宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2013年10月14日

アンカーチャイティー


気仙沼 田中前のアンカーコーヒーさんに行くといつも頼むもの。
「チャイ」
コーヒー屋さんなのは分かるんですが、ここのチャイが好きなんです。

そういえばチャイって紅茶をミルクで煮出したもの、というイメージでしたが調べてみると
「少量の水で紅茶を煮出し、大量のミルクを足して更に煮出し、大量の砂糖であらかじめ味付け(wiki)」
したものなんですね。ちょっと違ってました。

さらに
「植民地時代にインドで作られた紅茶のうち、良質のものは全てイギリスに送られ、インドの庶民には商品にならない紅茶の葉だけが残された事による。チャイの入れ方は、ダストティーと呼ばれる細かいほこりのような茶葉から作る紅茶を美味しく飲む方法として作られた。良い紅茶の葉でいれると、美味しいチャイを作る事はできない。あくまで低品質の紅茶で、ほこりのように細かくなっている物だけを使って煮出すことで美味しいチャイになる(wiki)」
ということで「あくまで低品質の」というのはあれとして、昔の人の知恵、試行錯誤はすごいなぁ、と関心させられました。
話は違いますが、キノコとか納豆とかホヤとかナマコとかを最初に食べようとした人、美味しく調理した人を尊敬します。



今後はドーナツとホットチャイでほっこりしに行きますね。
(知之)  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:21