宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2018年11月09日

豊洲新市場に初めて訪問


83年間にもわたる長い歴史に終止符が打たれた築地市場から、豊洲新市場に移転して先月営業が開始されました。 開業当初は豊洲新市場のいろいろな話題が連日報道されましたね クラッカー

かつて私も築地市場で2年間お世話になった事もあり感慨深いものがあります。 築地市場の最後をお伝えすべく、今年になって何度も足を運んでは、勝栄丸ブログでご紹介してきました タイ

ちょうど東京出張のあいまに時間を作って、開業したばかりの豊洲市場に行っての打合せとなりました。 アクセスのよかった築地市場とは違って、初めての豊洲市場は勝手がまだわかりません いかり

豊洲市場駅前のところまで第一水産の大物部長さんに迎えに来ていただいて、豊洲市場内のいろいろな施設やお店を見学しながら事務所に向かいます。 築地とは違ってすごく衛生的できれいです 花丸



二階から見学できるようになっているマグロ類のセリ場。 マグロの赤身の色がはっきりと見極められるように、セリ場の床が緑色となっていて、マグロを陳列するためのアルミの簀子がズラリ camera

築地市場と豊洲市場の勝手の違いから、当初は多少混乱した部分もあったみたいですが、大きな問題はなく順調に業務が進められていると聞いて、関係者の対応力はさすがだなと思いました 親指

まぐろの売り場はエアコンでの温度調整が一年中行われ、セリ場に一歩足を踏み入れるとちょっとひんやりとした空気感。 これから年末年始にかけて水産物の流通が一番盛り上がる時期となってくるので、ここ豊洲市場から安心安全で新鮮な美味しい海の幸がたくさん流通することを期待しています 船

一般来場者の見学通路には、これまで築地市場に上場されたマグロの中で一番大きかったクロマグロのオブジェが展示してあって、多くの来場者が足を止めては写真撮影をしていました。 荷受の事務所棟には、長靴専用の乾燥室や更衣室、会議室が並んでいて、事務所にはお祝いの胡蝶蘭がたくさん 音符

観光地の中でお仕事をするような新しい環境は、築地市場とはまた違った感じの豊洲市場。 私もこれから何度かおじゃまするうちにだんだんと慣れてくるんでしょうね。 豊洲移転おめでとうございます! face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:13