宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2017年06月21日

豊洲移転を正式表明


東京の台所・築地市場の名前は世界的にも有名で、いまでは場外市場も含めてたくさんの観光客も訪れる人気スポットになりましたね。 勝栄丸ブログでも築地市場での記事を何度もお伝えしました 音符

お寿司や海鮮だけではなく、市場で働く方々のためのいわゆる「築地市場グルメ」っていうものが存在していて、私も昔から足繁く通ったお店なんかもあるんですよね。 市場の機能そして周辺の商業施設、人の流れなんかも大きく変わってしまう、そんな市場移転問題にようやく方向性が示された模様 キラキラ

本来であればもうすでに豊洲新市場への移転を終えて、営業開始されているはずだった築地市場の移転問題。 連日のように報道され注目されたこの問題に小池都知事が記者発表を行いました 新聞

報道によれば、東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子知事は20日、緊急記者会見を開き、「築地を守る、豊洲を生かす」ことを基本方針の第一とし、豊洲に市場機能を移転させた上で、築地市場(中央区)にも市場機能を残して再開発することを表明。 将来的に築地に市場を戻すことを視野に検討する方針。 小池知事は記者会見で「築地市場の価値は都の莫大(ばくだい)な資産。 築地ブランドを維持、活用すべきだ」などと理由を説明した模様 マイク

賛否両論あって、移転賛成派・反対派それぞれの主張が真っ向からぶつかり合って、市場での不買運動やボイコットなど大きな混乱をもたらしたこの問題にもようやく着地点を見いだせたかのように見える。 小池知事の決定はそれぞれの主張に配慮した結果なのかな。 豊洲新市場に移移転すると断言した一方で、5年後をめどに築地市場跡地を再開発し市場機能をもった食のワンダーランドにしていく。 ん~、何かよくわからない。。 近いエリアに二つの卸売市場が両立するのは現実的じゃないと思いますが スーツ

5年後と言ったら、東京五輪も終わっているし、豊洲新市場に移転しての業務も軌道に乗っている。 そんなタイミングでまた新たな市場をつくって、戻りたい人だけ戻りなさいって。。。 豊洲新市場移転への反対・慎重派の批判をかわす政治手法にしか見えないんですけど。 築地再開発については結局先送りっていう事なんだと思いますね。 後任の知事さんなどにバトンを預けた形なのかな タイ

いずれにせよ、築地市場、築地っていう場所は、銀座からも歩いていける距離にあって、東京最後の大型再開発地区と言われるくらい価値の高いエリア。 どんな築地に生まれ変わるのか期待したいです 花丸

これで築地市場の新市場への移転問題が大きく動き出す。 報道で言われているのは来年5月頃の移転。 豊洲新市場を利用するお客さんや築地市場関係者が安心して胸を張って新しい環境で商売・取引ができるよう、そしてスムーズな移転ができるように、しっかりと対応してほしいと思います face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:26