宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2016年10月13日

高雄の寺院を参拝して


台湾・高雄でのミナミマグロ保存委員会(CCSBT)の会議も3日がたって、加盟国間での熱い議論もそろそろ大詰めとなってきた感じがします。 あと残すは僅か1日のみ。 悔いを残す事の無いようにと タイ

ちょっとした時間を見つけて、会場近くのお寺に参拝。 CCSBTで少しでも良い結果が勝ち取れますように、そして各海域で操業している日本のマグロ漁船団が、安航で大漁でありますようにと参拝です camera

こういう行き詰った時には、神頼みっていうのも精神的に落ち着くもの。 台湾の街の中にはいたるところに寺院があって、だれでも気軽に参拝できるんです。 境内はお線香の香りに包まれていました 花丸



今年のCCSBTの最大のテーマは、何といっても2018年から2020年の3年間のミナミマグロの漁獲量とその国別配分を決める事。 最大の漁枠獲配分を受ける豪州や日本だけではなく、台湾や韓国などの遠洋漁業国、そしてミナミマグロの漁場を沿岸に持つインドネシアや南アフリカなど 船

それぞれの思惑と主張がガチンコでぶつかり合うCCSBTです。 会場内での表の主張。 一方、別室でおこなわれるヘッドデリゲーションで見せる裏の顔と垣間見える本音。。。 すごく繊細な会議です マイク

なかなか思うように進まなくてイライラするのは毎回の事。 だけどこの無駄なような時間が、各国・担当官・業界関係者の考えを一つにまとめていく重要な時間なんだと思いますね icon14

こういう寺院をめぐって参拝するあいだにも、頭の中はCCSBTの事でいっぱい。 徐々に最終段階の詰めにまとまってきたような雰囲気もあるから、最終日の議論に期待して臨みたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 00:21