宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年09月18日

第8大功丸が母港水揚げ


9月になって生鮮カツオやサンマの水揚げも本格化してきた気仙沼港です。 カツオの漁場もだいぶ北寄りになってきて、脂ののったいわゆる「戻りガツオ」になってきましたね。 すごく美味しいカツオです 花丸

そしてようやく漁が出始めて、気仙沼や大船渡などへの水揚げが連日のように行われるようになった旬のさんま。 価格はまだ高めで推移しているから、漁船側にとってはいまがチャンスですよね icon14

サンマの漁獲海域は北海道沖のロシア水域。 気仙沼まではだいぶ距離があるので、わざわざ気仙沼港まで航行してきてくれるサンマ船に感謝。 これから徐々にサンマの群れも南下してくることでしょう 船


カツオ船やサンマ船で連日にぎわいを見せる気仙沼港に、遠洋マグロ漁船・第8大功丸さんが入港。 黄肌やビンチョウなど約220トンの水揚げを行いました。 今年は3月以来2度目の母港水揚げです クラッカー

遠洋まぐろ延縄漁船の水揚げ基地は、清水・焼津・三崎がほとんど。 その中で2年半前に竣工以来、気仙沼への母港水揚げにチャレンジしている大功丸さん。 気仙沼の復興に寄与する取り組みです icon12

もう一つの大きな柱の燃油消費量の削減の進捗状況もすごく気になるところですね。 あと残る半年間の航海で、ぜひ素晴らしい成果を上げていただきたいなあと思います。 乗組員の皆さんご苦労様でした タイ

日かつ協同、三崎・焼津の関係者の方々も立ち会っての水揚げ。 心配された天候もなんとかもって、一日ですべてのマグロの水揚げを終了した模様。 今航海初乗船した新人船員くんの成長も楽しみなところ。 次の航海も安全で大漁でありますように。 気仙沼での母港水揚げ、お疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:56