宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2011年01月17日

NHK 生中継



NHK「生中継ふるさと一番」~船出待つカツオ一本釣り漁師~高知県黒潮町~

17日昼12時20分~43分に、高知県黒潮町のかつお一本釣り漁船・佐賀明神丸の出港準備の様子が生中継で紹介されました。

83佐賀明神丸の明神船長さんが案内役で、女優の奥山佳恵さんが旅人。インドネシア人漁業研修生の合宿の様子や、かつお一本釣りの訓練、そして高知のかつお料理などを紹介。

佐賀明神丸をとりまく皆さんのほのぼのした様子が伝わってくる心温まる番組でした。
かつおのたたきが食べたくなってきました。

NHK「生中継ふるさと一番」はここでチェック ↓
http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/20110117/001/21-1220.html
http://www.nhk.or.jp/furusato-blog/100/69814.html  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:07

2011年01月17日

蓄養マグロ規制強化



・・ICCAT規制拡大で水産庁が説明会・・

1月14日、蓄養関係業者を集め説明会を開催しました。

昨年11月の大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT) の結果を受けて、
地中海における蓄養クロマグロの管理強化に具体的な動きがありました。

1月17日付けの水産経済新聞記事はこちら ↓
https://www.sugarsync.com/pf/D267891_70_763571776
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:54

2011年01月17日

韓国産クロマグロ輸入抑制へ



韓国産の輸入抑制要請=太平洋クロマグロで―水産庁
時事通信 1月15日(土)14時34分配信

韓国による太平洋クロマグロの漁獲量の増加に歯止めをかけるため、水産庁が韓国産の取扱業者に対し、2011年の輸入量を昨年の水準より増やさないよう協力を要請することが15日、分かった。

韓国は漁獲量抑制に消極的だったが、幼魚の漁獲量を現状より拡大しない規制に同意。
水産庁は輸入国の責任として、国内の業者に購入量の増加を自粛してもらい、規制の実効性を担保したい考えだ。

大西洋・地中海クロマグロでは規制の遅れが国際取引の禁止を求める動きを招いた。
水産庁は、日本の巻き網船による幼魚の漁獲量も11年度から削減し、太平洋クロマグロの保護に万全を期す。

資源管理では、幼魚の捕り過ぎを抑え、大きく育ってから漁獲することが重要となる。
しかし、韓国では近年、巻き網船がヨコワと呼ばれる幼魚を済州島付近や日本海で捕獲し、対日輸出を積極化。そのほとんどが福岡市と山口県下関市の卸売市場を経て、日本で刺し身用の本マグロとして流通している。

水産庁は1月17〜18日、両市で卸売市場関係者や荷受・仲卸業者を対象に説明会を開き、協力を要請する。韓国産の輸入量は、10年1〜11月で幼魚を中心に978トンとなっており、1000トン程度が輸入量の目安となる見通し。

水産庁ホームページ:
「太平洋クロマグロの管理強化についての対応」について ↓
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kokusai/kanri_kyouka/index.html
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:29