宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2011年09月06日

冷凍能力回復にむけて

デンソーのみなさん

気仙沼魚市場のスタッフ


気仙沼の水産物の冷凍冷蔵設備の復旧が遅れているというお話しを、このブログを通じてお知らせしてきました。

少しずつ、使えそうな冷蔵庫を修復し、再稼動する動きも一部に見られつつありますが、まだまだ冷凍冷蔵庫の稼動は需要に追いつかず、一部再開にとどまっています。

建築制限の解除がいつになるのか、被災した土地の再利用の方針が決まらない中で、仮設の冷凍設備としてコンテナ等の無償供与の動きもありますが、まだまだ冷凍設備が必要な状態。

仮の冷凍・冷蔵設備としての冷凍コンテナの利用には、運転コストや騒音そして設置場所や電源の確保の問題のほか、一度に冷凍できる量が限られるという課題もあり、クリアーしなければならない条件が多いのが現実です。

今回はデンソーさんからのご提案。開発担当者の方が2名気仙沼に来られ、漁協の幹部スタッフをまじえての意見交換会をおこないました。

さすがデンソーさん。3兆円以上の売上高です。技術的にも世界トップレベルの企業なので、これからいろいろと協力しながら取り組めればいいなと思います。  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:31