宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年04月30日

朝どれ、唐桑ウニのお裾分け


ゴールデンウィークの初日のきのう、東北新幹線が4時間半にもわたって停電のためストップし、大混乱の連休初日。 みなさんには影響なかったでしょうか train_a03

東北の大動脈・東北新幹線がストップすることによって、6万人以上の方に影響が出たとか。 出張とかの予定と重ならなくて、つくづくよかったなあと思いますが、こういう事もあるんですねえ。 余裕を持った移動スケジュールを立てないとなあって改めて思いました 汗

そんな昨日、気仙沼市唐桑の各浜で、今年初めてのウニの開口だったとのことで、勝栄丸の乗組員OBのご家族から、剥いたウニをたくさん頂きました。 ほんとうにありがとうございます camera

ウニの産地・唐桑では、いまウニを剥く加工場がないため、開口でとったウニはほとんどが家庭内の消費などに向けられているのだとか。 おかげでこちらにもそのお裾分けが頂けるということなんですけどね 花丸

予期せぬ豪華な差入れに急きょメニューを変更して、朝どれ新鮮な唐桑ウニ丼の夕食となりました。 これだけたくさんのウニを剥くのに、どれだけの量を剥かなければならないのか、いつもいつも本当にごちそうさまです。 勝栄丸OBのみなさんの気遣いに感謝・感謝の夕食でした face02

やっぱり美味しいですね、気仙沼・唐桑のウニは。。。
みなさんも、三陸の美味しい海の幸を食べに、GWは気仙沼にお越しくださ~い クラッカー
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:03

2015年04月29日

懐かしい方々が来訪


ゴールデンウィークを前にした週明け、気仙沼市弁天町の勝倉漁業の新事務所になつかしいお客様がいらっしゃいました。 何年ぶりにお会いするんでしょうか 音符

新事務所の周りの風景。 まだ復旧途中の街区の様子を見て、まだまだこれからなんだなあと思ったかもしれませんね。 正直な事を言うと、私もほんとそう思いますから タイ

震災後の気仙沼を初めて訪れる方はみな、その変わりように言葉を失います。 以前は内湾地区の魚町にあった社屋の印象が強い方々はなおさらそうなのかもしれませんね 汗


震災ですべて流失した事務所内の家具類などを、仮事務所の開設に合わせて調達していただきました。 すごく助かった思いがありますね。 おかげさまで最短の日数でスムーズな業務再開ができました 花丸

久しぶりの気仙沼来訪で、こういうチャンスもなかなかないので、この機会に美味しい気仙沼グルメを堪能していってほしいと思います。 おすすめの食べ物がたくさあありますから 食事

事務所内でいろんなお話をしたあとで、気仙沼の沿岸部をご案内。 そして新事務所の玄関先で記念写真です。 懐かしい方々にお会いできて、すごく気持ちのいい一日でした camera

また、気仙沼に来てくださいね! こんどは泊まりがいいかもね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:54

2015年04月28日

本郷の建築現場にて


気仙沼市本郷で建築をおこなっている勝倉漁業の新しいプロジェクトの物件も順調に工事がすすんで、来月には完成!っていう所まできたようです。 きっちりと工期通りですね 音符

先週には建物周囲の足場が取り払われて、建物の全容がみえるところまできました。 サイディングのアクセントであしらった、オレンジのラインが意外といい感じに仕上がっているなあと思います 親指

本郷の中谷地公園前の物件なので、みなさんお見知りおきのほど宜しくお願いします m(__)m


敷地内の舗装などもこれからおこなわれていきますが、隣地との境界フェンスもこの際だから新しくしちゃおうっていう事になって、工事関係者と時間を合わせての打合せです camera

やっぱり新しい物件には新しいフェンスですよね。 この先10年20年30年と使っていく建物ですから、いまのボロボロのフェンスでは後々また工事しなくちゃならないので、この際ですから。。。

2月初めに工事を開始して以来、天候にも恵まれて順調に進められてきた新プロジェクトの建築現場。 あと1か月もたつと、皆さんにもお見せできるようになるかもしれません。 もう少しです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:26

2015年04月27日

争う浜に漁なし


雲一つない快晴の気仙沼港です。 ゴールデンウィークを前にして、気仙沼もだんだんと人や車の動きが活発になってきたみたいです。 県外ナンバーもちらほら見かけるようになりました 音符

気が付けばもうすぐ5月。 気仙沼のかつお船のシーズンインもすぐそこまできている感じですね。 先日の二平先生の講演で今年のかつおは期待してもいいよという事なので、本当に期待しちゃいます 花丸

かつおのシーズンに入る前に、気仙沼魚問屋組合と気仙沼漁協さんの話し合いの会合がもたれました。 気仙沼港の水揚げをさらに活発化させていくためには両者の協力は欠かせませんから キラキラ

12年前に500㎏タンクでの水揚げに移行した気仙沼の生鮮かつお。 すでにそのシステムも定着しましたね。 鮮度保持や衛生的で迅速な水揚げに大きく貢献した取り組みだと思います 親指

今後の協力体制をどのような形にしていくのか、かつおのシーズンが始まる前までには結論を出さなくてはなりません。 漁協の専務曰く「争う浜には漁なし」だそうですから。 まさにその通りだと思いますね 船

お互いに主張すべきことは主張しなければなりませんが、私たちの意を最大限ご理解いただいて、最終的にはこれから10年20年と継続していけるような合意に至ることを期待しています。 気仙沼漁協のみなさん、宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:37

2015年04月26日

春を告げるイサダ漁


晴天に恵まれた日曜日。 久しぶりに気仙沼の内湾エリアへ足を運んでみると、イサダ漁の漁船が岸壁に係留していました。 イサダはオキアミの一種で、三陸沖でのイサダ漁の始まりが春を告げるサインみたいになっています sakura

市場関係者からの情報によれば、今年のイサダ漁は至極順調の様子。 あと数日の操業で終漁っていう所まできたみたいなので、事故なく無事に終わってほしいなあと思いますね 船

最近ではイサダを煎餅にしたものや、いろんな加工品も開発されているみたいです。 イサダを食べたことはないけれど、食べれば美味しいんでしょうねえ。 気仙沼では食べる習慣がないだけかな 音符

係留しているイサダ漁船の先を見渡すと、そこは内湾の南町・魚町界隈。 これから嵩上げと防潮堤工事が行われるエリアです。 震災の被害からまだ手つかずに残されている今の状況を見ると、なんかここだけ取り残されているような気がしてなりません camera

気仙沼の顔ともいえる内湾地区の整備が一日も早く完了して、たくさんの人で賑わう街にまたつくりかえないといけませんね。 関係者の皆さん、宜しくお願いしたいと思います いかり

春を告げるイサダ漁。 気仙沼の春の風物詩ももうすぐ終漁です face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:14

2015年04月25日

祝!新工場完成


気仙沼の沿岸部では徐々に土地や道路のかさ上げが出来上がってきて、少しずつではあるけれど企業や工場の再建が見られるようになってきました 音符

勝倉漁業が移転した弁天町付近も、いまは周りはさみしい環境ですが、あと数年後には全く違った環境になっているんでしょうねえ。 どなたかのアドバイス通り、定点観測しなくちゃね camera

気仙沼といえばやはり水産関連の企業や工場が多い街。 元あった沿岸部に企業再建するところもあれば、二度と津波の被害を受けないような内陸部に工場を移す企業もあります icon12

このたび二印大島水産さんの新社屋と新工場が完成したとの案内を受けて、社長さんにお祝いの挨拶に行ってきました。 これまで魚市場近くに工場があったところから、今度は気仙沼の高台へ 親指

道に迷いながらも新工場に到着です。 緑に囲まれた環境抜群の立地。 素敵なオフィスと衛生的な加工場そして冷蔵庫が、海から遠い新しい場所に完成していました クラッカー

冷凍マグロを使ったネギトロや切り落としなどをおこなう工場だとか。 震災から4年で新しい工場への移転を果たせ、みなさん大変喜んでおられました。 ほんとうにおめでとうございます 花丸

二印大島水産さんには、これからもいろいろとお世話になります。 二印大島水産さんの益々のご隆盛とご活躍をご祈念いたします。 素晴らしい工場を見せていただきありがとうございました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 15:14

2015年04月24日

気仙沼じゃらんVol,2


気仙沼のグルメや見どころなどを紹介するFREE情報冊子「気仙沼じゃらん」の新しいバージョンが発行されました。 前回の8ページから、今回はなんと20ページのボリュームに。 配布開始早々、勝倉漁業のスタッフが事務所に持ち帰ってきていました。 さすがです。 音符

この「気仙沼じゃらん」は大手旅行雑誌出版社との連携した企画で、前号は合計8万部が発行され気仙沼の魅力を広くPRするのに一役買っている情報誌。 その最新号がこれです クラッカー

気仙沼といえばやっぱり海の幸ですよね。 気仙沼魚市場や各浜に水揚げされる新鮮な魚介類。 今話題のメカジキを使ったしゃぶしゃぶやすき焼きなども紹介されています 親指

そして新グルメの「気仙沼ふかひれ丼」! 酢飯と同じくらいのフカヒレ姿がドーンと盛り付けられた豪華な一品で、価格は5000円以上とあってなかなか手が出ませんが、この町に来たからにはこれを食わずに帰っては後悔するっっていう満足度100%のどんぶりなんだそうです。 こんど誰かごちそうしてくれないかなあ、すごく美味しいそうです 食事

気仙沼港の四季折々の風景、市内のおススメ飲食店やグルメ、そして観光情報など満載の「気仙沼じゃらんVol,2」。 今週配布開始したばかりなので、みなさんも是非お手に取ってみてください 船

「気仙沼じゃらん」最新号を見ていたら、私も気仙沼っていう所に行きたくなってきました (笑) face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:39

2015年04月23日

YASSE桜プロジェクト


気仙沼市の郊外「八瀬」地区っていえば、最近話題の「YASSE COFFEE」で盛り上がっているエリアとしてそこそこ有名になっている地区。 緑に囲まれた癒しの空間が魅力ですよね camera

新緑の山々そしてこれから始まる田んぼの風景などを窓越しに見ながら、ゆっくりとランチやコーヒーっていうのも心が休まってすごくいいと思います。 気仙沼市内からだけではなく、うわさを聞きつけたくさんのお客さまでにぎわうようになった「YASSE COFFEE」のお隣さんからの情報です マイク

なんと、八瀬地区を桜の名所にするっていう計画が進行中なんだとか クラッカー


震災前は気仙沼市内にもたくさんの桜並木があって、お花見の時期になると多くの市民でにぎわっていたものでしたが、その多くが残念ながら震災によって失われてしまいました sakura

そこで持ち上がったのが新しい桜の名所を、市民の憩いの場をつくろうという計画。 311本の桜の苗木を「YASSE」の山に植えるっていうんだから、素晴らしいことですよね。 ぜひ応援したいです 音符

今回のプロジェクトによって植えられた桜の木々が、気仙沼の復旧・復興と歩調を同じく成長し、素晴らしい花を咲かせてくれることを期待してもいいでしょうか。 その時には「YASSE COFFEE」の窓辺からお花見っていうのもいいかもしれませんね。 YASSE桜プロジェクトが成功しますようお祈りいたします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:54

2015年04月22日

近海まぐろに妙案は


紀州勝浦で400㎏越えのクロマグロが水揚げされたっていうニュース。 今年は日本近海での大型クロマグロの当たり年なんですね。 太平洋クロマグロの資源悪化が伝えられ、海域ごとの規制が導入された日本近海のクロマグロですが、こういうニュースを聞くと資源が増えているのかとつい錯覚しちゃいます 新聞

団塊マグロでしたっけ、専門用語で卓越年級群っていうらしんだけど、何かの条件が整って短期間だけ産卵数が激増しそのマグロ資源が20年生き残ったものがこの400㎏越えのクロマグロなんだそうです 花丸

クロマグロの水揚げで活気ずく紀州勝浦。 一方で気仙沼港はといえば、気仙沼を基地に操業する近海まぐろ延縄漁船のうち複数隻がここにきて運航をストップするのではとのうわさが流れています 汗

119トンクラスの近海まぐろ船は、三陸沖での30~40日航海を繰り返し、生鮮まぐろ類を生産している気仙沼にとって重要な漁業。 周年を通じて稼働してる近海まぐろ船は現在18隻ほど。 一週間に3~4隻が計画的に気仙沼魚市場に水揚げをおこなっているが、それがだいぶ縮小しそうとの事。。。

今年に入ってメカジキの漁が好調で、近海マグロ船の運航も順調なのかなと思っていたところなので、こういう街のうわさを聞くとすごく心配になってきますね。 気仙沼魚市場が拡張整備されていきますが、水揚げする船がなくなっちゃったら何のために大金をかけて整備するのかわからなくなってしまいますから。 気仙沼市としても大問題ですね face06

気仙沼を基地に操業業する近海マグロ船がこれからも操業し続けていけるように、なにか抜本的な対策を考えていかなければね。 400㎏越えのクロマグロじゃなくてもいいから、何か妙案はないでしょうか 船
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:14

2015年04月21日

二平先生の講演会


この講演会の時期になると、今年もかつおのシーズンがやってくるんだなあとワクワクしますね。 毎年恒例の茨城大学客員教授の二平先生が講師となっての研修会が気仙沼で行われました 音符

二平先生といえば、かつお博士と言ってもいいくらい、カツオの漁獲・水揚げ統計や回遊、資源量の推移などについて分析をおこなっている方。 その年のカツオ漁がどんな感じで推移するのかっていう予測が毎年的中するので、気仙沼の関係者も興味津々でたくさんの方々が会場に詰めかけました camera

昨年2014年といえば、かつて経験したことがないほどの不漁年。 三陸沖が盛漁期となる夏場には台風が続けざまに襲来し、10月にはカツオの群れが見えなくなって終漁となりましたよね 汗

さて今年はどうなるのか・・・ 先生の予測によれば、今年のかつおの水揚げは期待してもいい水準になりそうだとか。 三陸沖に回遊してくる2.5㎏~3㎏以上の本命のかつおが順調に漁獲されるそうです 船

5~6月にかけては、ビンチョウの漁もそこそこの水準になるとのことなので、カツオ漁船の皆さんにとっては良い年になりそうだとの結論で講演会を締めくくりました 親指

すでに日本の南の水域で開始されているカツオ漁。 情報によれば、出だしは至極順調の様子。 三陸沖のカツオ漁もその勢いをそのままに、盛り上がる年になってほしいと思います icon14

二平先生の予測通り、たくさんのかつおが気仙沼に水揚げされるのが今からすごく楽しみです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:57

2015年04月20日

気仙沼も桜が満開に


気仙沼の桜も満開のピークとなって、桜並木が咲きそろう神山川沿いにはたくさんのお花見客が出かけてきていました。 例年よりも10日ほど早いんじゃないでしょうかねえ 花丸

このタイミングが撮影のラストチャンスとばかりに、時間を見つけては自宅からほど近いポイントに行ってみると、なんと88勝栄丸の船頭さんの奥様方ご一行さんにばったり遭遇 船

うしろ姿をいれて撮ってねという奥様のリクエスト通りに、サクラ越しの一枚をお届けしますね camera


普段は花の写真は難しすぎて、どうやって撮ったらいいのかわからないからあまりチャレンジしないんですが、やはりこの桜の時期だけは別ですよね。 年に一度のイベントですから sakura

すでに私立病院下の桜は葉桜になって、神山川の桜もピークをちょっとすぎたでしょうか。 今年の桜は白っぽい感じがしますね。 咲くまでの時間が短いと、色が白っぽくなんだそうですよ。 でも、満開の桜はやはり素晴らしく綺麗でした 親指

勝倉漁業が移転した弁天町にある一景島公園の復旧工事が始まったみたいなので、また桜の名所として復活すればいいなと思います。 勝手に植えちゃうっていうのもありかもね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:11

2015年04月19日

まぐろ三色丼(上)


勝倉漁業が新事務所への移転して一週間がたちました。 4年間お世話になった仮事務所の片付けも終わって引き渡しも完了。 事務所の書類整理なんかもようやく済んで、落ち着きを取り戻した週末です 音符

そんななか、遠くからのお客さまが来社。 久しぶりにお会いする方々と、海の市の「北かつまぐろ屋」にお昼ご飯を食べに行きましょうっていう事になって。 弁天町の事務所からだとすぐ近くだからこれからはこっちですね、これまでは田中前店だったけど 花丸

なにを食べようかとメニュー見ながら相談するのも楽しいですね。 いつも食べているマグロ三色丼の(上)っていうのがあったから、今回はみんなでそれを注文することに 食事


いつも食べてるマグロ三色丼と違って、(上)の三色丼はやっぱりちょっとグレードが違う感じ。 マグロの赤身じゃなくて中トロが盛り付けられていて、トロビンチョウとまぐろ屋特製のネギトロも camera

お客さんも美味しいねを連発しながら、和気あいあいの楽しい食事会でした。 ちょっと値段が張るのでしょっちゅうは食べられないけれど、三色丼の(上)もたまにはいいですね 親指

初めて食べた北かつまぐろ屋の「まぐろ三色丼(上)」。 ごちそうさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 15:02

2015年04月18日

仮事務所の最後の日


もう4年前になるんですね、震災後に田中前の仮事務所に移ってきたのは。 気仙沼市魚町の勝倉漁業の本社が被災して、仮事務所に移転したのが昨日のことのよう。

震災で何もなくなったところから、取引先の皆さんなどの協力をもらっては、事務所の机や文房具などをそろえて業務を再開するところまでこぎつけましたよね。

それから4年。 新しい事務所も弁天町に完成し、移転から一週間がたちました。 きょうは仮事務所の最後の日。 事務所内の荷物はすべて撤去し、最後に業者の方にお願いしてガス機器とエアコンを取り外してもらって、仮事務所の明け渡しということになりました。

きょうも車を走らせてる時、つい仮事務所のほうに行こうとして、「あぁ、間違っちゃった」って・・・(笑)
新しい環境に慣れるまで、もう少し時間がかかるかもしれませんね。

震災後の一番大変な時期を4年間お世話になった仮事務所そして大家さんのご家族に感謝です。 今日限りで思い出いっぱいの仮事務所をあとにします。 本当にお世話になりました。

仮事務所に移転したときの勝栄丸ブログの記事。 いま振り返って改めて見てみると、当時のことがいろいろとよみがえってくる感じがします。 http://shoeimaru.da-te.jp/e418009.html
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:16

2015年04月17日

大西洋向けの託送品


大西洋で操業する勝栄丸各船向けの荷物(託送品)のトラックに積み込む作業が行われました。 延縄漁に使用する漁具や資材、日本食などの食料、そして船員の家族などから届いた個人あての荷物など、その数約300個口 花丸

気仙沼から陸路にて清水まで運んで、清水港から出港する冷凍運搬船に積み込まれます。 日本出港後はインド洋を経由し大西洋への航路。 本船に届けられるまで約2か月くらいかかるでしょうか 船

いま計画している漁具倉庫の復旧工事が完了するまで荷物を置いておく会社の倉庫がないので、取引先の斎民商店さんの一角をおかりして荷物を保管、そしてトラックへの積み込みとなりました。 いつもいつも本当にお世話様です icon12

遥か遠い大西洋で操業する本船あての託送品の積込。 日本からの便りを乗せたこの荷物が届くのを、乗組員のみなさんは楽しみにしていることでしょう。 会社のスタッフが気を利かせて、若い船員あてにお菓子の詰め合わせセットなんかも準備したみたいです 音符

今回も積込場所を提供していただいた斎民商店さんは、今月末には震災前の場所に店舗が復旧・完成するそうです。 乗組員のみなさんが気軽に立ち寄れる場所がまた一つ復活しますね。 完成しましたら勝栄丸ブログでも皆さんにお知らせしたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:32

2015年04月16日

日かつ地区別協議会


遠洋かつお・まぐろ漁業の全国組織である日かつ漁協幹部が年に一度、日本の主要基地をまわっておこなう地区別協議会が、今年も気仙沼を会場に開催されました 花丸

気仙沼のかつお・まぐろ漁業者に加えて、宮城県内の女川・石巻・塩釜などからも、事前に配布された資料を携えてたくさんの組合員が集まりした。 今回は遠洋まぐろ、かつお一本釣り、海外巻き網漁業の合同の会議。 どの漁業種も同じかつお・まぐろを獲る漁業なので、お互いに協力して諸問題に立ち向かわなければなりませんからね camera

日かつ漁協そして関連会社の日かつ協同の収支予想・事業収支計画などの詳細説明に続き、漁場確保や外国の200カイリ水域の課題や各条約の決議内容など、いろいろなテーマについて話し合われます マイク

日かつの幹部とのこういう機会はとても重要な場所。 質問がたくさんあったけれど皆さんにちょっと遠慮して大きな問題点だけにとどめてしまったけれど、もう少しいろいろ聞きたかったなあと思います 汗

会議のあとは北かつまぐろ屋に場所を移しての懇親会。 日頃なかなかお話しできない方々とのとても有意義な食事会でした。 この続きは、こんど東京出張などの機会にまたお願いしたいですね face02

地区別協議会に出席されたみなさん、お疲れさまでした m(__)m
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:12

2015年04月15日

通行止のお知らせ


勝倉漁業の事務所が移転した弁天町の周辺の道路は、現在まだ復旧工事の真っ最中。 まだ舗装されていない事務所玄関前の道路で今日から下水管の敷設工事が始まりました camera

二方に面している会社の敷地ですが、一方の道路はまだ嵩上げ工事が終わっていないため、出入りできず敷地内の外構工事もできていません。 唯一出入りできる一景島公園側の今回の工事。

工事現場の責任者から、あさって17日の8:30~13:00頃まで、正面玄関側の道路を通行止めにして工事を行うとの連絡がありました。 皆様にはたいへんご御迷惑おかけいたしますが、ご協力の程宜しくお願い致します m(__)m

なお、会社裏側の駐車スペースはご利用できますので、通行止めになっている時間帯に弊社にお越しの際には、そちらをご利用いただければと思います。 宜しくお願いします icon17

道路下の埋設物などの工事が終われば、舗装工事に移っていきますね。 これもみな、一歩づつ復旧に向けての動きと考えなければならないんでしょうね。 早く道路が完成することを願います icon12

勝倉漁業玄関前の道路が工事のため通行止めになるお知らせでした スーツ
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 15:51

2015年04月14日

事務所移転の記事が


先週末に気仙沼市弁天町に移転した勝倉漁業の新社屋内は、取引先などから贈られたたくさんのお花や観葉植物が並び、シンプルなオフィスが一気に華やいだ雰囲気になりました 花

こうして新しい環境に移転できたのも、一重に日頃お世話になっている方々のお蔭と心から感謝申し上げます。 みなさん本当にありがとうございます。 移転から数日が経過しようやく落ち着いてきました 親指

そうそう、今朝出社して日本水産経済新聞を開いたら、なんと勝倉漁業の移転の記事が掲載されてるじゃありませんか。 そういえば先週、記者の方から電話があった事を思い出しました 新聞


私が記者の方に新事務所への移転についてコメントしたのを簡潔にまとめて掲載してくださいました。 水経新聞の記者の皆さんには日頃から何かとお世話になり、今回のご配慮もありがうございます m(__)m

気仙沼に取材にお越しの際は、ぜひ当社へもお立ち寄りください 音符
内陸で海や船が見えなかった仮事務所から、いまは市場や岸壁までも至近距離。 社屋からは市場や漁船の姿も見えるので、やっぱり漁業会社は海に近いほうがいいなあって、つくづく感じますね 船

水産経済新聞社のみなさん、記事の掲載ありがとうございました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:28

2015年04月13日

仮事務所の後片付け


先週は弁天町の新事務所への移転・引越しで大忙しの一週間でした 花丸

なんとか新しい事務所内も片付いてきて、お客さんを迎えられるところまできたかなって感じですが、まだまだ落ち着かないですね。 なにせ自分のデスクまわりや書類整理が済んでませんから いかり

たくさんのお客さんの応対や御礼やらであっという間に週明けになって、そうだ、田中前の仮事務所の片づけがまだ終わっていなかったって、スタッフみんなで仮事務所へ直行です icon17

もうすでに書類やパソコン、備品関係は新事務所に移転済みなんですが、お譲りする事になっているデスクやキャビネットなどを取引先のトラックをおかりして何度も搬出作業 ちからこぶ

小さいところでしたけど、結構ものがあるもんですね。 4年間お世話になった事務所なので、きれいに片づけてお返ししなくちゃならないなあと思ってます。 本当にお世話になりました m(__)m

今週末で仮事務所を引き払う予定なので、あまり時間は残されていませんが、みんなでやれば大丈夫でしょう。 こうしてモノがなくなった仮事務所を見ると、この4年間の出来事が思いだされます face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 16:22

2015年04月12日

気仙沼の桜が開花


新年度になって、新事務所への移転・引越しやなんやらで慌ただしい日々を過ごしてきて、ふとあたりを見回すと気仙沼市内の桜が咲き始めていたのに気付きました sakura

例年より一週間から10日ほど早い咲きはじめじゃないでしょうかねえ。 市内で一番早いのは私立病院下の桜並木。 すでに満開状態といってもいいほどになっています 音符

大川沿いの桜並木は、震災の被害を受けて燃えてしまった木々が多く、防潮堤の整備もあってすでに伐採してしまいました。 すごく寂しい限りです いかり

勝倉漁業が移転した弁天町にも、一景島公園という桜の名所があって、震災前はお花見を何度もしたところ。 気仙沼ホルモンを炭火で焼きながらのお花見・・・懐かしいです。 いまは事務所から見える景色の中にはもう桜が一本もないような。。。 ぜひ復活させてほしいですよね icon14

桜前線の北上に合わせてこれから春本番を迎える気仙沼です。 一年のうちで一番好きな季節かもしれません。 今年は満開の桜をゆったりとした気持ちで眺めてみたいなあと思いますね 花丸

みんなでお花見もいいかもね。 だれか企画してくれないかなあ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 18:33

2015年04月11日

神棚もお引越し


東日本大震災で気仙沼市魚町の本社が被災し、田中前の仮事務所で営業を続けてきた勝倉漁業ですが、弁天町に新事務所が完成して昨日の移転となりました クラッカー

新事務所へは神棚もお引越し。 北野神社の宮司さんにお願いし、新しいしめ縄を飾ってもらって、尾頭付の魚と野菜、塩・米・水、お神酒などをお供えしての神事です。 勝倉漁業の役職員一同が低頭しお祓いを受けます 花丸

祝詞奏上の間に、社屋各所のお祓いの儀式。 ものすごく丁寧な神事を執り行っていただいて、本当にありがとうございます。 神棚の飾り方などのご指導を頂いて、すごく参考になりますね icon14


きのうの移転当日はあいにくの小雨模様ながら、朝から次々とお客さんが来社し、たくさんのお花や観葉植物そしてお酒などをいただき本当にありがとうございます。 新しい事務所内が一気に華やいで、まるでどこかの美術館のよう 音符

これもみな、日頃お世話になっているみなさんのお蔭ですね。 これからもこれまで同様、いやこれまで以上に、お付き合いの程宜しくお願いしたいと思います 船

これからこの新事務所で、勝倉漁業の新しい歴史が始まります。 みなさん宜しくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:43

2015年04月10日

新事務所での営業開始


東日本大震災での被害から4年がたって、ようやく新事務所への移転の日を迎えることができました。 創業以来本社のあった内湾地区の魚町から、魚市場に近い弁天町へ。 これから水産関連の施設が徐々に整備されていく予定の地域です クラッカー

仮事務所での4年間は、今振り返ってみるとあっという間だったような気がします。 なんとかこうして新天地での営業開始にこぎつけられたのも、日頃お世話になっているたくさんの方々のお蔭だと感謝の気持ちでいっぱいです。 ほんとにありがとうございます 花丸


新事務所を施工していただいた業者の方々に、三陸新報への広告も掲載していただきました。 わかりやすい地図もつくっていただきホームページにも掲載してありますので、よかったら勝倉漁業のホームページのほうも見てください 船

勝倉漁業のホームページ → http://www.katsukura.co.jp/

新事務所への移転日のきょうは、引っ越し作業をしながらの対応となって、失礼したところも多かったと思いますが、皆さんからのお祝いのお言葉などをたくさんいただいてすごく幸せな一日でした face02

  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:54

2015年04月09日

新社屋の写真撮影


いよいよ明日、4年間お世話になった田中前仮事務所から弁天町への移転をおこなう勝倉漁業の新社屋にて、地元紙三陸新報のカメラマンさんによる写真撮影が行われました 花丸

さすがはプロのカメラマン。 本格的な機材をもってやってくると、位置決めをして脚立をセッティングして、カメラの設定を曇りの天気に合わせたりの細かな設定をして撮影開始です camera

まだ残りの工事をおこなっている業者の車両が写真に写りこまないように移動をお願いしたりして。 私も同じ構図と設定で自分のカメラでも撮影させていただきましたが、プロが撮った写真とはなにかちょっと違って見えるから不思議 音符

やっぱりプロは違いますね。 短時間でしたがとっても勉強になった写真撮影でした 若葉

今週に入ってから毎日のように届くオフィス家具類の搬入と並行して、仮事務所から書類や備品などの搬出作業。 あす10日の移転日には事務所内がまだまだ落ち着いていないと思いますので、関係者の皆様にはご容赦願いたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:23

2015年04月08日

引越しウィーク


気仙沼市弁天町ですすめてきた新事務所の工事も順調にすすみ、ようやく移転できるところまできたようです。 4月10日の移転に向けて、今週はまさに引越しウィークとなりました 音符

注文していたオフィス家具が次々と到着し、中身を確認しながら梱包をほどき事務所内に設置していきます。 段ボールなど空き箱が山積みとなってどうしようかと思ったけれど、取引先のご協力によってきれいに片づけていただきました。 ありがとうございます 親指

イメージしていたレイアウト通りに机などが配置されていくと、事務所らしくなってくるもんですねえ 若葉


玄関先には、社名の入ったアクリル板が取り付けられ、会社の顔が出来上がりました。 周囲の道路のかさ上げがまだまだなので、外構工事は一部分だけでのスタートになってしまします。 しょうがないって言っちゃえばそれまでですが、一日も早く道路の整備をしてほしいです icon12

インターネットや電話などの床下配線を通していく作業がようやくできる段階になって、本格的な引越しに向けての準備が着々と整いつつある感じですが、今週は引っ越し作業でばたばたです ちからこぶ

まだ使用説明を受けていないので、全部を把握するにはもうちょっと時間がかかりそう。 まあ、徐々に少しずつ事務所内をつくりあげていけばいいかなあと思ってます。 さあ今日も張り切ってがんばりましょう face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:29

2015年04月07日

「漁船員になろう」が一面トップに!


気仙沼の宮城県北部船主協会を中心として、遠洋マグロ漁船の幹部後継者を育成する事業が急ピッチでおこなわれていることは、勝栄丸ブログでも何度もお知らせしてきました 音符

なんとなんと、きのうの日刊・水産経済新聞の一面トップに、私たちが行っているその取り組みについて大々的に取り上げていただいたのでご紹介したいと思います 新聞

見出しは、「海技士受験」要件満たす漁船員急増! 気仙沼講習会では8割超 3年前の”種”確実に成長! 「漁船員(漁師)になろう!」が転機。。。 かなりインパクトのある記事ですね icon14


船主協会では、震災後の平成24年2月に漁船乗組員を募集するブログを開設したところ、全国から応募者が集まるようになって、3年間で60名以上がカツオ・マグロ漁師を目指してスタートを切りました 若葉

応募してくる若者たちを相手に、遠洋マグロ漁船での仕事についてとことん話し合うのが船主協会の担当部長の流儀。 遠洋マグロ漁船の魅力ややりがいだけではなく、実際の仕事でのつらさや過酷さまで隠すことなくしっかりと伝え、一人一人の船員に対してきめ細やかなフォローアップをしていることなどが、若者たちからの信頼と共感をえて、乗船者の増加につながっているんだと思います 船

水産経済新聞の見出しの通り、これから海技士受験要件を満たす若手船員が続々とでてくる気仙沼の遠洋マグロ漁船なので、海技資格を取得するチャンスをどんどん与えていきたいです 親指

気仙沼での遠洋マグロ漁船員の後継者育成はまだ始まったばかり。 実感としてはちょうどスタートラインに立ったっていうところでしょうか。 これからさらにたくさんの若者が気仙沼の船に乗船してもらえるよう頑張っていかなければなりませんね face02

宮城県北部船主協会のブログ「漁船員(漁師)になろう!」はこちら → http://gyosenin-boshu.net/
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:36

2015年04月06日

マザーポート店の祝賀会


先日プレオープンしたアンカーコーヒー・マザーポート店で、関係者を招待しての竣工披露パーティーが行われたので、お祝いを伝えに行ってきました。 千厩のあさひやさんと唐桑のつなかんの料理長がこの日のために準備したお料理の数々。 アットホームですごく華やかな祝賀会です クラッカー

オノデラコーポレーションのスタッフ総出での対応。 スタッフみなさんそれぞれすごく生き生きしてて、拠点となる新店舗の始まりにうれしい気持ちがこちらまで伝わってくる感じがしました 親指

グランドオープンは4月10日の予定だそうですよ。 ほんとうにおめでとうございます 花丸


玄関入り口には、遠洋まぐろ船のアンカー(いかり)がオブジェとして設置してあって、内装も船内を思わせるような作りがいたるところに。 遊び心があってすごくいいと思いますね 船

マザーポート店は、年間363日間の営業って書いてあったので専務さんに聞いてみると、大晦日と元旦以外は休まずに毎日営業します!との事でした。 気合入ってますね いかり


夕方から始まった祝賀会も気が付けば外はもう真っ暗に。 三脚を使って写真を撮っている人がいたから、その三脚をちょっとおかりして私も一枚撮らせていただきました camera

夜も絵になるマザーポート店ですが、当面は昼間だけの営業だそうなので、こういう写真って意外に貴重な写真なのかもしれません。 シャッタースピードを調整しながらの撮影って結構ハマります 若葉

素敵なマザーポート店の竣工祝賀会。 ごちそうさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 12:43

2015年04月05日

祈大漁 第8漁吉丸出港!


雲一つない晴天に恵まれた気仙沼港から、インド洋漁場に向けて気仙沼の第8漁吉丸さんが出港となりました。 気仙沼の出港時間午前11時にあわせて、たくさんの方々が岸壁で見送ります クラッカー

もうすでに恒例となった「つばき会」さんによる出船送り。 大漁旗の小旗を振りながらの出船送りはいつ見ても華やかで勇壮ですごくいいですね。 これから出漁する乗組員のみなさんも本当に勇気づけられるんじゃないでしょうか。 漁の一切を取り仕切る船頭さんの挨拶を合図に、もやい綱が外されて、カラフルなテープをひきながら本船が岸壁を離れます camera


ふと見ると、カメラを回し撮影しているスタッフがいたので、なんの取材なのかなあと思って聞いてみると、演歌歌手「大城バネサ」さんのプロモーション映像の撮影なんだとか。 南米アルゼンチン出身でNHKのど自慢のグランドチャンピオンになったことでデビュー。 以前私もその歌声を生で聴いたことがあります 映画

漁吉丸の船頭さんが懇意にしているらしく、出港時のBGMももちろん彼女の曲。 お気に入りの曲を出港時に流すのは各船一緒。 それぞれの船の個性があって、すごくいいと思いますね 音符

勝栄丸をはじめ、気仙沼の遠洋まぐろ船が多く操業する南インド洋に向け航行する第8漁吉丸さん。 航海の安全と大漁そして船頭さんをはじめ乗組員のみなさんのご健勝をお祈りいたします 船

第8漁吉丸さんの出港、ほんとうにおめでとうございました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 17:13

2015年04月04日

東京海洋大学のセミナー


東日本大震災からの復旧・復興を目指す気仙沼の人材育成を目的として、東京海洋大学が気仙沼市と連携しおこなっている事業があります。 気仙沼市のキャッチフレーズ「海と生きる」をテーマに、毎月行われているセミナーです 花丸

先日も魚市場の会議室を会場に、日本水産(株)前社長による「海と生きる」ことを考える~水産都市の可能性に迫る~と題した講義が行われ、たくさんの企業関係者が集まりました 音符

気仙沼市長は東京海洋大学の前身「東京水産大学」の出身。 気仙沼には東京海洋大学のサテライトも開設されていて、気仙沼と同大学のつながりは特別なものがあるんだと思います 親指

第5回目となる今回のセミナーでは、いろいろなデータを示しながら、過去から現在までの世界的な水産を取り巻く動きや傾向、水産世界での成功例や今後の方向性などが、わかりやすく勉強できる内容でした。 講師の先生からの提案、「水産都市」から「海洋産業都市」への変革や「海と生きる」スマートシティの実現などは、すごく考えさせられるものがありましたね ブック

「いい加減だと言い訳ばかり、中途半端だと愚痴が出る。真剣なら知恵が出る」。知恵と行動で気仙沼モデルの真剣さを日本中に、世界中に発信しよう!という締めの言葉。 すごく勉強になった講義でした 船

次回、第6回目は4月22日の午後3時から(魚市場会議室)。東京海洋大学の濱田武士准教授による「水産都市・気仙沼の地域経済を概観する」~震災前はどうだったのか~をテーマにした講義が予定されています。 皆さんも是非聴講してはいかがでしょうか face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:21

2015年04月03日

祝 開店!アンカーコーヒー新店舗


気仙沼の海の市の向かい側にあって真っ赤な外観がすごく素敵だったアンカーコーヒー。 東日本大震災で被災し、田中前の仮設店舗で営業していましたが、このたび市内館山の閑静な住宅街の一角に「アンカーコーヒー・マザーポート店」が完成し、プレオープンの案内があったので行ってきました 花丸

焼き板を使った真っ黒の外観がすごくおしゃれで、アメリカから輸入した大きな焙煎機が目を引きます。 内装はナチュラルな色調ですごく落ち着く感じがいいですね。 店の真ん中にはなんと二階へ通じるらせん階段が! 一階が40数席、2階席を合わせるとかなりの規模の店舗ですね 音符 


マザーポート店では、ランチの提供も開始。 すごく美味しい週替わりランチです。 食後にはマザーポート・ブレンドっていうコーヒーまで。 大満足のランチ、ごちそうさまでした。 これからちょくちょくよらせていただきますね camera

アンカーコーヒーを運営するオノデラコーポレーションの本社事務所がこのマザーポート店の二階に移転していたので、社長・専務さんの案内で新しい事務所を訪問させていただきました いかり


「マザーポート」。。。 母港っていう意味ですね。 お店に書いてあった「この地より再び船出する乗組員と共に、気仙沼と共に、海と共に」っていう言葉にぴったりの素敵なネーミングだと思います 船

アンカーコーヒー・マザーポート店のグランドオープンは4月10日。 偶然ですが勝倉漁業の新事務所への移転日と一緒の日です。 これからさらに多くの人が集い、笑顔の満ち溢れるような、素敵な空間を提供してくれることを期待していますよ クラッカー

アンカーコーヒー・マザーポート店のプレオープン、ほんとうにおめでとうございました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:46

2015年04月02日

最新機器での板厚計測


気温がぐんぐん上がって春のような気候となった気仙沼港。 望洋下の岸壁に係船中の28勝栄丸で船体外板の板厚チェックが行われました。 忙しいところ取引先から作業艇をだしていただきました 船

オリンパス社製の板厚計測器を携えた検査員が作業艇に乗り込みます。 昔は塗装をはがさないと鉄板の厚さを測定することができなかったそうですが、今の最新機器は、塗装面の上からでも鉄板の厚さを正確に計測できるんだからスゴイ 花丸

作業艇を徐々に移動しながら、本船の周囲をぐるっとと一周。 外板展開図を確認しながら慎重に計測してデータをとっていきます。 もうかれこれ25年ほどの船齢の船ですが、鉄板の厚さは新船当時とほぼ一緒の結果が。 新船同様って事ですかね! さすがは日本の遠洋まぐろ船です icon14

それにしても天候に恵まれてよかったです。 こういう海上での作業では、風がふいたり雨が降ったりすると作業性がぐんとダウンして、作業にあたる人たちも大変ですからね 親指

最新機器による船体のチェックが無事終わり安全性の確認ができました。 遠くから出張してきていただいた検査員の皆さま、本当にご苦労様でした。 これで一歩、今後に向けて確実に前進した感じです face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:05

2015年04月01日

新年度にあたり


きょうから新年度ですね。 勝倉漁業の役職員一同、さらに気を引き締めて業務にあたり、今年一年が着実に前に前に前進していくように宜しくお願いしたいと思います。

新事務所の完成・引き渡しも終わり、来週からは移転引越しの作業に入る予定。 4月10日に事務所機能を移す予定ですが、来週いっぱいはなにかとごたつくのではないかと思います。 取引先の皆さまにはご不便をおかけしますがご理解いただきますようお願いいたします。

震災から5年目となる平成27年度は、勝倉漁業そして気仙沼地域にとりましても復旧・復興に向けて勝負の年。 スピードを上げて取り組んでいかなければならない重要な年度だと思います。

また、遠洋まぐろ漁業界にとりましても、対処しなければならない課題が山積です。 原油相場の急落によって燃油価格は大きく下げたものの、省燃油運航の徹底は引き続き重要事項。 そして幹部船員の後継者確保育成、漁場確保、魚価対策、規制緩和、船体のリニューアル、国際競争などなど。 どれもこれも一朝一夕にはいかない問題です。

新年度を迎えるにあたり、これら諸問題の解決へむけ、関係者のお力をお借りしながら業界挙げて取り組んでいかなければならないなと感じています。 今年度も引き続き宜しくお願いします m(__)m
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:44