宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2014年01月31日

ベノアでの出漁準備


インドネシア・ベノア港に入港中の遠洋まぐろ延縄漁船・第123勝栄丸。
つかの間の休養を終えて、岸壁では出港に向けての準備作業がすすめられています camera

乗組員総出で、たくさんの野菜や果物そしてインドネシアの食材などを積込んでいきます。 トラックからの積込みは人海戦術の手渡しで、みんな暑いなかほんとにご苦労様です 音符


もちろん、まぐろ延縄漁に使う餌も積込んでいきます。 ダンボールの魚箱に入った冷凍の餌を、この暑さで溶けてしまわないようになるべく早く片付けてしまわなければなりません。 まさに時間との勝負っていうところ。 それも真夏のバリ島ならではですね 晴れ

港には123勝栄丸の他に数隻の日本船の姿。。。 これから日本へ帰る途中だそうです。 一方の123勝栄丸はこれで、あと数か月間の操業に向け出漁する準備が完了。 ベノア港の在港時間もあと僅かとなりました 船  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 01:05

2014年01月30日

バリ島の定番グルメ


遠洋まぐろ延縄漁船のインド洋の補給基地、インドネシア・バリ島 晴れ
たくさんの日本漁船が、ここを通過していきます。 海外基地での船員たちの楽しみの一つは、やっぱり食べること。 いろんなインドネシア料理がすごく美味しいのもいい 食事

定番の SOTO AYAM は、インドネシアのチキンスープ。 鶏肉やたっぷりお野菜、そして春雨などがたっぷり入った具だくさんのスープで、インドネシアにきたらかならず一度は食べますね。 スープって言っても、ご飯も付いているし、具だくさんだし、これだけでお腹いっぱいになります camera


あとは、ナシゴレンやミーゴレン、鶏肉のサテなんかもほんと美味しいですね。 仕事の合間にちょっと息抜きをかねてのランチタイムは、バリ島での楽しみになっています。 乗組員のみなさんもそれぞれなじみのお店があるようで、どこのなにが美味しかったとか、船内の話題に事欠きません face02


出港までもうちょっとしか時間がないので、抜かりない入港アテンドをしたいと思います 花丸 みなさん宜しくお願いしますよ インドネシア・ランチをとりながらの現地スタッフと入念な打ち合わせも終わり、また仕事再開です 親指 もうひと踏ん張りがんばりましょう 船

インドネシア料理って、ほんと美味しい。。。 だけど、辛さとお腹こわす事には十分注意です icon12  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:09

2014年01月29日

ベノア港のローカル船


インドネシア・ベノア港での仕事の合間にちょっと時間を見つけて、インドネシアのローカル船の基地になっている岸壁を視察することになりました camera

日本船や大型船が接岸する岸壁にほど近いところだけど、そのエリアに一歩踏み入れるとガラッと雰囲気がかわります。 船も木造船を中心にFRPの船など、数百隻の船が所狭しと係船していました icon12

それにしても、ものすごい数の船です。
月末から旧正月なので、それに合わせて帰港している船が多いとか。 ん~、なるほどね 音符


そんな中、クレーンで生マグロを水揚げしているのを発見し、ちょっとお願いして見学させてもらうことに。 けっこう大型のメバチマグロや黄肌マグロにまじって、ミナミマグロも。。。 このミナミマグロはちゃんと漁獲管理されているんだろうか?って思いながらの水揚げ視察でした 船


港内にたくさん係船してある漁船でも、燃油高騰の影響で出漁を見合わせている船もたくさんあるのだとか。 ローカル船といえどもやっぱり大変なんですねえ。

こういう視察はほんと刺激になっていい。 いろいろな経験を参考にしながら、日本漁業の固定観念を打破していくきっかけにしたいですね。 港にたくさんたむろしている現地の船員たちやたくさんの船を見ながら、新しい構想を考えるいい時間になりました face02

ローカル船の皆さんはほんとエネルギッシュですね icon22  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:46

2014年01月28日

123勝栄丸がベノア入港


昨年5月に完成し7月に気仙沼港を出港した勝倉漁業の新造船・第123勝栄丸が、約6か月間のインド洋での操業を終えてインドネシアのバリ島・ベノア港に補給入港しました 親指 乗組員のみなさんのかわりなくて元気いっぱいの様子に一安心です 花丸

真冬の日本と違って、一年中常夏のここバリ島はものすごくいい天気。 123勝栄丸の真っ白な船体が、南国の太陽に照らされてキラキラと輝いています。 たまにドーッと降ってくるスコールがちょっとした清涼感を運んできてくれて気持ちいい感じ camera


123勝栄丸の入港後には燃料の補給や食料の積込み、餌の補充やマグロの水揚げなどなど、たくさんの作業が予定されています。 乗組員のみなさん本当にご苦労様です 船

ベノア港で予定されている作業が終われば、乗組員のみなさんは出港までのつかの間の休息。 まだ続く今航海なので、おいしいインドネシア料理とバリ島の雰囲気を存分にあじわって、ゆっくりとした時間を過ごして楽しんでいただけたらと思います beer

半年間の操業、本当にお疲れ様でした。 出港までのんびりとしてください。 こちらは大事なプロジェクトのお仕事が。。。 ほんと暑いなかだけど、仕事を一つ一つ片付けていかないとね face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 18:34

2014年01月27日

羽田空港のイルミネーション


ひさしぶりの羽田空港にきてみたら、国際線ターミナル全体がイルミネーションで飾り付けられていて、なんか空港じゃないみたい icon12 とってもきれいだったので思わず・・・ camera

羽田空港が国際線化してから、マグロ船の乗組員の渡航や出張などで、羽田空港を使うことが多くなりました。 アクセスも成田空港より便利で、それと深夜便もあるし。 気仙沼から移動しても余裕をもってフライトできるのがいいです 飛行機

イルミネーションっていえば、仙台で年末におこなわれる光のページェントが有名。 定禅寺通りのケヤキ並木に飾り付けられたでイルミネーションを見ようと、毎年たくさんの観光客や市民皆さんで賑わうイベントです 音符

気仙沼も年末に、内湾をイルミネーションで彩るイベントが一昨年からおこなわれているけれど、知名度はまだまだこれからですね。http://shoeimaru.da-te.jp/e528387.html

こうゆうイルミネーションが見られるのも、冬ならではの事。
毎日寒い寒いと言ってるけど、この寒さをもうちょっと楽しんでみようかと思います face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:58

2014年01月26日

かも川のかしわ蕎麦


こう毎日さむい日が続くと、あたたかいランチが食べたくなる。
そんな時最近はもっぱら、かも川さんのかしわ蕎麦が定番になってます camera

気仙沼市郊外、千厩の284号線沿いにあって、数えきれないくらい足を運んでいるお店です。 お昼時はいつもお客さんでいっぱい。 人気の理由が分かるような気がします 花丸


鴨ざるや天ぷら蕎麦が一番人気なんでしょうけど、写真のかしわ蕎麦は隠れた一押しメニュー。 優しい味のダシと一緒に食べるお蕎麦とかしわ、そしてネギがこれまたいいんですねえ 親指

いつも通っているお店なので、たまにこっそりと何かサービスしてくれるのもちょっと嬉しい face02 大きな声では言えませんけどね icon12 そうそう、お店のメニューにはないサービスの「天かす丼」って皆さんは食べた事がないはず。 これは是非メニュー化してほしい裏メニューです 音符

一ノ関から気仙沼に来る途中の千厩にあるお店なので、みなさんも一度いかがでしょう。
今日の勝栄丸ブログは、気仙沼近郊のグルメ情報でした 食事  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 00:04

2014年01月25日

気仙沼東陵が甲子園に!


きのう嬉しいニュースが飛び込んできました icon12
なんと。。。 気仙沼の東陵高校が春の選抜高校野球大会への出場決定です クラッカー

1998年に夏の大会に出場して以来なので、なんと26年ぶり。 春の大会としては初出場とのことで、東陵高校野球部の生徒さんはじめ関係者の皆さん本当におめでとうございます 花丸

震災で大きな被害を受けた生徒さんもたくさんいる中で、よくここまで頑張ったと思いますねえ。 甲子園での東陵ナインの活躍が気仙沼市民に元気を届けてくれることでしょう icon14

結果を気にせずに、元気いっぱい伸び伸びとプレーしてきてほしいと思いますね。
気仙沼の高校生たちが甲子園で力いっぱい躍動する姿が今から楽しみです face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:05

2014年01月24日

123勝栄丸と瓜二つの新造船


ひさびさの新潟造船。 昨年5月に竣工した勝倉漁業の123勝栄丸の建造以来ですね。 上越新幹線での峠越えはものすごい雪だったけど、新潟市内に入ると雪が全くなくて、けっこう暖かい感じ 音符

123勝栄丸の担当者といろいろな打合せをおえたあと、いま建造中の第78豊進丸さんを見学させてもらうことになりました camera 約2週間後の引渡し予定なので、ほとんど完成に近い段階まで工事が進んでいて、最終仕上げといったところ。 作業の邪魔にならないように注意しながら、そしてペンキ塗りたてにさわらぬように、隅から隅まで詳しくと説明していただきました 船


富山県入善町船籍の第78豊進丸さん。 気仙沼を基地にしながら遠洋まぐろ延縄漁業をおこなっている漁船です。 123勝栄丸の基本設計を引き継いだ船だけに、パッと見はうちの船って勘違いするほど似ています OK

それでも内部に入ると、豊進丸さんならではの改良箇所がたくさんあって、123勝栄丸にも取り入れたいなというアイデアもたくさん頂きました。 説明をうけなければここまで詳しくわかりませんものね いかり

123勝栄丸と瓜二つの78豊進丸さん。 ほんといい船だと思います。
これから安全な航海で、そして大漁で、プロジェクトが順調に進みますことご祈念申し上げます。
新潟造船のみなさま、今回もお世話になりました。 これからも宜しくお願いします face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:27

2014年01月23日

東海軒の幕の内


静岡県の清水への出張の帰りに、たまに食べたくなるものがあります。 それは静岡駅で売っている東海軒の幕の内弁当です。 派手さはないけれどこれが旨いんですねえ camera

静岡名物のわさび漬けや鯖の塩焼きなど11種類のおかずが入ったお弁当。 750円っていう価格もとってもリーズナブルでいいですねえ。 ビールのおつまみにも最高です beer


取引先 T冷蔵 の幹部の方にだいぶ昔に教えてもらってから食べ続けているお弁当。 その方いわく、高いほうじゃなくてこの750円の幕の内が最高なんだって言うから、それ以来東海軒のお弁当を買う時は、これしか買ったことがない私 音符

東海軒のHPを見てみたら、いつも食べている静岡駅の立食い「富士見そば」も東海軒なんだとか。
ことしあと何回このお弁当にお世話になるんでしょうか。 みなさんも是非一度お試しください face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:34

2014年01月22日

新造船の81海王丸さん


第1勝栄丸の水揚げが終わって、清水港の江尻埠頭に戻ってみると、ピカピカの新造船が接岸しているじゃありませんか。 その船は三重県の遠洋まぐろ延縄漁船・第81海王丸さんでした クラッカー

さっそく船主さんに連絡したら快く見学させてもらえることになって、カメラを片手に新造船の船内を探検です。 三保造船で建造された81海王丸さん。 いろんなアイデアが盛り込まれて、なるほどねえっていうところ満載のすばらしい新造船でした camera


水産経済新聞の記者さん達も取材に来ていたので、近々にも特集記事が掲載されるんでしょうね。 楽しみに拝見したいと思います。 いい記事書いてくださいよ 音符

船主さんにお話を伺うと、81海王丸さんも漁獲物の海外輸出に取組むそうで、うちの123勝栄丸と同じ方向性なんですね。 漁場は違うけれどお互いに頑張ってプロジェクトをぜひ成功させたいと思います 親指

お忙しいなかお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。
新造船・第81海王丸さんの航海の安全と大漁、そしてプロジェクトの成功をご祈念申し上げます face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:40

2014年01月21日

西経漁場のメバチマグロ


気仙沼と違って、ここ静岡・清水はほんと暖かいですねえ 晴れ
小春日和のような天気の下で、勝倉漁業の第1勝栄丸の水揚げとなりました。 太平洋の西経漁場で獲ったメバチマグロなど、冷凍運搬船「HARIMA-2」に洋上転載して清水まで運んできたもの camera

年末から年明けにかけてマグロ類の相場がどうなるのか心配な局面でしたが、なんとか思うような価格で販売することができてホッと一安心。 これから春先までが頑張りどころのマグロ業界です 船


久しぶりの西経漁場のメバチマグロの水揚げ 音符 業界用語で通称 「大バチ」 って言われている40㎏以上のメバチマグロが次々と水揚げされていきます。 やっぱり西経漁場の魚はデカイですねえ icon12

脂ののり具合も上々。。。 冷凍状態もバッチリ 花丸
こういう いい魚 が水揚げされると、みんながハッピーになります。
清水の関係者の皆さん、ありがとうございました。 また宜しくお願いします タイ  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 14:18

2014年01月20日

浜の家さんのマグロ丼


震災前は気仙沼湾に近いところにたくさんお店があったけど、すべて津波で被災したため、その後は仮設商店街で営業開始したり内陸部に移転したりと、気仙沼の街も大きく様変わりしてきました。

最近一番出店が進んでいる地区・気仙沼東新城 icon12 地元では新城沖とも呼ばれているこの地区に、また新しいお店が登場 食事 浜の家(はまのや)さんです camera


震災前は鹿折地区にあって、人気のお店だった「浜の家」さん。
震災後は気仙沼市郊外の284号線沿いに仮店舗を構えていましたが、昨年末に気仙沼の東新城地区に新しいお店が完成・移転。 とってもきれいなお店でした OK

浜の家さんっていえばやっぱ海鮮ものでしょうっていう事で、「山かけマグロ丼」を注文。 メバチマグロの中トロと赤身のブツ、そして山かけ、玉子焼きと、ボリューム満点のマグロ丼で大満足でした 花丸

そのほか、冷たい肉そばやソースかつ丼、夜は米沢牛のしゃぶしゃぶやすき焼きもおいしいお店なので、こんどはみんなで行ってみようと思います。 玄関に立てかけてあった看板には「一生懸命・営業中」の文字。。。 ほんと頑張ってほしいですね face01  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:28

2014年01月19日

防潮堤見直し求めるネット署名


気仙沼市民有志による「防潮堤を勉強する会」が、国に防潮堤整備の基準見直しを求めるインターネット署名を始めました。 アメリカなどではネット署名が一般的になっているそうだが、日本では新しい手法 pc1

防潮堤計画に被災地住民の意見を反映させるため、合意形成や景観配慮などに明確なルールを示すことなどを求めていて、すでに7000人以上の署名が集まっているそうだ 新聞

ネット署名をすすめている防潮堤を勉強する会では、【美しい国日本、そして東北が、貴重な国税を使いながら、住民が納得しないまま、取り返しのつかない巨大なコンクリートの壁に囲まれようとしています。この計画の根底そして震災復興の足かせとなっている国の「今後の津波防災対策の基本的な考え方」すなわち防潮堤建設計画の再検討要請にご理解ご賛同頂きたい】 として、署名を呼び掛けている 親指

震災からまもなく3年になろうとしている気仙沼。
みんなで知恵を出し合いながら、震災前よりもすばらしいと思える地域にしていきたいですね face01

〇 ネット署名は防潮堤を勉強する会のHPから → http://seawall.info/index.html
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:02

2014年01月18日

88勝栄丸が初縄操業


昨年末12月27日に気仙沼を出港した勝倉漁業の第88勝栄丸が、インドネシア・ベノア港での補給を終えて一路漁場に向け、きのうの初縄で今航海の操業がスタートしたとの報告がありました 親指

出港時、奥さんお手製の大漁旗の半纏を羽織り、今航海への決意と意気込みを固く誓った船頭さんの姿が印象的な新生・88勝栄丸です。 今航海も安全な航海で大漁でありますよう、陸上スタッフ一同全力でサポートしてまいりたいと思います face02


今航海の88勝栄丸には、神奈川出身の新人君も乗船していて、船酔いも数日で克服して元気に仕事をしているとの報告もありました 花丸 これからの遠洋まぐろ船を担う若い船員たちが、どんどん活躍してくれることを期待したいですねえ。 体には十分注意して、一日も早く戦力になれるよう、頑張ってほしいです 船

いよいよインド洋での操業を開始した第88勝栄丸。
船頭さんはじめ乗組員の皆さん、今航海も宜しくお願いしますよ スーツ 大漁を祈ります クラッカー  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:55

2014年01月17日

幻の祝い塩そば


正月があけて久しぶりに麺や・まるきさんにいってみたら、期間限定の「祝い塩そば」っていうおめでたい名前の付いたラーメンが登場していました 音符

新年のそれもお正月の雰囲気にぴったりのネーミングですねえ。 気仙沼の岩井崎の海水から作った塩をつかったそうで、お正月と岩井崎にかけて「祝い塩」。。。 なるほどねえって勝手に納得しています noodle


スッキリとしたスープに溶け込んだ岩井崎の塩のいい風味。
なんか七草粥を食べているような感じで、とても体にやさしいって感じてしまう一品でした。 まるきさんは今年もいろんな味で楽しませてくれることでしょう 花丸

聞けばこれは1月16日までの限定メニューだそうで、いろいろと書くことが多くて今日の掲載になって、もう今では食べることのできない「幻の祝い塩そば」のご紹介になってしまいました。 ゴメンナサイ 汗

気仙沼にはまだまだほんとうに美味しいものがたくさんありますから、みなさんにもどんどん気仙沼に足を運んでもらって、気仙沼グルメを堪能してほしいです face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:06

2014年01月16日

南アのマグロで幕開け


ことし最初の勝栄丸のマグロの水揚げは、第28勝栄丸が南アフリカ200海里内で漁獲したマグロたち。 昨日とはうってかわって、無風快晴の穏やかな天候の下で清水での水揚げがおこなわれました クラッカー

アフリカ大陸の最南端に位置する南アフリカ共和国。 そのケープタウン港を基地にして操業する28勝栄丸ならではの、業界用語でいう「特殊海域」のマグロといってもいいんじゃないかと思いますねえ、これは。 脂ののりが抜群のすごくいいマグロでした 船


まぐろを専門に輸送する「元太丸」は、超低温で冷凍マグロを運ぶことのできる船。 この船倉から次々とクレーンで吊りあげられるマグロたち。 陸上側では、魚の種類やサイズ、そして品質などのチェック・選別があわただしく行われます camera

しょっちゅう見慣れている光景ですけど、改めて冷静に見てみると、みなさんそれぞれに職人技を発揮している水揚げ現場。 一時間に約50トンのペースで水揚げをするんですからねえ。 すごいです 親指

予定よりちょっと時間がかかったけど、なんとか無事に水揚げ終了です。 関係者のみなさん、寒いなかほうとうにお疲れ様でした。 また来週もよろしくお願いします face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 19:30

2014年01月15日

中トロ丼で腹ごしらえ


今年最初の清水出張なんですが、今日の清水はめずらしくとっても寒いです 雪
なんか、天気予報によれば東京でも雪になるとか言ってたくらいなので、今年一番の寒さなのかもしれません。 ふだんは温暖な清水も今日だけは真冬の格好じゃないといけないみたいです スーツ

新年になって最初のマグロの値決め。。。 明日から来週にかけて勝栄丸の冷凍マグロの水揚げがあるので、その価格交渉です。 新年一発目の値決めなので、特別に気合を入れて臨みたいと思います ちからこぶ

その前に腹ごしらえしなくちゃ。 マグロを売るんだから、やっぱお昼はマグロでしょう! っていうことで、清水・まぐろ館のなかの一軒をチョイス。 メバチマグロの中トロ丼を注文しました camera

ちょうどいい脂ののり具合。 水っぽくないきれいな赤身、すごく美味しい中トロ丼でした。 やっぱりマグロは旨い 音符 よ~し、今年の清水でのマグロのお仕事を開始しするとしますか face02

清水・焼津の取引先の皆さん、今年もよろしくお願いします 船  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:01

2014年01月14日

水産庁新次長に香川さん!


水産庁は1月14日付で宮原次長の後任として、香川謙二増殖推進部長を充てる人事を発表しました 拍手
香川新次長は、香川県出身の56歳。 水産庁では審議官、増殖推進部長を歴任され、みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)などの日本代表として国際交渉を精力的に行ってきたお方 花丸

いつも国際会議などでお世話になってる香川さんの次長就任。 ほんとうにおめでとうございます クラッカー
水産庁次長は日本の水産を背負うほんとうに重要なポスト。 いろいろな課題や難題も多いと思いますが、これから水産ニッポンの中心として益々ご活躍されますことご期待申し上げます スーツ

前任の宮原次長は、農林水産省顧問に就任し、引き続き国際交渉にあたられるとの事 icon12
今年もICCATパネル2議長など重要な立場での国際会議が続くと思いますので、今後とも水産業界の牽引役として引き続きご指導くださいますよう宜しくお願いいたします face02

(写真) 前列中央が香川新次長 : CCSBT19にて camera
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:20

2014年01月13日

唐桑名物はじき猿


小正月の行事、どんと祭 音符
唐桑半島の御崎神社のどんと祭も、毎年たくさんの人で賑わう年中行事です キラキラ

参道にたくさん並んでいる屋台のメインはやっぱり、唐桑名物はじき猿のお店 camera
おさきさんにきたら必ず買う縁起物ですね 親指


カラフルな飾りと竹細工、そして「御崎神社・唐桑名物」の文字。
【災いや悪事をはじき去る】っていう願いが込められたはじき猿は、この時期この場所でしか買えない民芸品。 すべてハンドメイドの一点モノなので、それぞれの印象が違うのが面白い ハッピ

毎年同じお店で、勝栄丸乗組員OBのご家族が製作・販売しているはじき猿を買うことにしていて、ことしももちろん一押しのはじき猿を選んでいただきました。 みなさんお変わりないようでなによりです 船

今年も縁起物のはじき猿を手にすることができて、これから一年間、このはじき猿がみんなを災いから守ってくれることでしょう。 なんか気分がすっきりした一日でした face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:26

2014年01月12日

おさきさんの日


きょうは気仙沼地方の年始恒例の御崎神社の例大祭。 このあたりでは 「おさきさん」 って言われてる日です。 この冬一番冷え込んで凛とした空気の中、唐桑半島の先端に位置する御崎神社には、漁業関係者がたくさん集まっていました 船

社務所での受付を終えて、社殿での儀式に移ります。 この一年間の各船の航海安全や大漁、そして各社の商売繁盛・社運隆盛などを祈願。 神聖な儀式ですから、みなさん真剣な面持ちです camera


毎年のことながら、おさきさんの日はほんと寒いんですよねえ。 それでも漁業関係者だけではなく、一般の市民の方々もたくさん参拝にきていました。 皆さんにとってもとても大切な日だってこと 親指

手には昨年一年間お世話になったお札や縁起物など、どんと祭に納めるものを持ってきています。 きょうは手ぶらで来てしまったので、14日のどんと祭には、お札などを納めにまた来なければなりませんね キラキラ

今年一年間、宜しくお願いしますね。 おさきさん face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:30

2014年01月11日

マグロ船を目指す若者たち


新年早々の新聞記事で、気仙沼の新人乗組員養成のことが報じられたこと、先日勝栄丸ブログでもお知らせしました。http://shoeimaru.da-te.jp/e657401.html 
真剣に面接をしているいい写真。新聞社の記者Kさんが撮った写真だそうだ。やっぱりね、さすがです camera

昨年の実績で25名の新人の乗船が決まって、もうすでに遠洋や近海で操業するマグロ船で元気に活躍している様子が宮城県北部船主協会のブログ「乗組員になろう!」でも紹介されているので、ご覧になった皆さんも多いはず → http://gyosenin-boshu.net/


今年は昨年の実績並み、もしくはそれ以上の実績を残したいねえっていう話を船主協会の担当者にしたら、「今年はもすでに10名の乗船が内定しています」だって えーっ、す・すごい音符 さらに年明けに数名からの問い合わせがあって、これから面接予定なんだとか。 icon14 ほんとスゴイです キラキラ

続々と気仙沼のまぐろ船への乗船を目指す若者たち。 そして意欲のある若者を積極的に受け入れる船会社とまぐろ船の乗組員のみなさん。 この協力関係があってこそだと思いますねえ 親指

みなさんの協力のおかげで、数年前にマグロ船に乗船した若者が海技資格に挑戦するタイミングになってきました。 20代の船長や機関長が誕生するのももうすぐかもしれません。 彼らの成長がほんとうに頼もしくてこれからが楽しみな気仙沼です face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:49

2014年01月10日

勝倉漁業の新ホームページ


2011年1月8日に勝栄丸ブログを開設して以来、とうとう丸3年になりました クラッカー
その間、コツコツと982の記事、2000枚もの画像を掲載させて頂き、43万件を超えるアクセスを頂けるブログに成長しましたこと、勝栄丸ブログの読者の皆さまにほんとうに感謝する気持ちです 花丸

これからも自分なりの視点から、このまぐろ業界の事や気仙沼地域の事、そして、まぐろを取り巻くいろいろな話題などを書き続けていきたいと思いますので、宜しくお願いします face02

しばらく更新していなかった勝倉漁業株式会社のホームページを、きのう全面的にリニューアルいたしました。 勝栄丸ブログと合わせ見ていただければ幸いです スーツ

社内で短時間で作成したホームページなので凝ったつくりではありませんが、これからいろいろと内容をふくらませて充実したHPとなるようにしていきたいと思っていますので、こちらも宜しくお願いします 船

勝倉漁業株式会社
勝栄丸のホームページ → http://www.katsukura.co.jp/
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:35

2014年01月09日

今年最初の内湾部会


新年になって最初の気仙沼内湾地区の検討部会がおこなわれました camera
東日本大震災で被災し何もなくなった内湾地区のまちづくり、グランドデザインを話し合う作業部会です。 この会議ももう11回目となりました。 みなさんほんとうにご苦労様です m(__)m

まだ防潮堤の高さが決まらない気仙沼の内湾地区。
なんとか防潮堤の高さを下げられないかと、湾口防波堤やフラップゲート式の防波堤などを組み合わせ提案していますが、なかなか折れてこない行政側。 スタートラインがまだ決まらない状況のようです 新聞

陸側からの見た防潮堤の高さも大切な事。 防潮堤が腰高になるくらいまで盛土する案を要望する市民側、排水勾配やまわりの地区への配慮も必要です。 ここまできたんだから、安易に妥協することなく、納得して決めたいですね スーツ

並行して進められている議論。 商業施設や公共施設、そして人が集まる工夫や、景観への配慮など。 みんなで話し合ってもなかなか簡単に結論が出せる問題じゃありません。 なにせこの分野は素人ですから。 3月の事業認可に向けてスケジュール感をもって取り組むそうですが、はたしてそううまくいくかどうか。。。 時間がかかればかかるほど、さらに難しくなってきたような気がします face06  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:42

2014年01月08日

勝栄丸の乗組員募集!


勝倉漁業株式会社では今年も引き続き、遠洋まぐろ漁船・勝栄丸に乗船する「航海士」や「機関士」を募集しています 船

航海や機関の海技免状を持っている方はもちろんの事、認定航海当直部員(機関)の方もOKです 花丸
また、海技資格があれば遠洋まぐろ漁船未経験者の方でも採用を検討いたします 若葉

年齢制限はございませんので、遠洋まぐろ船・勝栄丸での仕事にご興味のある方は、お気軽に勝倉漁業株式会社までご連絡ください tel01 お電話お待ちしています face02

【 乗組員募集 】

 〇 航海士 : 五級海技士(航海)以上の海技資格所有者 若干名

 〇 機関士 : 五級海技士(機関)以上の海技資格所有者 もしくは認定航海当直部員 若干名

お問合せ先
   勝倉漁業株式会社 電話 0226-23-8530 (漁撈部長・畠山まで) 電話
   〒988-0053 宮城県気仙沼市田中前4-1-1 小山ビル1階-B    

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:38

2014年01月07日

水揚げ200億円を目指して・・・


きょうは新年恒例の気仙沼漁協の新年会。 気仙沼市経済のスタートを飾るイベントといってもいいでしょう。 会場には水産関係者や県や市など160人を超える人・人・人でいっぱいでした クラッカー

昨年は震災から3年目となり、徐々に復旧・復興が見えてきた気仙沼魚市場 船 水揚げは震災前の約7割、そして、水産加工場や冷蔵庫などの関連施設も5割まで回復。 17年連続生鮮かつお日本一も達成できました。 今年は昨年にも増して右肩上がりの気仙沼にならなくちゃいけませんね icon14

10万トン、そして200億円の水揚げを目指して頑張っていくという意気込みも聞かれた新年会で、いい意味で今年の活力をもらったような気がしています 花丸 課題は、冬から春の水揚げですかねえ。 なにか違った角度からの取組みも少しづつでも必要なんじゃないかと思います face06

それにしても、毎年のことながらすごい規模の新年会。 みんなで力を合わせて、気仙沼の経済をもっともっとよくしていきたいですね。 今年も宜しくお願いします。 ごちそうさまでしたぁ 親指  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 22:13

2014年01月06日

船員希望者が気仙沼に集う理由


1月1日付けの水産経済新聞に、気仙沼でのマグロ船の新人船員確保の話が掲載されました camera
水産関係者ならこの記事を目にした方も多いのではないかと思います 新聞

記事の中で、宮城県北部船主協会を通じ大型漁船への新規就業は、東日本大震災発生後から昨年12月末までで41人、平成25年単年でみると25人もの雇用が成立しているそうだ。 一か月に2名を超える水準は、冷静に見てすごい数だと思います icon14

非正規雇用が2000万人を超える時代。 自分を必要としてくれる居場所を求め、漁業に飛び込んでくる感覚は今の若者ならでは。 学歴や経験などは一切関係ない、自分の努力や能力次第でのし上がっていけるマグロ漁師の世界に魅力を感じるのもなんか納得できるような気がします ちからこぶ

まぐろ漁船に乗りたければ気仙沼へ! 」 これまでの地道な活動で道筋はできました クラッカー
ことし新たにどんな若者がマグロ船の門をたたいてくるか。。。いまからものすごく楽しみですねえ 音符
続々と気仙沼のマグロ船を目指す若者たち。 数年前に乗船した若者が経験を積んで海技士資格を取得する段階になってきました。 彼らの活躍に期待する一年になりそうです face02

【 漁船員(漁師)になろう 】 宮城県北部船主協会のブログ → http://gyosenin-boshu.net/  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:08

2014年01月05日

マグロの赤身の手巻き寿司


お正月三が日も終わって、そろそろおせち料理にも飽きてきたころ 音符
そんな時は手巻き寿司パーティーっていうのはいかがでしょうか。 もちろんメインはメバチマグロの赤身。 そしてイクラや塩うに、カニや玉子焼きなんていうのもいいですねえ camera

この手巻き寿司がお正月恒例の行事になっています icon22


気仙沼の海産物のお店・横田屋さんの新海苔が手巻き寿司には最高です。 スーパーで売っているような普通の赤身のマグロでも、最高のお寿司に変身してしまうから不思議。 大人は美味しい地酒と共にお正月の終わりを堪能しました 花丸

去年は築地のマグロ初セリで1本1億5000万円の値が付いた本鮪ですが、今年はそんなふざけた事態にならなかったみたい。 そりゃそうですよねえ、一年中天然のマグロを使っているならまだしも、最初の一本だけ宣伝代わりに使われてもねえ。 それに振り回される側はいい迷惑ですから 新聞

こっちは普通のマグロの赤身の手巻き寿司で正月の締めくくり。 やっぱりマグロの赤身が最高ですね icon14
さあ、明日から新年のお仕事が忙しくなりそう。 今年もみなさん宜しくです face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:21

2014年01月04日

勝倉漁業の仕事始め


きょう1月4日は勝倉漁業株式会社の仕事始めの日 スーツ
年始の挨拶、そして今年の抱負を確認し、さっそく新年最初の業務にとりかかりました 親指

曜日の関係で明日まで休みの会社が多いので、本格的な業務開始は週明けからでかすね。
きょうは年末年始にたまっていた連絡事項や週明けの打合せなどが中心の仕事始めとなりました camera

まだまだ正月気分が抜けない感じですが、週明けの本格的な業務開始には気持ちを正月モードから切り替えて臨みたいと思います。 この年末年始は緊急案件もなくて、勝倉漁業のスタッフもみんなゆっくりと休めたはず いかり 勝栄丸の運航サポート、今年もよろしく頼みますよ 船

さあ、いよいよ2014年(平成26年)の業務開始です face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:53

2014年01月03日

年末年始休暇も今日で終わり


年末年始の休暇も今日で終わり。 あす4日から勝倉漁業の新年の業務がスタートします スーツ

長い休暇だなあと思ってたけど、終わってみるとあっという間。 それでも久々にゆっくりした時間を過ごせたお蔭で、頭の中やカラダが軽くなったような気がします。 いいお正月でした 温泉

おせち料理もたくさん頂いて。。。 やっぱり日本のお正月はいいですねえ face02


ところで、皆さんは初詣には行きましたか! 年始にあたり、勝栄丸各船の航海安全と大漁、そして商売繁盛と健康などなど、いっぱいいっぱいお願い事。 お賽銭は少ないけれど、お願いすることはたくさん。 もう少しはずめばよかったかなあ、お賽銭・・・ 金貨 金額の問題じゃないですよね OK

年明け早々の2日朝には大雪となった宮城県地方。 きょうもまだ雪が残っているから、めずらしいくらいに相当降ったって事 icon04 それでも市内は初売りに出かける車でどこも混んでいるみたい。 今年はまぐろ業界にとっても景気のいい年になればいいなと思います 親指  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:36

2014年01月02日

希望とともに、新たな船出


「 広報 けせんぬま 平成26年1月1日号 」の表紙を飾ったのは。。。 音符
なんと、なんと、遠洋まぐろ漁船・第123勝栄丸 船 大漁旗をたなびかせ、大海原を前に前に向かってつきすすむ新造船の勇姿です。 青い海をバックにした大漁旗がとってもきれいな一枚 camera

普通はなかなか気仙沼市の正月を飾る写真に取りあげられることはないですから、勝倉漁業株式会社・勝栄丸にとって正月早々これはほんと縁起のいい出来事 ハッピ

この写真のように、明日に向かって前に前に進んでいく気仙沼・勝倉漁業でありたいと思いますし、大震災からの復旧・復興がこれまでにも増して加速していく一年にしたいですね ちからこぶ

この正月休みの間も、日本から遠い遠洋漁場でまぐろ漁を続けている勝栄丸船団。 今年一年、安全な航海そして大漁でありますように。 「希望とともに、新たな船出」。。。 ほんとそんな気持ちです face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 20:39