宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年11月07日

第1勝栄丸がラスパルマスを出港


日本の遠洋まぐろ漁船が多く操業をおこなう北大西洋漁場では、今年も10月から11月にかけてクロマグロ漁がおこなわれています。 西経45度線をさかいにして北東と北西海域に分かれての操業 クラッカー

今季も勝倉漁業では二隻を大西洋クロマグロ漁場に出漁させ、アイルランド・アイスランド沖の北東大西洋海域で船ごとに決められた漁獲上限数量を目指して、日々クロマグロ漁をおこなってきました 親指

先日もお伝えしたように、かつては乱獲などによってその資源量を大きく減らした大西洋クロマグロですが、ICCATを中心とした厳格な資源管理の導入、各国の漁獲量の大幅削減、小型魚の漁獲禁止、メキシコ湾・地中海での産卵時期の規制導入などによって、資源状況が劇的に改善されましたよね icon14

毎年この時期におこなわれるクロマグロ漁。 北緯60度近くでの操業という事もあり、大きな時化が続き寒さや雪との闘いの中でおこなわれるので、無事終了の報告にホッと一安心の会社内です タイ

先日は第127勝栄丸が、そして次は第1勝栄丸がクロマグロ漁を終えて補給などの為にラスパルマスに入港となって、燃料補給や食料の積込み、冷凍餌料の補充などを済ませ、次に予定する漁場・中部大西洋を目指して出港となりました。 船頭さんをはじめ乗組員の皆さん、ほんとうにご苦労様です 船

ラスパルマス港に滞在中には、両船ともに乗組員みんなでのクルーパーティーもおこなった模様で、すごくいいリフレッシュ、気分転換になったのではないかと思います。 次回は私も渡航しますから 飛行機

来春まで続く中部大西洋でのマグロ漁ですが、乗組員の皆さんにはくれぐれも事故や怪我などの無いように、体調管理を充分にして頑張ってほしいと思います。 両船の航海安全と大漁をお祈り致します icon12

きょうの勝栄丸ブログに使わせて頂いた写真は、第1勝栄丸の船長さんがラスパルマス出港時に船上から撮った港内の様子です。 引き続き、乗組員全員が力を合わせて頑張ってほしいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:51