宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年04月26日

春を告げるイサダ漁


晴天に恵まれた日曜日。 久しぶりに気仙沼の内湾エリアへ足を運んでみると、イサダ漁の漁船が岸壁に係留していました。 イサダはオキアミの一種で、三陸沖でのイサダ漁の始まりが春を告げるサインみたいになっています sakura

市場関係者からの情報によれば、今年のイサダ漁は至極順調の様子。 あと数日の操業で終漁っていう所まできたみたいなので、事故なく無事に終わってほしいなあと思いますね 船

最近ではイサダを煎餅にしたものや、いろんな加工品も開発されているみたいです。 イサダを食べたことはないけれど、食べれば美味しいんでしょうねえ。 気仙沼では食べる習慣がないだけかな 音符

係留しているイサダ漁船の先を見渡すと、そこは内湾の南町・魚町界隈。 これから嵩上げと防潮堤工事が行われるエリアです。 震災の被害からまだ手つかずに残されている今の状況を見ると、なんかここだけ取り残されているような気がしてなりません camera

気仙沼の顔ともいえる内湾地区の整備が一日も早く完了して、たくさんの人で賑わう街にまたつくりかえないといけませんね。 関係者の皆さん、宜しくお願いしたいと思います いかり

春を告げるイサダ漁。 気仙沼の春の風物詩ももうすぐ終漁です face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:14