宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年08月07日

今年のサンマの漁模様は


気仙沼で各船いっせいに行われている大型サンマ漁船の出漁に向けての艤装作業。 集魚灯を取り付けたり、棒受け網の整備をおこなったりと、乗組員の皆さんには暑いなか連日ご苦労様です 晴れ

まもなく解禁となる大型漁船によるサンマ漁。 気仙沼からは8月17日に出港となる模様で、船の整備や準備もそろそろ最終段階というところまでこぎつけたみたいですね 船

そんなタイミングで、今年のサンマ漁を占う「サンマの資源状態と漁況予報めぐって」と題する意見交換会がおこなわれ出席してきました。 会場には気仙沼の漁業・水産関係者や行政機関の方々がたくさん camera

いまサンマを巡る状況は、以前にも勝栄丸ブログでお伝えしたように、すでに国際管理の魚種となっていることから、各漁獲国の思惑が絡み漁業調整がすごく難しい状況になってきたように思えます マイク

かつてはほとんどが日本漁船による漁獲だったものが、台湾船が徐々に漁獲をのばし今では日本をしのぐ水準となっていて、ここ数年では中国漁船による漁獲が急増。 北大西洋の漁業資源を管理するNPFC条約が発足し、サンマを含めた管理が開始され始めたけれど、今月におこなわれる年次総会でも難しい交渉が予想されますね。 水産庁の皆さんの国際交渉にすごく期待しています タイ

そして肝心の今年のサンマの漁模様はどうなのかっていう点について。 専門家の解析によれば、一昨年の漁獲量から半減した昨年に比べても10%ほど少ない来遊との予測が発表に。 でも昨年よりサンマのサイズがひと回り大きいとの観測もあるので、各船の漁獲に期待しましょう icon14

専門家の予想は予想。 いぜれにせよ、実際の漁が始まってみなければわからないことなので、出漁各船の漁獲推移を見守っていきたいと思います。 昨年は漁獲量がすごく少なかったサンマ漁ですが、今年は例年並みにたくさん獲れて、気仙沼にも水揚げされること心から祈っています face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:15