宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2015年08月25日

勝栄丸の新人研修はじまる


いま気仙沼の遠洋マグロ漁船を中心に、幹部船員の後継者確保育成のプロジェクトが急ピッチでおこなわれ、若い船員たちが続々と乗船し順調に成長しきていることは勝栄丸ブログでもお伝えしてきました pc1

今回また新たに2名の若者が勝栄丸に乗船することになって、宮城県北部船主協会を会場に約1週間の乗船前の新人研修がはじまりました。 この講習会は初めてマグロ船に乗船する人には必ずおこなっているもので、乗組員としての心構えや船内秩序、洋上生活での注意点や大まかな仕事の流れ、そして実際の操業で必要となるロープワークなどの初歩的な技術を勉強するためのもの camera

講師は船頭さんのOBが担当。 ベテラン船員からの叱咤激励や色々なアドバイス、そしてユーモアをまじえた会話の中にも、一日も早く一人前の船員になってほしいとの温かい気持ちが伝わってきます 花丸


初めて経験するロープワークに、戸惑いながらも熱心に講師の話を聞く二人。 最初のうちは分からないことだらけだと思うけれど、基本的な技術と知識をこの講習でマスターし、疑問や質問があれば何でも聞いて、不安なく船員への第一歩を踏み出してほしいと思いますね icon14

いま帰国中の勝栄丸の若手航海士も、後輩となるこの二人の講習を見守ります。 荒波を乗り越え過酷な操業現場を何航海も経験した船員の言葉は、同じ年代の若者たちのあいだにも何か伝わるものがあるんでしょう。 これから始まる遠洋航海でも、新人船員への指導のほど宜しくお願いしたいと思います 船

震災後、気仙沼のマグロ船に乗船した若者はこれで68人となりました。 これから70人・80人・100人と、どんどん乗船していくんだろうと思いますが、この幹部船員を目指す若者たちが順調に成長して、近い将来、気仙沼のマグロ船の中心選手となって活躍することを心から期待しています ちからこぶ

講師の方々にはお忙しいなか快くお引き受け頂いて本当に有難うございます。 1週間の新人研修、宜しくお願いします。 二人の新人船員はこの研修を経て、来月には大西洋漁場へと出漁する予定です face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:59