宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2011年08月25日

気仙沼 さんま初水揚げ



気仙沼にさんま船が今シーズン初入港し水揚をおこないました。

水揚したのは気仙沼港を基地にしている石巻の第6安洋丸(199t)  ロシア海域で棒受け網漁法により漁獲した18トンのさんまを漁場から30時間かけて気仙沼港に届けてくれました。




この漁船は、大津波で気仙沼鹿折地区に打ち上げられていましたが、なんとか大型クレーンで吊り上げて海に戻すことができ、その後の復旧工事を経て今シーズンのさんま漁にまにあった船です。船体にはがんばれ気仙沼の横断幕も

震災直後からこの船の状況はTBS「朝ズバッ」でも大きく取り上げられ、司会のみのさんが気仙沼にきた時には、まだ陸に打ち上げられ斜めに傾いた甲板のうえでレポートしていたのを思い出します。


気仙沼港の冷凍施設の復旧のめどが立っていないため、水揚されるさんまは大船渡や南三陸町の工場に運ばれ処理されているようです。 初ものは平均単価740円とご祝儀相場の取引となりましたが、今後たくさんの水産物を受け入れるには市内の冷凍設備の回復が急務ですね。  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:20