を待っての開始です クラッカー

勝倉漁業の市場担当からの連絡通り、午前7時頃に開始となった安市丸さんの水揚げ。 これまでの前半戦の釣果や、現在の漁場の動き、漁獲内容や水揚げの段取りなどについて船頭さんと打合せ 船

漁艙からバケツリレー方式で一本づつ水揚げされてくるカツオやびんちょう、小型のメバチマグロや黄肌などを、ベルトコンベアーの横に準備した氷水をはったブルータンクに選別しながら投入していきます camera

早朝からスタンバイして約2時間ほどで安市丸さんの水揚げが終了し、気仙沼に今季初入港という事もあって出港は明日の朝ということになり係船場所に移動。 今日一日ゆっくりと休んで頂いてまた明日からの鋭気を養ってほしいと思います。 これまでの前半戦の操業、ほんとうにお疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:18

2019年07月21日

83佐賀明神丸が気仙沼に今季初水揚げ!


ここにきて一本釣り漁船や旋網船による生鮮かつおやびんちょうなどの水揚げが本格化してきた気仙沼港です。 盛漁期の7月は毎年、日曜日を開市にしての入港船対応なので本日も魚市場へ 音符

例年より約1ヶ月遅れで始まった気仙沼でのカツオの水揚げ。 一本釣り漁船はびんちょう中心で旋網船はカツオの新口と、はっきりと漁獲の内容が分かれています。 今年は缶詰原料として供給されるびんちょうが品薄のため高値で推移していて、カツオ船にとっては水揚げ金額をのばす絶好のチャンス 船

そのびんちょうを満載して、第83佐賀明神丸さんが今季初めて入港して水揚げをおこなって頂きました。 久しぶりにお会いする船頭さんや乗組員の皆さんもみな変わりなく元気そうでなによりです 花丸



昨晩21時に気仙沼魚市場に到着した83佐賀明神丸さん。 今季初入港を出迎えるために薄暗い魚市場に行くと、取引先関係者の皆さんも遅い時間にもかかわらず出迎えにきてくれていました 親指

そして今朝は5時から水揚げの開始。 10㎏前後のサイズの脂ののったびんちょうを一度に3カ所の漁艙からバケツリレー方式でベルトコンベアーへと。 一時間に20トン以上のペースですすみます camera

船頭さんも作業用の合羽を着て水揚の列に加わって。 びんちょう、カツオ、小型のメバチマグロや黄肌マグロなどが次々と揚がってくるので、陸上側の選別作業員も水しぶきをかぶりながら必死です icon12

今回は約一週間の航海だったそうですが、2000万円近い水揚げとなって良かったですね。 数ある生鮮かつお一本釣り漁船のなかで毎年コンスタントに上位の水揚げを記録し、今年もトップ争いをする83佐賀明神丸さんです。 今年もどうぞ宜しくお願い致します。 航海安全と大漁をお祈りいたします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:26

2019年07月20日

旋網船によるイワシの水揚げを視察


遅れに遅れた気仙沼のカツオ船の水揚げもここにきて本格的にシーズンインとなって、カツオやびんちょうなどが連日たくさん水揚げされるようになってきました。 私も毎朝、魚市場に出勤です 船

今年はこれまでまとまった数量のびんちょうが水揚げされなかったから、ツナ缶用の加工原料としてのびんちょうが品薄状態となっていて、気仙沼での入札価格も1㎏あたり550円超という高値で推移 親指

比較的近場での巻き網船による新口のカツオ、そして沖合での一本釣り漁船によるびんちょう漁と、それぞれの漁場で奮闘する各船団。 超高値圏のびんちょうなので、一本釣り漁船にとっては千載一遇のチャンス。 関係船の大漁を期待して気仙沼港で待ちたいと思います。 がんばって下さい! 花丸


旋網船による生鮮かつおの漁獲・水揚げと並んで、このところ連日のように水揚げされているのが小型のイワシ。 小羽って言うんでしょうか。 まぐろ船の餌に使えるサイズがどれくらい混じっているのか興味津々で水揚げ現場に足を運んできました。 水揚げ現場にはたくさんの海鳥が舞ってました 音符

一隻あたり約100トン水準での漁獲が続き、予想していたよりもひと回りふた回りも小さいサイズだったので、このサイズ感じゃ私たちが求めている製品向けじゃないなあと思いながら皆さんと意見交換 タイ

聞けば、気仙沼での入札価格のほうがライバルの石巻魚市場よりもかなり高い相場をつけているから、高値を期待してこうして毎日入船があるんですよね。 これまでの不振を挽回すべく、いま気仙沼の底ぢからを見せる時。 カツオ・びんちょうと合わせて、青物の水揚げにも大いに期待したいと思います icon14

新市場棟を使っておこなわれている巻き網船によるイワシの水揚げ。 衛生的な建屋内ではイワシのサンプルが提示され入札がおこなわれています。 まぐろ漁の餌としては小さいサイズではあるけれど、食べるにはいい感じかも。 イワシを七輪で焼いて食べたらさぞ美味しいんでしょうね。 続く事を期待です face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:52

2019年07月19日

新富寿しでお客様との懇親会


各海域から気仙沼に帰ってきて、それぞれの航海スケジュールに合わせての休暇をとっていた勝栄丸の乗組員も、今月中旬までには各漁場に出港となって、新たな航海・マグロ漁の開始となりました クラッカー

新船の第127勝栄丸は一路経由地のパナマに向けて、新たに採用したウェザールーティングシステムをフル活用しての沖出し中で、ほぼ予定通りの航行を続けています。 そして第123勝栄丸はインド洋漁場に向け中で、第1勝栄丸は中部大西洋でのマグロ漁がまもなく開始となるところとなっています 花丸

そして気仙沼港では佐賀明神丸船団が入港しはじめて、勝倉漁業にとっての今季のかつおシーズンがようやく幕を開けました。 各船ともに安全な航海で大漁でありますように心よりお祈りいたします タイ



そんな今週、東京からのお客様をお迎えして、気仙沼の仲間が集合しての懇親会が行われました。 懇親会がおこなわれたのは東新城の「新富寿し」さん。 いつもいつもお世話になっています 音符

私たちの懇親会のために新富寿しさんが用意してくれてたのは、今が旬のカツオそして大西洋・ナミビア沖の冷凍メバチマグロなどのお刺身。 ちょうどいい脂ののり具合が最高に美味しいお刺身でした 食事

夏場に旬を迎える気仙沼のホヤも最高に美味い。 はじめてホヤを食べたっていうお客さまにも大好評。 やっぱ気仙沼の海の幸は最高ですね。 そしてメインはと言えば、これまた絶品の「メカジキのハーモニカの水炊き」。 脂ののったメカジキをレモンの酸味があっさりと食べさせてくれる渾身の一品 親指

〆には水炊きのスープをそーめんにかけて頂いて。 気仙沼の地酒と共に新富寿司しさんのお料理で最高のおもてなしができました。 また機会がありましたらこのメンバーで新富寿しに行きたいです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:55

2019年07月18日

佐賀明神丸が気仙沼に今季初入港!


今月、第127勝栄丸 第123勝栄丸 第1勝栄丸と三隻の社船を大西洋とインド洋の漁場へと送り出し、会社スタッフともどもホッと一息ついた今週。 こんどは一気にカツオの水揚げで賑わってきました クラッカー

例年より大幅に遅れた気仙沼港での生鮮かつおの水揚げ。 うちの問屋部門もこれまでまったく入船・水揚げがなく、今年のかつおの水揚げはどうなってしまうんだろうとすごく心配していたところ 汗

カツオの北上が遅れて、例年に比べて漁獲が少ない前半戦だったから、カツオ船団の各船もみなたいへんなシーズンになっていたのではないかと思います。 それがここにきて、巻き網船がカツオを巻きはじめ、一本釣り漁船もカツオやびんちょうの漁が好調になりつつあるので、これからに期待したいですね 花丸




今季の勝倉漁業の問屋部門の先頭をきって入港していただいたのは、高知県黒潮町の第11佐賀明神丸さんと第88佐賀明神丸さん。 88佐賀明神丸さんは今年初めに完成した新造船なんです 船

昨年までの123佐賀明神丸から新船の88佐賀明神丸に乗り移り、今季のかつお漁をおこなっている森下船頭をはじめとする乗組員の皆さん、そして11佐賀明神丸の船頭さんや乗組員の皆さんもみな変わらず元気な様子に、今季のかつお漁のスタートを実感しました。 今年もどうぞ宜しくお願い致します タイ

これまでの漁場から徐々に北上した群れを追って、近場の漁場から沖合の漁場まで広く情報を集めながらカツオやびんちょうを狙う各船の操業。 だんだん調子が上がってきたと船頭さんがおっしゃっていたように、気仙沼港としてもこれからの巻き返しに必死に頑張っていかなければなりませんね 親指

気仙沼港の関係者の皆さまのご協力を頂いて、勝倉漁業としてのかつおシーズンにこれから突入していきます。 ようやく、ようやくカツオがきました! カツオの水揚げとともに気仙沼の夏がやってきます face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:31

2019年07月17日

出船送りのあとに「福建楼」さんへ


7月に入ってから、新船・127勝栄丸、123勝栄丸、第1勝栄丸と、インド洋と大西洋それぞれの漁場に向けて三隻の社船を送り出した勝倉漁業です。 関係者の皆さんほんとうにご苦労様でした 船

梅雨時期であったけれど、気仙沼でのドック整備や漁具・資材などの積込作業にも雨の影響がほとんどなくて、日程を調整しながらでしたが、関係者の皆さんに対応して頂きありがとうございました 花丸

太平洋航路を一路パナマに向けて沖出し航行している127勝栄丸からも各部異状なく順調ですとの報告を受けており、123勝栄丸もインドネシア・バリ島に向けて、省エネ航行に心がけて沖出し中。 第1勝栄丸からは漁場探索をしながらまもなく操業開始との連絡が入っています。 皆さんお疲れさまです! icon14


関係者の皆さんには、今航海も陸上からのサポートをお願いすることになりますが、引き続きどうぞ宜しくお願いしたいと思います。 各船の乗組員の皆さん、体に気を付けて頑張ってきてください タイ

気仙沼からの出港を見送って、新潟造船の営業担当者と「福建楼」さんにランチに行ってきました。 私は餃子セット、ご一緒の皆さんは海老チリソースや酢豚、回鍋肉セットなどめいめいそれぞれ 食事

前回行った時に海老チリを注文したら、「間違って酢豚を作っちゃいましたぁ」ってなったから、今回も何か面白いハプニングを期待したけれど注文通りに美味しいお料理がでてきてみんなで頂きました 音符

とってもリーズナブルなランチ価格の割には、本格的な中華が食べれて尚且つボリューム満点なのがいいですね。 最近は中華が食べたくなった時には「福建楼」に行こうっていうリクエストが多いかな。 やっぱ中華は大勢でわいわい賑やかにシェアしてっていうのがいいから、またみんなで食べに行きたいです face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:00

2019年07月16日

第1勝栄丸がLasPalmasを出港!


今月に入ってから、127勝栄丸と123勝栄丸の二隻が新たな航海へと船出した気仙沼。 一方、スペインの漁業基地ラスパルマスからも第1勝栄丸が大西洋漁場での新たな航海をスタートさせました クラッカー

4月下旬にカナリア諸島ラスパルマスに帰港して、日本から派遣したドックマスターやエンジニアとの打合せをおこない、港内作業を終えた乗組員が5月初めに帰国。 約2ヶ月超の休暇に入ってました いかり

ラスパルマスでは、現地ドックに上架しての船体・機器類の整備などをおこなって、日程的に余裕のある段階ですべての工事が終了となって、日本そしてインドネシアから現地に向け乗組員が空路移動して合流。 出漁に向けての準備をおこなったこの一週間を経ての出港となりました。 お疲れさまです 花丸

海上試運転をおこなって係船岸壁から積込み岸壁へとシフト。 日々変わる燃料油価格について各社から見積りをとりながら日本サイドで価格を決定して発注。 残油数量を勘案して積込数量を決定 タイ

あらかじめ冷凍コンテナ等で現地に輸送していた冷凍餌料を、予定した日程通りに積込みが完了。 燃料油の積込みも順調に終わって、乗組員それぞれの個人仕込品もすべて手配ついて出港体制に 船

現地代理店などの関係者の見送りを受けて、予定よりも1日遅れましたが無事出港となり、中部大西洋漁場に向けて各部異状なく順調に航行中との連絡がありました。 今回の滞在中もお世話さまでした 親指

本船を現地で見送ったドックマスターは帰国して気仙沼に戻ってきて、2か月以上も現地で本船の工事を監督して頂いて、本当にご苦労様でした。 次回またお世話になりますが宜しくお願いします icon12

第1勝栄丸は中部大西洋でのメバチマグロ漁を経て、10月には北東大西洋アイルランド沖のクロマグロに移ります。 安全航海に心がけ、事故や怪我なく、大漁に恵まれます事、会社スタッフ一同お祈りいたします。 来年は第1勝栄丸の勇姿を日本で見ることができそう。 来春までの操業頑張ってください face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:41

2019年07月15日

第123勝栄丸がインド洋へ出航!


南太平洋でのマグロ漁を終え5月末に気仙沼に帰港した勝倉漁業の第123勝栄丸。 約1ヶ月半の出漁準備期間を経て新たな航海への船出の日を迎えました。 曇り空ながら絶好の出港日和です クラッカー

梅雨時期で雨の予報もあったから、出港まで雨が降らずに天候がもってくれるといいなぁと思いつつ本船に到着すると、なんとか天気が持ちそうな感じですでに船首と船尾に大漁旗が掲揚してあって 花丸

出港前の岸壁にはたくさんの方々にお集まりいただいて本当に有難うございました。 ブリッジでの航海計器類や通信環境などの最終チェックも完了。 五十鈴神社の宮司さんによる航海安全と大漁を祈願する神事が船内でおこなわれ、塩と御神酒で船首から船尾までを清めて出港スタンバイが完了です 親指



甲板に乗組員が勢揃いし、取引先関係者の皆さんにもノンアルコールビール入りの紙コップをお渡しして乾杯に移ります。 本船・第123勝栄丸は早くも新船建造から7年目の航海となるんですね 船

新たな幹部船員を迎えての航海となりますが、船頭さんをはじめ乗組員の皆さんにはくれぐれも安全航海に気を付けて事故や怪我なく、皆が健康に仕事ができ、大漁に恵まれます事お祈りいたします タイ

出船送りに来て頂いたたくさんの方々に向けて、船頭さんからのマイクを使っての御礼挨拶。 満船での早期帰航となりますように応援よろしくお願いします。 船長さんの挨拶もかっこよかったですよ icon14

本船は気仙沼を出港すると一路経由地のインドネシア・バリ島ベノア港に向けて航行します。 真冬の南インド洋でのミナミマグロ漁から始まって、ジャワ沖でのメバチマグロ漁と操業が続いていきます。 船頭さんをはじめ乗組員の皆さんそして関係者の皆さんには、今航海も引き続きどうぞ宜しくお願いします face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:38

2019年07月14日

福幸酒場「おだづまっこ」での壮行会


インド洋漁場での新たな航海に向けて気仙沼で出漁準備を進めてきた123勝栄丸の出港日が近づいてきた週末。 社船から123勝栄丸に異動した船長さんを囲んでの壮行会がおこなわれました クラッカー

最初はこじんまりと少人数でと考えていたところが、だんだんと参加人数が増えていって、こんなにたくさんの方々にお集まりいただきました。 会場として選んだのは福幸酒場「おだづまっこ」です 花丸

昨年の11月に市内神山の新店舗に移転し、連日予約がいっぱいの人気店となっている「おだづまっこ」さん。 田中前の仮設店舗の時には何度となくおじゃましては、ランチや宴会に利用させて頂きました 音符

新店舗に移転してからはなかなかチャンスがなくって今回がはじめて。 「おだづまっこ」っていうのは気仙沼の方言で、とてもふざけちゃっている人ていう意味で、やんちゃな感じをイメージする言葉 icon12

そんな「おだづまっこ」に、勝栄丸を取り巻く「おだづまっこ」の面々が集合して、わいわい賑やかなとても楽しい壮行会のひと時でした。 気仙沼の地酒が何本も空いて、ついつい飲み過ぎちゃいました beer

今航海から123勝栄丸に乗船することになった船長には、くれぐれもお体に気を付けて、事故や怪我なく安全な航海で、まぐろ漁場で活躍されます事、心から期待して見守っていきたいと思います 船

第123勝栄丸の7次航海の出港は、本日7月14日午前11時、プラザ下のカメイ前の港町岸壁から出航いたします。 たくさんの皆さんのお見送りで、船長さんをはじめ乗組員を送り出して頂きたいです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:09

2019年07月13日

「ミナトノトウヤ」で大人のお子様ランチ


南太平洋でのまぐろ漁から気仙沼に帰港して、新たな航海に向けての出漁準備を進めてきた勝倉漁業の第123勝栄丸。 昨日お伝えした冷凍餌料の積込作業で、大きな所の準備はすべて完了です クラッカー

今回は航海パターンをちょっと変更して臨む航海・チャレンジとなるので、船頭さんをはじめ乗組員の皆さんそして会社スタッフ、取引先各社の皆さんにはご協力の程どうぞ宜しくお願いしたいと思います タイ

みらい造船木戸浦工場での上架、船体や機器類の整備、作業岸壁に移動しての燃料油や潤滑油の積込み、漁具・資材や冷凍餌料、乾物食料や冷凍食品などの積込がほぼ終了でひと段落つきました 親指

岸壁での作業が順調にすすんだお昼時、123勝栄丸の船頭さんとランチに行きましょうっていう事で、内湾に新しくできた観光施設一階の「ミナトノトウヤ」にいってきました。 とっても素敵なお店ですよね 花丸

ロースかつ定食やヒレカツ定食などもあるけれど、スペシャルランチセットに興味を惹かれて注文してみる事に。 お店スタッフに内容を聞いてみたら、ボリュームあるお子様ランチですよっていう説明! 食事

チキンカツが二枚、ハンバーグにナポリタンスパゲッティ、大盛りのサラダにご飯まで付いたワンプレート。 さすがにこのボリュームだと全部食べ切れないけど、どれもほんとうに美味しくて、ひさびさにお腹いっぱいになるまで食べてしまいました。 たまにはこういうボリューム満点ランチもいいでしょう camera

これから出港までのあいだ、乗組員個人の仕込品などを積込んだりする時間を確保しているので、みんなそれぞれに航海中に必要なものの買い出しなどに忙しい様子です。 さあ間もなく出港になります face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:08