宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年05月03日

気仙沼魚市場に展示スペースが出現


東日本大震災で大きな被害を受け、その復旧工事がようやく完成し4月から供用が開始された気仙沼魚市場の新市場棟(CD棟・E棟)。 高度衛生管理型の魚市場が本格的に稼働しはじめました クラッカー

閉鎖型の荷捌き場には、メカジキやサメ類などがずらりと並ぶ光景は圧巻。 観光客の皆さまにもぜひ一度見てもらいたいですね。 この連休中は、5月1日と2日だけの開場なので宜しくお願いします タイ

その新市場棟の二階には、私たちの宮城県北部鰹鮪漁業組合(北かつ)や水産関係団体の事務所がずらりと並び、いまは国家資格の海技士講習の真っ最中。 30名ほどが資格取得に向け受講中 船



その新市場棟の二階の通路スペースに、気仙沼市が新たに設置する気仙沼の漁業に関しての展示スペースが4月27日から出現するという事で、関係者とともにその内容を確認しに行ってきました 音符

入り口を入るとまず目につくのが、床一面の大きな世界地図。 気仙沼港や世界の主要漁業基地から出港する関係船が、どのような漁場でマグロ漁をおこなっているのか一目でわかる詳細なもの camera

漁労長OBなどのご意見を伺いながら作成したのだとか。 こんな詳細な漁場図は初めて見ました。 気仙沼でラスって言えば「ラスベガス」じゃなくって「ラス・パルマス」の事っていう記載も面白いですね 親指

操舵室や海図室、船員の寝室なども実際の漁船の寸法で忠実に再現してあって、プロジェクションマッピングや映像シアターなどもかなり迫力があって素晴らしい。 皆さんも是非いちどお越しください face02  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 11:20