宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年07月18日

佐賀明神丸が気仙沼に今季初入港!


今月、第127勝栄丸 第123勝栄丸 第1勝栄丸と三隻の社船を大西洋とインド洋の漁場へと送り出し、会社スタッフともどもホッと一息ついた今週。 こんどは一気にカツオの水揚げで賑わってきました クラッカー

例年より大幅に遅れた気仙沼港での生鮮かつおの水揚げ。 うちの問屋部門もこれまでまったく入船・水揚げがなく、今年のかつおの水揚げはどうなってしまうんだろうとすごく心配していたところ 汗

カツオの北上が遅れて、例年に比べて漁獲が少ない前半戦だったから、カツオ船団の各船もみなたいへんなシーズンになっていたのではないかと思います。 それがここにきて、巻き網船がカツオを巻きはじめ、一本釣り漁船もカツオやびんちょうの漁が好調になりつつあるので、これからに期待したいですね 花丸




今季の勝倉漁業の問屋部門の先頭をきって入港していただいたのは、高知県黒潮町の第11佐賀明神丸さんと第88佐賀明神丸さん。 88佐賀明神丸さんは今年初めに完成した新造船なんです 船

昨年までの123佐賀明神丸から新船の88佐賀明神丸に乗り移り、今季のかつお漁をおこなっている森下船頭をはじめとする乗組員の皆さん、そして11佐賀明神丸の船頭さんや乗組員の皆さんもみな変わらず元気な様子に、今季のかつお漁のスタートを実感しました。 今年もどうぞ宜しくお願い致します タイ

これまでの漁場から徐々に北上した群れを追って、近場の漁場から沖合の漁場まで広く情報を集めながらカツオやびんちょうを狙う各船の操業。 だんだん調子が上がってきたと船頭さんがおっしゃっていたように、気仙沼港としてもこれからの巻き返しに必死に頑張っていかなければなりませんね 親指

気仙沼港の関係者の皆さまのご協力を頂いて、勝倉漁業としてのかつおシーズンにこれから突入していきます。 ようやく、ようやくカツオがきました! カツオの水揚げとともに気仙沼の夏がやってきます face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:31