宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年09月15日

焼津魚市場での産地入札視察


大西洋漁場でマグロ漁をおこなう第1勝栄丸が今年の4月末にカーボベルデ共和国ミンデロ港にて冷凍運搬船YACHIYOに漁獲物を日本向けに転載し、その冷凍運搬船が6月10日頃に清水港に到着 船

それから約3カ月待って、ようやく勝栄丸の荷役の順番がまわってきて、清水港へ出張しての価格交渉と水揚げをおこなった週末でした。 こんなに待たされたのは初めての経験。 予定が大きくずれてしまいましたね。 それでも様々な調整を行いながら対応して頂きまして本当にありがとうございました タイ

清水港での滞在中、昼からの水揚げ前の午前中の時間を利用して焼津港の視察。 清水から焼津までは40~50分の距離なので、取引先で準備して頂いたハイブリッド車で焼津魚市場に向かいました キラキラ

焼津視察の目的は、大西洋漁場のマグロの入札を見る事。 三重県の第35長久丸さんが北西大西洋で漁獲したクロマグロと、中部大西洋のメバチマグロやキハダマグロなどの入札販売があったんです 親指

朝の渋滞のため予定より10分ほど遅れて焼津魚市場の入札場に到着。 すでに焼津魚市場の仲買業者や関係者などが場内にたくさん集まっていて、すでに入札は終了し発表を待っているところ いかり

大西洋クロマグロは、西経45度線を境に西と東でそれぞれ管理されていて、今回入札があったクロマグロは、ボストン沖のグランドバンク水域のもの。 平均目廻りが200㎏もある超大型クロマグロです マイク

各魚種について最高値を応札した単価と業者名が次々と発表され、落札価格をメモを取りながら真剣に見つめる業者さん達。 入札終了後に今のマグロ流通の状況について情報交換させて頂きました ハッピ

水揚高日本一の焼津魚市場の岸壁では、海外旋網船や遠洋カツオ一本釣り漁船、そして遠洋まぐろ延縄漁船が並行して水揚げをおこなっていて、焼津の第32福久丸さんもミナミマグロの水揚げ中でした face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 13:31