宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年08月06日

18佐賀明神丸の船頭さんと


気仙沼の生鮮かつおのシーズンも盛漁期を迎えたけれど、ことしの夏はちょっと雰囲気が違う感じ。 かつおの漁場は比較的沿岸に近い場所になっているけれど、漁獲量が例年と比べてだいぶ少ない 汗

それでも一日おきのペースで入港して頂いている船がたくさんあって、高知県の第18佐賀明神丸さんもその中の一隻。 船員さん曰く、漁場が近く航海が早いと休む暇もないくらい忙しいとの事 ちからこぶ

お盆をひかえたこの時期に少しでも稼いでおかなければならないのは各船いっしょ。 勝倉漁業の関係船の皆さんには、暑い夏にまけずにもうひと踏ん張り頑張ってほしいと思います 花丸


早朝からの水揚げのあいまに第18佐賀明神丸の船頭さんといろんなお話をして。 ちょうどカメラがあったからツーショットのスナップ写真を撮っていただきました。 船頭さんご苦労さまです camera

水揚げを終えて個人の買い物を終えたらすぐに沖出し。 漁場に向けての出港です。 連日たくさんの入出港で賑わっている気仙沼魚市場への水揚げ数量がこれから伸びてくれることを期待しています icon14

来週に入港する各船は順次盆休みに入っていく事でしょう。 約一週間ほどの夏休みですね。 そうなると湾内は係船するカツオ船で一杯になるんだと思います。 係船場所の確保がまたひと課題ですね 船

明神水産グループではカツオ料理の飲食店を高知市内や岡山などで展開していて、今年11月頃に東京へも進出する予定だそうです。 高知のカツオのたたきが東京で食べられる。 すごく楽しみです face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:15