宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年04月06日

清水の帰りに「くろ麦」さんへ


新年度に入って最初の出張となりました。 大西洋漁場で操業する勝栄丸船団が漁獲したメバチマグロなどを冷凍運搬船に転載して清水に搬入。 今年度一発目のマグロの値決め交渉でした クラッカー

東京では桜が満開となったようで、ここ清水もすっかり春のような暖かい陽気に包まれて、見頃となるのも近いんでしょうね。 4月5月といえばマグロの需要期でもある、それを裏付けるように焼津で行われた冷凍マグロの産地入札も、かなりいい値がついて、入札全体の盛り上がりが感じられます 花丸

こういう空気を敏感にキャッチするのも船主の重要なお仕事。 3月までのちょっと重い雰囲気から一変、4月に入ってこれは確実に上げ相場のムード。 冷凍運搬船で運んできた勝栄丸の冷凍マグロの値段交渉も、お互いの感覚が一致して短時間ですんなり合意できて。 今後の相場付きが楽しみです 音符


午前中のマグロの商談を終えて、静岡駅まで移動の途中で、お蕎麦の名店「くろ麦」さんでお昼ご飯をいただくことになりました。 お蕎麦は何にしようかなって考えながら暖簾をくぐります camera

ふと見れば、焼津漁協の担当者と同業の漁業者さんが。 午前中の水揚げを終えて焼津に移動の途中で立ち寄ったんだとか。 皆さん考えることは一緒、それだけ「くろ麦」さんが魅力的だっていう事 食事

私たちもさっそく注文。 冷たいお蕎麦に温かい鴨汁の「鴨せいろ」にしました。 山椒がピリッと効いた大人の味。 鴨肉がたっぷり入った最高の鴨せいろ。 今回もとても美味しくいただきました 親指

これからいったん気仙沼に戻って、また来週の水揚げには再度清水入りする予定。 出張のたびにこうしてその地の美味しいものを頂くのも楽しみの一つです。 また皆さんにもレポートしたいと思います マイク

新年度になって、冷凍マグロの相場付きも雰囲気が一変、上げ相場となってきた遠洋まぐろ漁業界。 これからの需要期、さらに荷動きが活発化して、さまざまなシーンでたくさんの人々に美味しいマグロを食べてほしいなって思います。 今年も一度くらいはお花見でも計画したいですね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:29