宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年04月07日

北参道のフレンチ「sincere」さんで


第7勝栄丸の入港アテンドなどのために出張したインドネシア・バリ島から帰ってすぐに、こんどは東北新幹線で上京。 数か月前からスケジュールを合わせ楽しみにしていた会合に出席です 音符

私たちの遠洋まぐろ延縄漁業は、まき網漁業などに比べると非効率であるかのように見られることが多いのですが、マグロ資源を根こそぎ獲ることなく、資源を守りながら持続的に漁業活動ができ、日本の刺身文化を支える重要な産業であり、今回はそのサスティナブルシーフードについての情報交換でした タイ

いま世界的に広がりを見せつつあるサスティナブルシーフード。 資源管理がしっかりとなされ、限りのある資源を有効に利用しながら、シーフードの価値を高め、再生産が可能となる漁業。 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、また一段と認識が深まっていくことだろうと思いますね 船

今回の会合の会場となったのは、副都心線の北参道駅に近い閑静な住宅地にあるフレンチレストランの「sincere」さん。 オーナーシェフの石井さんが芸術作品のようなお料理を提供し、数か月後まで予約でうまっているほどの人気店なんです。 素敵なお店にドキドキしながらおじゃましました 食事

フレンチっていっても肉料理がメインではなくて、使っている食材はいずれもサスティナブルなシーフードが中心。 季節のお野菜をふんだんに使いながら、一皿一皿すべてストーリーがある。 お料理に合わせてソムリエが提供してくれる極上のワインと共に石井シェフのお料理を堪能させて頂きました 花丸

sincereはオープンキッチン形式のお店の作りで、シェフやスタッフたちの作品作りを見ることができる。 メインは第1昭福丸がアイルランド沖で漁獲した天然クロマグロ。 1月末には第7勝栄丸のクロマグロの水揚げを石井シェフにも立ち会って頂いて、BSフジの番組で特集されたことを思い出します icon12

サスティナブルシーフードについてのお話をしながらの至極のひと時。 また機会を作ってぜひ訪れたいです。 持続可能な漁業を目指し、船員育成も含めてこれからも頑張っていきたいと思います。 石井シェフをはじめsincereの皆さん、ご一緒して頂いた皆さま、素晴らしい時間をありがとうございました face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:41