宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年09月20日

二連休前の気仙沼魚市場にて


勝栄丸各船の航海安全と大漁そして勝倉漁業の商売繁盛などの祈願のため、十和田神社にでかけての参拝を終えて気仙沼に戻ってきました。 車で往復約10時間ほどのロングドライブでしたね 花丸

両日ともに天候に恵まれて、十和田の大自然を満喫するとともに、深い森の中にたたずむ十和田神社の厳かな雰囲気のもとでの神事で、精神的にもすごく健康になったような気がしますね。 またこういう機会があればぜひ出かけてみたいです。 こんどはもう少しゆっくりと余裕のあるスケジュールでね タイ

気仙沼港に入港するカツオ船の水揚げも、ここにきて漁場がすぐ近場になってきて、数量的には多いわけではないけれど二日続けて水揚する船もでてきたりと、10月に向けて勢いを維持しています。 連休前のきょう金曜日は、一本釣り船26隻と旋網船3隻で生鮮カツオ150トンほどの水揚げとなりました。 音符

総トン数100トン以上の中型船にまじって操業する比較的小型のカツオ船は、漁場が近場になった事でその競争力は一気に互角になってきて、勝倉漁業の関係船の皆さんとも毎朝挨拶を交わしています。 カツオのサイズ組成や漁場分布などを調査している国際水研の皆さんも、毎朝ご苦労様です 船

漁場によっては脂のりも見えてきてはいるものの、全体的にはまだまだ「戻りガツオ」とは言えないかなあ。 それでも赤身の冴えがお盆のころのカツオとは全く違って、身質がすごく良くなってきました 親指

実は、十和田神社へも御神前へのお供えと新口のカツオを二本、発泡スチロールに入れて氷を張って持って行ったんです。 大カツオが二本入りの氷の入った箱を持って、参道を歩くのは重かったなあ 汗

日本中は二週続けての三連休ですが、今週の気仙沼魚市場は土日の二日間だけ休市で23日(月)秋分の日は開市での水揚げ対応。 二日間からだを休めて、週明けのお仕事に備えたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 07:00