宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2014年10月11日

FRP超低温まぐろ船を見て


今回の台湾訪問の目的の一つが、台湾で建造されているFRP超低温まぐろ船の視察 camera

台湾区鮪魚公会の理事長さん自ら案内してもらっての造船所の見学でした。 日本でいえば150~200トンクラスの漁船なので、FRP船としてはかなり大きい方の漁船といえます。 とことんまで居住区を犠牲にしてまで魚艙や燃料タンクを最大限確保する考え方は、日本人にはなかなか真似できるものじゃありません。 鋼船からの代船建造とはいえ、こういう船が増えてくるとやはり脅威ですね 船

中身を見ると、エンジンや冷凍機、無線・航海計器などを含め日本のメーカーの機器類がたくさん入っています。 鋼船からFRP船に切り替えている最大の理由は、燃料消費量の大幅な削減。 従来船に比べて約半分の1日1.3~1.5KLの消費量なんだそうです。 この数字は正直言って驚きでした。 貪欲にコスト削減を目指す台湾の漁業者の姿勢に、すごく勉強になった数日間でした 親指


頭のなかを整理して、いろいろと考えながら街中をうろついていると、大きな寺院がたくさんの人で賑わっていたので、彼らにつられて私たちも寺院の中に入ることに タイ

入口で蝋燭とお線香を購入。 境内には若い人から年配の方まで次から次へとたくさんの参拝者が訪れては真剣に祈りをささげる姿がありました。 私も、勝栄丸各船の航海安全と大漁そして健康などを願い、台湾の人たちをまねて台湾式での参拝。 すごく心が落ち着くようなひと時でした。 音符

普段はなかなか見ることのできない台湾のマグロ漁業の実態をいろいろと勉強できた今回の台湾視察。 これからの日本の遠洋まぐろ漁業経営の参考にさせて頂きます。 お世話になったみなさん、ほんとうにありがとうございました。 お世話様でした m(__)m
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:26