宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年07月06日

雨の中でのカツオ水揚げ


先日までの真夏のような暑さから一変、梅雨の冷たい雨模様の天候となった気仙沼港です。 一昨日、今シーズン初入港での水揚げをおこなった高知県の83佐賀明神丸さんが、出港の翌日に気仙沼沖で漁獲したカツオとメバチ・キハダマグロなどをもっての帰港となりました 花丸

夜半には気仙沼魚市場に到着し、水揚げ時間を待って待機していた本船の乗組員たち。 早朝5時前には水揚げのスタンバイも完了して、魚市場職員の合図で水揚げの開始です。 あいにくの朝からの雨。 水揚げ作業にあたる勝倉漁業のスタッフなども雨合羽を着込んで万全の体制ですね 雨

昨日は一本釣り船と巻き網船を含め10隻で300トン以上、本日も10隻で350トンほどのカツオなどを水揚げした気仙沼港。 ここにきてようやく数量もまとまってきて、本格的なシーズンインといった感じ。 聞けば、北海道沖で一日に40トンものカツオを釣り上げた一本釣り漁船もいるそうなので、これからの漁模様に大いに期待しています。 カツオ船の皆さん、がんばって下さいね! 親指


春先からここまで順調に水揚げをのばしてきて、今年も水揚げレースのトップをひた走る83佐賀明神丸さんです。 若き船頭さん独特の嗅覚で、かつおの群れを着実にとらえてくれることと思います 船

水揚げを終えた本船は、昼前には漁場に向けて出港する予定との事。 いい成績をあげる船っていうのは、乗組員の皆さん一人一人が大きな目標に向けてまとまっているのがわかります。 その先頭になって全体を束ねているのが船頭さん。 日々の苦労やプレッシャーも相当なものだと思いますが、からだに気をつけて元気いっぱい頑張ってほしいです。 近日中の入港をお待ちしてますから camera

南の海域には台風1号が発生し、夏に向かうと同時に台風シーズンにもなってきます。 ようやく本格化してきた気仙沼港のカツオ水揚げが順調に推移しなんとか20年連続日本一を達成したいものですね icon14

83佐賀明神丸さんのこれからの三陸沖でのカツオ漁の大漁と安航をお祈りします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:18