宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年07月13日

豪華版!ミナミマグロ定食


気仙沼でのお仕事からちょっと離れて、勝栄丸のマグロの水揚げのために静岡県清水港にやってきました。 清水といえばもちろん日本一の冷凍マグロの水揚げ港。 世界中から清水や焼津にマグロが集まってくるんです icon14

清水に到着して江尻埠頭を歩いているとそこには青森県八戸市の正進丸さんが入港していました。 大西洋から約50日かけて日本に帰港したばかりの本船、本鮪の値段も他社よりも相当高い値がついたそうでおめでとうございます 花丸

こちらといえば、これから第7勝栄丸が大西洋で漁獲したメバチマグロの値決め交渉。 その前に・・・ いつもの恒例の儀式、そう!マグロを食べる事。 業界のみなさんもやってますか。 マグロ業界の人が率先してマグロを食べなくちゃねえ、これは某U原先生の教えなんです タイ


どこでまぐろを食べようかなといろんなお店をまわった挙句、結局は河岸の市にある「おがわ」さんの暖簾をくぐると、今日のおススメは「ミナミマグロ」定食って書いてあったので、迷わずみんなでそれを注文 食事

おがわさんのマグロ丼は酢飯だけど、定食は酢飯じゃないご飯なので、ミナミマグロのトロや中トロには酢飯でしょう!っていうことで、定食の白米を酢飯に変えてもらいました。 これも常連っていうか、お店のシステムを熟知している人だけの特典かな 親指

ミナミマグロの大トロに中トロ、そしてミナミマグロ独特の濃い赤身のお刺身がこれでもかって盛り付けられた豪華版。 マグロの佃煮にお味噌汁がついて1800円。 ちょっとお高めだけど、この内容ならすごくお得な定食だと思いますね。 もちろんメインのミナミマグロは高級マグロの代表格だけあって、甘みがあって最高でした 船

値決め交渉前の恒例儀式でお腹いっぱいになったあとは、頭の中を仕事モードに切り替えて約束の時間を待ちたいと思います。 よし、気合入れていきますか! お二人さんも宜しくですよ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:08