宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年08月18日

新造船・第108欣栄丸がサンマ漁へ出航!


約一か月遅れで始まった今年の気仙沼での生鮮かつおの水揚げは、ここにきて順調な入船と入荷が続き、23年連続生鮮かつお水揚げ日本一にむけて千葉県勝浦港を猛追している状況です 音符

船頭さんなどからお話を伺うと、黒潮にのって北上するカツオの魚群がここにきてけっこう見え始めていて、三陸沖から北海道沖まで操業海域を広げて各船奮闘中との事なので、当初は心配した今年のかつおの水揚げですが、しばらく釣らせてもらえそうな雰囲気になってきていて、ホッと一安心です 船

あとはこの漁模様が長く続き、秋口を越して11月・12月まで水揚げが続いてくれることを願うばかり。 ここにきてカツオの身質も良くなってきたから、気仙沼の美味しい旬のカツオをぜひご賞味ください 食事

一方、8月20日に漁の解禁を迎える大型さんま棒受け網漁船によるサンマ漁。 シーズンオフの間、気仙沼港に係船して出漁準備を進めてきたサンマ漁船が、北海道の漁業基地花咲港などにむけていっせいに出港するという事で、みんなでサンマ船を見送りましょうというイベント今年も開催されました クラッカー

今年、気仙沼の造船所で完成・引渡しを受けた第108欣栄丸さんも出漁に向けた準備が完了し、各船よりも一日早く気仙沼から母港釜石に廻航するという事で、会社役員とともに出港祝いの品を持って見送りに行ってきました。 すでに新船での出漁準備は万全な体制で、乗組員もみな気合が入ってました 花丸

新造船・第108欣栄丸を率いる船頭さんにご挨拶。 台風10号の影響で、三陸沿岸は風が強まってうねりも強いので、くれぐれも気を付けてくださいねと、乗組員の皆さんへエールを送ってのお見送り icon14

先日発表されたサンマの資源調査結果と来遊量予報によると、例年以上に厳しい資源状況との報道もありますが、その予報を覆す好成績で漁が推移します事を心から期待しています。 第108欣栄丸さんの航海安全と大漁、そして乗組員の皆さんのご健勝でのご活躍を祈りながら気仙沼でお待ちしています face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:03