宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年07月28日

シーフードショーの準備会合


全国の遠洋かつお・まぐろ漁業を営んでいる漁業経営者で組織する団体の「全国鰹鮪近代化促進協議会」通称:促進会の正副会長会議と運営委員会が東京の会場で行われ出席してきました クラッカー

数年前まで私が会長を務めていた団体で、いまは執行部を退いて相談役みたいな一会員となっていますが、来月行われる第19回ジャパンインターナショナルシーフードショーの打合せに参加要請を受けて タイ

日本かつお・まぐろ漁業協同組合のブースを、今年も促進会が企画・運営して進めていく事なっています。 ここ2年間はミナミマグロの解体ショーを実施し、多くの来場者の注目を集めたイベントでした 花丸

開催まで1ヶ月を切るこのタイミングでの会議。 今年のメイン企画はどうするか、現在の執行部を中心にした真剣な議論をかわす中で、私もこれまでの経験をふまえてのアドバイスっていうか提案をさせて頂きました。 会期中に数万人が来場するシーフードショーなので、こうした機会を通じて超低温冷凍・天然まぐろの良さ・美味しさをたくさんの皆さんにアピールしていきたいと思いますね 親指

そして今回のもう一つのテーマはずばり「資源管理」。 かつては大西洋クロマグロやミナミマグロなどでその資源水準が危ういものとなった事があり、それを契機に関係機関や関係国が協力しながら漁獲枠を大幅に削減したり管理方法を厳格化したりと努力してきた結果、資源状況は良好なものとなりました icon14

いま南太平洋のメバチマグロやカツオ資源、そして北太平洋クロマグロなど、資源的に危うい漁業種がある中で、私たちの経験をふまえいかにして増やしながら利用していくのかを真剣に考えなければなりません。 来場者向けのプレゼンテーションでは、そうした点についてうまく伝えられるか。 ブース内の展示内容や提供する飲食物なども含め、あと一か月の間に相当な準備をしていく必要があると思います 船

東京ビックサイトでの3日間には会場に張り付くことになるかと思いますが、促進会執行部・会員の皆さまそして日かつ職員の皆さんと共に、ブース運営が成功裏に終えるよう頑張っていきたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:35

2017年07月27日

第1勝栄丸が新体制で出発!


清水での冷凍マグロの水揚げ、そして羽田空港からの乗組員出発アテンドから気仙沼に戻って、気仙沼漁協の理事会に出席。 初めての会合なので、スケジュール調整をおこなっての出席でした タイ

報告事項や議案など。 約2時間にわたる理事会では様々な課題について活発な意見が交わされて。 新組合長のもと、これからしっかりと漁協運営をおこなっていかなければなりませんね。 気仙沼漁協の幹部の皆さんには、これからもいろいろとお世話になると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します 若葉

気仙沼漁協の理事会を終えるともう夕方に。 ちょうどこの日は第1勝栄丸の乗組員がスペインの漁業基地にむけ復船するということで、羽田空港から出発することになっていて。 なので、皆さんよりも一本遅れの新幹線で上京すべく一ノ関まで車を走らせます。 夏休みシーズンなので新幹線も混み気味です train_a01

前を走っている「やまびこ」での車両故障によって、上りの新幹線に遅れが生じ、前を行く乗組員たちをのせた新幹線は約1時間遅れ、私がのった新幹線は約30分遅れでの東京到着。 それでも余裕を持ったスケジュールで移動していたから、チェックインなどには問題なく間に合います 汗

浜松町からモノレールで羽田空港国際線ターミナルへ。 第7勝栄丸の乗組員のアテンドで数日前にきたばかり。 エールフランスのHカウンターに着くと、ちょうど乗組員がチェックイン手続き中でした 音符

時間に余裕があれば夕食でもご一緒したかったのですが、新幹線の遅れによってちょうどいい時間帯になってしまったから、船頭さんや乗組員の皆さんと握手を交わして、出発を見送りました 花丸

今航海、第1勝栄丸の船頭が交代し新体制での船出となります。 大西洋操業各船そして関係者の皆さまにはお世話になりますが、引き続きご支援とご協力の程どうぞ宜しくお願い致します。 来年春まで続くマグロ漁では、安航で大漁でありますように。 手を振り見送りながら、後ろ姿に祈りました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:27

2017年07月26日

萩田さんの天せいろ


冷凍マグロの水揚げ基地・静岡県清水港のグルメ情報をきのうに引き続きご紹介。 きょうは清水の老舗お蕎麦屋さん「萩田」さんです。 清水港の事務所から車で約10分ほどの比較的近い場所です 音符

冷蔵庫でのコンテナによるマグロの水揚げを終えて外に出るとムッとする暑さ。 外気温はゆうに30度を超すほどになっていて、あまり食欲もなかったから何かさっぱりとしたものがいいよねって 食事

いうことで、萩田さんのお蕎麦で意見一致。 お昼時とあってかすでに駐車場は満車状態で、少し待っての入店でした。 こう暑い日には皆さん考えることは一緒なんですね。 小上り席にご案内です 花丸


萩田さんでお気に入りはなんといっても天せいろ。 手打ちそばに海老天が二本付いて。 海苔は別盛という親切さ。 萩田さんのそばつゆはとっても美味いんです。 私のお気に入りのお蕎麦屋さんですね 親指

カラッと揚げたての香ばしい海老天をほおばりつつ、冷たいお蕎麦を頂く幸せ。 盛りの量もちょうどよくって、もう少しお腹が空いていたら「そばがき」なんかもいいんだけれど。 きょうは我慢しときましょう camera

夜も営業しているから、いつかお蕎麦をつまみにしながら日本酒もいいなって思うけど、なかなかそういうチャンスがなくっていつもお昼にだけ来ちゃいます。 パッと食べてサッと帰りましょうか 船

金の字さんのもつカレーに続き、萩田さんのお蕎麦のご紹介。 まぐろの水揚げ基地清水港の美味しい食べ物をこれからもいろいろと探って、勝栄丸ブログを通じて皆さんにもご紹介していきたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:36

2017年07月25日

金の字さんの「もつカレー」


遠洋まぐろ漁船の水揚げ基地清水港。 静岡県には拠点となる港が二つ、静岡市内を挟んで左右に焼津と清水という大きな港があって、どちらも港を中心に大きな冷蔵庫群が並んでいます 船

勝栄丸のまぐろの水揚げでたびたび訪れている清水港は、まぐろの街というだけあって新鮮で質のいいマグロが比較的リーズナブルで食べることが出来て。 勝栄丸ブログでもお伝えしてきましたよね 食事

その清水の町でもうひとつの有名なグルメって言えば、そう、「もつカレー」でしょう。 ご当地B級グルメでも有名になった清水もつカレーは、缶詰製品にもなっていて、コンビニや駅の売店などでもよく目にします。 カレーもつっていう人もいるけれど、どちらが本当なのかわかりません 音符



「もつカレー」っていうのは、モツの串焼きにカレーをかけたもの。 実はその発祥のお店が清水の「金の字」さんなんです。 初代の店主が戦時中の満州で一緒だった東京・精養軒のコックさんからカレーの作り方を教えてもらって、名古屋の土手煮を参考に考案したオリジナルメニューなんだそう 若葉

今では清水市内の居酒屋さんではどこでも食べることが出来る定番メニューになっているけれど、やはり金の字さんの「もつカレー」は一味違う。 7時にお店に行ったらカレーが切れたって言われて。。。 汗

女将さんにお願いして、小皿一杯分だけのカレールーを特別に出してもらって、もつ焼きや焼き鳥などを付けて一口。 絶妙な味っていうんでしょうか、他で食べるカレーとはちょっと違って串焼きに合う味っていうんでしょうか、金の字さんのもつカレーはやっぱ最高に美味いです。 まにあって良かった 親指

人気メニューなので7時くらいには品切れになってしまう場合が多いので、金の字さんのもつカレーを食べたいっていう人は、出来るだけ早くお店に行って迷わず大量に注文しちゃいましょう。 そして皿に残ったカレールーは下げてもらわずに食べきる事。 ビールによく合う清水港のB級グルメの紹介でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:46

2017年07月24日

第7勝栄丸乗組員が空路出発に


静岡県清水港での勝栄丸のまぐろの水揚げを予定通り終えて、東京に移動してきました。 宿泊先のホテルに向かう途中、上野駅前で行われていたお祭りに遭遇。 毎年行われている上野祭りだそうです クラッカー

これから東北各県を舞台に繰り広げられる夏祭り。 そのプレイベント的な感じなのかな。 盛岡のさんさ踊りや青森のねぶた踊り、秋田の竿灯などのパレードが延々と2時間くらい行われていました ハッピ

なかなかチャンスがなくって、そうしたお祭りに出かけたことがないから、こうした機会は貴重。 しばし時間を忘れて見学してしまいました。 太鼓や笛、大きな掛け声の踊り手。 すばらしいですね 花丸

先月初めに帰国した大西洋操業船の休暇も終わりを迎え、新たな航海に向け空路旅立つ日がやってきて、第7勝栄丸の船頭さんや乗組員の方々を見送るために羽田空港国際線ターミナルへ 飛行機

気仙沼や八戸、そして神戸と、各地から乗船している乗組員の皆さんが羽田空港に集まってきました。 大きなスーツケースには大西洋での洋上生活に必要な私物がぎっしりと。 リラックスした服装ながらも新たな航海に向かう緊張感も感じられて。 ほんとうに頼りになる船員さん方だと思います 船

エールフランスのカウンターでチェックイン。 羽田空港からフランス・パリへ、そしてスペイン・マドリードへ、国内線に乗り換えてグランカナリアまで。 待ち時間を含め30時間以上の長旅になりますね タイ

チェックインを済ませて飲食階へ。 羽田空港国際線ターミナルの飲食街は日本的なデザインがすごくいい雰囲気。 出発前に乗組員の皆さんとテーブルを囲んでビール片手に大漁願っての乾杯でした beer

さあ、第7勝栄丸の新たなマグロ漁が始まります。 現地で対応されるスタッフや取引先関係者の方々、大西洋操業各船の皆さま、今航海もどうぞ宜しくお願い致します。 行ってらっしゃ~い! face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:01

2017年07月23日

冷凍マグロ満載のコンテナ到着


勝栄丸の冷凍マグロの水揚げでまた出張してきた清水港です。 気仙沼とはまた一段気温が違っていて、まさに真夏本番といった日差しと空気。 夏祭りの看板がピッタリな感じになっていますね 晴れ

前日に末廣鮨のちらし寿司を食べながらの綿密な打ち合わせを終えて、午後の時間帯には取引先のマグロ商社との値段交渉でした。 いつもお世話になっている方々との商談です タイ

今回は本船や冷凍運搬船ではなくって、超低温冷凍コンテナを使っての搬入。 スペインの漁業基地LasPalmasの港内で転載したマグロ類を約一か月の時間をかけて清水港まで運んできました 船

第1勝栄丸と第7勝栄丸の2隻分のまぐろを満載した40フィートコンテナが5本。 いつもよりも開始時間を早くして、7時半からの水揚げ開始。 冷蔵庫に集合してはコンテナの到着を確認しました クラッカー



コンテナNo.とシールナンバーを勝倉漁業のスタッフが確認。 コンテナ会社からの書類通りの番号に間違いないことをチェックしてコンテナを開封です。 一気に冷気があたり一面に広がります camera

メバチマグロやキハダマグロそしてメカジキやビンチョウなど。 すでに航海を終了し休暇中の船員さん達が帰国前にLasPalmasで転載した積荷です。 作業員の手慣れた荷捌きでスムーズに入庫作業が進んでいきます。 冷凍マグロをパレットに入れる際のぶつかる音が冷蔵庫内に響き渡ります 音符

コンテナ一本当たり約45分ほどでの荷降ろし時間。 マグロの種類やサイズ別に仕分けし計量。 岸壁に比べると狭い空間での作業なので、事故や怪我に注意を払わなければなりませんね icon12

赤身価格の好相場にも恵まれた今回のマグロ水揚げです。 大西洋でのマグロ漁はこれからシーズンを迎えていくので、たくさんのマグロを獲ってまた清水港に搬入したいと思います。 荷受会社や取引先業者の皆さんなど、今回も本当にお世話になりました。 また次回もどうぞ宜しくお願い致します face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:53

2017年07月22日

末廣鮨のちらし寿司を頂いて


気仙沼も連日暑い日が続いているけれど、まだ梅雨が明けきっていない。 このところ連日カツオの水揚げが続いていて、ようやく本格化といった感じになってきて、21年連続日本一に向かってのお仕事です クラッカー

そんな気仙沼を離れて今週は遠洋まぐろ漁船の水揚基地・清水港などへの出張。 まだ朝晩は涼しい気仙沼とは違って、梅雨明けした清水はもう夏本番といった猛暑の空気で包まれていました 晴れ

冷凍マグロの水揚げの前に、清水の事務所での入念な打ち合わせ。 お昼に到着した私のためにお昼ご飯を準備して待っていた頂きました。 すごく気が利く対応でほんとに有難うございます camera

それも私のお気に入りの末廣鮨のちらし寿司。 末廣鮨っていえば、静岡県でも一二を争う有名店で高級なお寿司屋さん。 そのちらし寿司が超リーズナブルなお値段で味わえるんだから最高ですよね 食事

お店で食べれば相当のお値段が予想されるネタの数々が盛り付けられて、なんとなんと1000円という超破格値。 この価格は是非とも維持してもらいたいですよね。 今回のちらし寿司も大満足でした 親指

末廣鮨のちらし寿司を食べて、勝栄丸の冷凍マグロの値段交渉に向かいます。 いまマグロの赤身相場は高値安定の値動きなので、今回の値決め交渉も比較的スムーズに進む予感がしています 花丸

大西洋で操業する船頭さんや乗組員一人一人の顔を思い浮かべながら、値段の詰めを行っていく時間。 このちらし寿司がそのパワーを生み出してくれていますね。 美味しいちらし寿司、ご馳走さまでした icon14

マグロの値決め交渉が終われば、あとは水揚げを待つばかり。 今回はコンテナでの搬入なので、その水揚げは岸壁ではなくって冷蔵庫で行われます。 明日はその様子をレポートしたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 06:20

2017年07月21日

祝! 「〇安」さん復活開店


二カ月に一度、定期的に開催されている楽しい集まりがあります。 気仙沼の金融機関に集う若手経営者の会。 その会長を務めてもう3年目になるんです。 月日が経つのは早いものですね icon14

前回の5月の定例会は、東京への移動例会で、両国国技館で大相撲を観戦したり早朝からの築地市場の視察だったり、お寿司屋さんを予約しての朝食会だったりと、すごく充実した例会でしたね 音符

そして、京橋にある東京支店を表敬訪問では、新しくできたばかりのオフィスを突然訪れたりと。 たくさんの会員の皆さんにも参加いただいて、大好評のうちに終えることが出来ました 親指

そして今回の7月例会はといえば、再建したばかりの「割烹世界」さんでのお食事会。 本店の投資部門からの講師を招いての勉強会をかねて、グローバルな話題提供ですごく参考になりました 食事


そして二次会は。。。 これまた7月12日に開店したばかりの〇安さんへ。 南町で被災して、紫市場での仮営業を経て、今度のお店はいままでで一番立派なお店かと。 ほんとうにおめでとうございます クラッカー

講師の先生を交えての二次会では、気仙沼にはじめてこられたっていう事で、ミシュランガイドにも載っていないような、気仙沼グルメをってご案内。 〇安さんの焼き鳥の盛り合わせとビールで乾杯です beer

翌日は朝4時起きでの仕事が入っているから、早めに切り上げようかとも思っていたけれど、〇安さんに行ってスイッチが入って気が付けば午前様に近い時間。 遅くまでお付き合いいただきました camera

〇安さんの焼き鳥、湯豆腐、そしてタン焼きなどを一通り楽しんで、もうワンクールに入ろうっていうタイミングでお開きのサイン。 こんどは仙台の会場でご一緒したいですね。 今回の例会にもたくさんの会員の皆さんに参加していただきました。 次回はまた楽しい企画を考えていきたいと思います face02

講演を快く引き受けて頂いた講師の先生方には、お忙しいなか気仙沼までお越し頂いて貴重な講義をして頂き有難うございました。 また来年も別な角度からのお話しをお願いしたいですね タイ
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:35

2017年07月20日

「まるき」さんがミシュランガイド掲載に


インドネシアへの出張から気仙沼に戻って、通常の業務に忙殺されている今週。 気仙沼港での生鮮かつおの水揚げもここにきてようやく本格化してきてはいるけれど、沿岸の水温が上がらない事から一本釣り漁船向けの活きイワシの漁獲が思うように定置網に入らず、各船ともに餌の調達に苦労している模様 船

それでも巻き網船や竿釣り船が連日たくさんのカツオを水揚げして頂いて、昨日もサンプルのカツオを持ち帰っては旬のカツオを囲んでの夕食でした。 うっすらと脂がのってすごく美味しいカツオでした 花丸

気仙沼に戻っての仕事のあいまのランチタイム。 久しぶりに「まるき」さんのラーメンが食べたくなって、少し時間をずらしてお店に行ってみると、ちょっと遅めの時間帯にもかかわらず行列ができていて。 待つこと約15分くらい。 カウンター席に案内されてお気に入りの「煮干しそば」を注文です camera


先日「ミシュランガイド宮城2017特別版」が発表されて、気仙沼の飲食店や宿泊施設も掲載されました。 東京・京都・大阪・北海道などの特別版は発行されているけれど、東北エリアでは宮城が初めて クラッカー

なんとそのミシュランガイド宮城県版に気仙沼の「まるき」さんが掲載されたっていうんだから、すごいですね。 ほんとうにおめでとうございます。 こうしたメディアに取り上げられることによって、気仙沼に来る観光客が増えて、地方の経済が盛り上がっていけばいいなと思います タイ

まるきのおばさんにミシュランガイド掲載の経緯について聞いてみたところ、やはり身分を隠して一般客を装って食べに来たんだとか。 調査員だっていう事を全く気が付かなかったんですって 音符

後日調査員がお店を訪れ調査の経緯について明かされて、調査時に中華そばを食べたっていうのを知らされてびっくりしたそうですね。 気仙沼で掲載された17軒はすべて同様の調査を経たのでしょう 親指

「まるき」さんのミシュランガイド宮城県版への掲載は、私たちにとってもすごくうれしい事。 これを機に、もっともっと美味しいラーメンを追求していってほしいと思います。 おめでとうございました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:44

2017年07月19日

「KopiBari」でSotoAyam


今回のインドネシア出張では、ジャカルタそしてバリ島でのお仕事と、ここ数日間勝栄丸ブログの連載でお伝えしてきました。 まだまだ伝えたいけど、きょうはインドネシア出張最後の記事かな 船

インドネシアに来たら一度は必ず食べたいなあって思うものは、やっぱスープでしょう。 牛肉のスープやテールスープ、そして鶏肉のスープ・SotoAyamなど。 どれを食べても美味しいですよね 食事

ベノア港からほど近いサヌール地区のおなじみのお店「KopiBariサヌール店」におじゃましてのランチタイム。 コーヒーショップと言いながらも、お食事メニューが充実していて、なおかつ何を食べてもそこそこうまい。 今回の〆でも来ちゃいました。 まずはBintangビールでのどを潤して beer



朝からなんも食べずにお仕事をしていたので、お腹はペコペコ。 そこでSotoAyamに追加してインドネシアの焼き鳥Sateを注文。 独特の味がする濃厚なソースをつけて食べると最高なんです 親指

SateをつまみながらのBintanビール。 同行者もビール瓶を片手にご満悦の様子。 日本から一緒に出張した勝栄丸の船頭さんも、KopiBariのお料理に満足されたことでしょう 音符

スープと一緒にでてくるご飯「Nasi」の横には、唐辛子をすりつぶしたペースト状のものが付いていて、少しづつスープに溶かして食べるんですが、あまり入れ過ぎると猛烈に辛くなるから注意が必要 汗

私は食べ慣れているからミスすることはないけれど、初心者には説明が必要ですね 花丸

ジャカルタからバリ島まで、充実した仕事をこなすことが出来て、船員さんや関係者の皆さんには感謝です。 今回も本当にお世話になりました。 また次回もどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:52