宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年04月07日

地方経済圏が日本の主役


気仙沼で定期的に行われている勉強会があります。 未来創造フォーラムとっていう講演会で、気仙沼市と商工会議所の主催で、毎回著名な講師をお招きして開催されています タイ

今回は地方創生緊急企画「ローカルリーダーから日本経済は蘇る」と題し、企業再生のスペシャリスト冨山和彦さんに講演していただきました。 冨山さんは産業再生機構を経て2007年からコンサルティング・企業再生を手がける方で、ダイエーやカネボウ、JALなど大企業から、浄土ヶ浜パークホテルや岩手県北自動車など、東北ゆかりの企業まで、様々な企業再生を支援した実績があります ブック

約2時間の講演会には100名ほどが参加。 グローバル企業とローカル企業の違いや、日本経済の現状、そしてこれからの日本経済復活には地方の企業が元気になることが重要とのお話し。 自らの体験談を例示しながらの講演は、すごく参考になることばかりでとても勉強になった時間でした マイク

気仙沼市長が冨山さんを是非にとご指名して今回の講演会が実現したとの事。 GDPで70%を占めるローカル経済圏が元気になってこれからの日本の主役になっていかなければなりません 船

その為には自分の商売・事業の足元をしっかり固めることが大事で、労働生産性をあげていく事が重要であると教えていただきました。 常に収支をみえる化しての緻密な経営が必要なんですね camera

冨山さんの講演を初めて拝聴しましたが、本もかなり出版されているようなので、書店で探してみたいと思います。 こういう勉強会を開催していただいている気仙沼市と商工会議所に感謝ですね。 また次回のフォーラムにもぜひ参加してみたいです。 講演頂いた冨山さんにはほんとうに有難うございました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:45