宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年04月13日

新造船の海上公試運転を前にして


4月に入っても季節外れの雪が降ったりと、なかなか春めいた陽気にならなかった気仙沼ですが、ようやく今週末くらいから気温も上がってきて、桜の開花のニュースも聞かれるようになってきました sakura

現在南太平洋のパプアニューギニア水域で操業中の第123勝栄丸は、あと残すところ一か月ちょっとでマグロ漁を切り上げて帰航するところとなって、大西洋で奮闘中の第1勝栄丸も、今月下旬には漁業基地のスペイン・ラスパルマス港に帰港する予定となっています。 乗組員の皆さんご苦労様です 親指

10日間の大型連休を控えているので、日本から派遣する技師や帰国する船員のフライト便を確保するのもけっこう大変。 空席がない上に航空券も割高という事もあり、早目の手配をしたいところですね。 入港予定と合わせて、現地の作業スケジュールを勘案しながら前広に手配をかけていきたいと思います 汗

一方の日本国内では、現在新潟造船で建造中の新船・第127勝栄丸のファイナルドックが終了し、週明けの海上予行・公試運転に向けて、船内の艤装工事が急ピッチでおこなわれている状況です 船

今月初めの建造状況の視察の時は、洋上での試運転を行なうまでに仕上がるのはまだまだ時間がかかるのではと思ったけれど、工程表通りに作業を進めてくるあたりは、さすがの新潟造船さんです 花丸

週明けに船頭さんをはじめ幹部船員の皆さんが新潟入りし、無線設備の検査や予備品類のチェック、海上での試運転などに立ち会うことになっているので、お世話になりますが宜しくお願い致します タイ

乗組員の皆さんと一緒に、私も新潟に行きたいところだけれど、スケジュール調整がつくかどうか。
要望工事や指摘事項に関しても、竣工・引渡しまでには現地で確認したいと思います。 新造船の竣工・引渡しまであと一ヶ月半ほどとなってきましたので、竣工披露の計画も立てなければなりませんね face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:11