宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年01月06日

築地市場のマグロ初競り


お正月も終わって、東京築地市場の初競りの日を迎えました。 一年でもっとも注目される築地市場のマグロのセリ場には、日本全国からそして海外からもたくさんのマグロ類が上場となった模様。 今年秋に豊洲新市場に移転するので、築地市場としては最後の初競りっていう事になりますかね クラッカー

冷凍のクロマグロ、ミナミマグロ、そしてメバチマグロなど、合計で約83トン。 生鮮マグロは、青森や北海道からのクロマグロに加えて、気仙沼や塩釜・銚子港で水揚げされたメバチマグロ、そして輸入マグロなど約27トン。 合計で110トンものマグロの上場がありました。 この時期は特に良質なクロマグロが日本近海で漁獲されるので、荷受各社のセリ場は見事な品揃えです 船

毎年注目されるクロマグロの高値でのセリ落とし。 数年前は1本一億円を超える値がついたりして、あまりにも高い値段に、こんなのはマグロの価格じゃなくて宣伝・広告費だよねこれは・・・なんて声も業界関係者の中ではささやかれていた中で、今回はどうだったかといえば。。。 音符


今年の初競りで最も高値が付いたのは、東都水産に上場された青森県の大間産の200㎏のクロマグロで、1㎏70,000円の値が付いたので1本1400万円っていう事になりますか ハッピ

このクロマグロを釣った大間の漁師さん、おめでとうございました。 築地から送信された相場表を見ますと、この他にも60,000円、40,000円とか、10,000円を超える単価のクロマグロも複数あって。 まあ、ご祝儀相場っていう事なんでしょうね 金貨

一方で庶民の味方の冷凍マグロはといえば、搬入量が少なめだった影響か、相場はそこそこしっかりしたものだったみたいですね。 品質の安定した高鮮度の美味しい冷凍マグロは、いまものすごくお買い得じゃないかと思いますよ。 1㎏何万円もするようなマグロと比べてもそれほど変わらないですからね 花丸

今年の冷凍マグロの流通はどのようになっていくのか。 沖合の漁模様や、燃油価格などのコスト、そして経済状況や為替も含めて注視していかなければと思いますね。 遠洋マグロ漁業そしてマグロ関係者の皆さん、今年も宜しくお願いします。 マグロ業界をさらに盛り上げるために頑張っていきましょう face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:59