宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年05月15日

成田空港で船員を出迎えて


中部大西洋の海域も例年通りにこの時期はシーズンオフとなって、ナミビア沖やアンゴラ沖など南大西洋の漁場へシフトする船や、漁業基地のスペイン・ラスパルマス港へ係船して空路日本に船員が戻ってきたりと、夏場のシーズンインまで各船ごとに戦略を練っての対応となっています 船

昨日の勝栄丸ブログでお伝えしたように、カーボベルデ共和国付近の漁場で洋上転載を終えた第1勝栄丸は現在ラスパルマスに向けて順調に帰航中。 天候にも恵まれて予定通りに到着できそう 花丸

一方、一足先にラスパルマス港に到着して、日本から派遣のドックマスターらとの引継ぎを終えた第7勝栄丸の乗組員たちが空路帰国となって、成田空港第2ターミナルに無事帰国となりました 飛行機

ラスパルマスから国内線でマドリッドまで、マドリッドからは成田空港までのイベリア航空直行便で乗り継ぎなしのフライト。 昨年夏場からの長期航海、船頭さんをはじめ乗組員の皆さん、ほんとうにお疲れさまでした。 到着ゲート前で出迎えて、一人一人としっかりと握手。 みな元気な様子で安心しました 音符

日本から出港するマグロ船もあれば、こうして成田空港や羽田空港を利用して空路の出港や帰港もある。 空港での見送りや出迎えも漁業会社の重要なお仕事なんです。 乗組員との再会の挨拶はほどほどに、こんどは国内移動の手配。 それぞれの移動ルートに合わせてのJR券を券売機で購入 タイ

外国人観光客がみどりの窓口に長蛇の列を作っていたから、予定していた新幹線に間に合わないのではと思ったけれど、券売機での発券が意外とスムーズにできて、船員さんを待たせる事なく移動開始 train_a03

次の航海開始まで、それぞれのホームタウンでゆっくりと休暇を過ごす乗組員。 長期航海の疲れをしっかりと癒して、また新たな航海への鋭気をやしなってほしいですね。 長期航海お疲れさまでした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:43