宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年09月14日

約3ヶ月待ちで冷凍運搬船の水揚げ


ひと頃の猛暑もどこかに行って、すっかり秋めいた気候となってきました。 朝晩などは長袖でも肌寒いほどの気温になっている気仙沼です。 これからひと雨ごとに益々涼しくなっていくんでしょうね もみじ

だんだんと秋めいてきて、生鮮ガツオの水揚げが連日順調におこなわれている気仙沼を離れて、冷凍マグロの水揚げ基地である静岡県清水港に出張。 冷凍運搬船の荷役ペースが極端にスローダウンしていたここ数ヶ月、荷口ごとの荷役が進んできてようやく勝栄丸のロットの順番が回っきました キラキラ

河岸の市で海鮮丼ランチを食べたあと、荷受会社の事務所で綿密な打ち合わせしながら値決めの時間までいろいろと考えながら、だんだんと戦闘態勢に入ってく。 毎回毎回緊張する時間です タイ

数時間の話し合いを経てお互いに納得しての価格交渉合意で、翌日には興津埠頭に移動しての冷凍運搬船「YACHIYO」による第1勝栄丸の冷凍マグロの水揚げ作業が行われました。 どんよりと曇っている空のもと、巨大な冷凍運搬船のハッチから次々と冷凍マグロが荷捌き台に荷揚げされていきます camera

冷凍運搬船「YACHIYO」は竣工したばかりの新造船で、今回の大西洋航路での集荷が処女航海っていう事になります。 インド洋から南アフリカ沖を経て大西洋漁場に入り、予約を受けている各船との連絡を取りあいながら集荷を進め、中部大西洋からパナマ運河を抜け、太平洋を日本に向けて帰航 マイク

清水港に入港してから約3か月間も待って、今回の第1勝栄丸の水揚げになったのですが、こんなに待たされた経験はいまだかつてない事。 清水港でいろいろとお話を聞くと、少しずつ状況が改善される方向に進んでいるみたいなので、年内中にはなんとか正常化されることを心から願ってやみません icon14

今回の第1勝栄丸の水揚げでも、清水港の関係者の皆さんにはほんとうにお世話になりました。 また、誠意ある価格で買付けして頂きまして有難うございました。 また次回もどうぞよろしくお願い致します face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 15:33