宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年01月17日

天然まぐろ丼(並)を味わって


今年最初の勝栄丸の水揚げの時がやってきました。 勝倉漁業の第1勝栄丸がアフリカ西岸のモロッコ・サハラ水域で漁獲したメバチマグロなど、超低温コンテナに転載しての正月明け一発目のお仕事です クラッカー

モロッコと日本の漁業協定は、昨年めでたく30周年の区切りの年を迎え、今年は更なる協力に向けてまた一歩前進する年。 その節目となるマグロ操業に勝栄丸がかかわることが出来てすごく光栄です タイ

モロッコ水域のマグロの値決めの前に、やっぱりマグロを食べる儀式っていうのは私的には譲れない事なので、通いなれている清水河岸の市まぐろ館で、どのお店がいいかなってちょっと散策 camera

さすがはマグロの街・清水だけに、ぜんぶのお店がマグロ料理を提供する店舗。 マグロ料理屋さんがこれだけ揃っていて共存共栄しているっていうのは日本全国探してみてもここだけなんでしょうね !

いろんなお店でマグロ丼を食べてきて、きょうはシンプルなマグロ丼が食べたいなっと、目に入ったお店にぶらっと入ってみました。 天然まぐろ丼(並)っていうメニューに誘われてね。 すごく美味しそうです 音符

いまメバチマグロは搬入量の減少によって昨年から好相場が続いていて、この正月明けもほぼ横ばい状態。 なので私たちのまぐろ漁船団にとっては結構いい環境なんです。 マグロの相場って株価のように一年中変動していてて、いまの状況が今後どうなるのかはだれも予想できない事 マイク

だけど、中長期的に見たら世界的な供給量の減少傾向によって、安定した相場になっていくのは業界人ならば誰しも感じている事。 今年はその動きを確認する重要な一年になるんだと思います 親指

年初のマグロ値決めを前にしてのマグロ丼。 すごく感慨深い味わいですごく美味しく頂きました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:20