宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年01月19日

清水港で後半戦への餌積み作業


昨年8月からインド洋の漁場にて、ミナミマグロやメバチマグロなどを漁獲し続け、今週初めに主要水揚げ基地の静岡県清水港に戻ってきた勝倉漁業の123勝栄丸。 乗組員の皆さんお疲れさまでした クラッカー

本船の帰港を前に清水入りしては、漁艙にぎっしりと積載されている漁獲物の値段交渉を行って。 そして予定通りに清水港に到着した本船のマグロ類の水揚げが二日間にわたり行われました 花丸

天候が心配されましたが、とても穏やかな温かい気温にも恵まれて、丸々と太って脂がのったミナミマグロなどの水揚げが順調にすすみ、令和2年最初の冷凍マグロの取引きが無事に終了しました 船



漁獲物の水揚げを終えた翌日には、今航海後半戦の操業に向けての冷凍餌料や漁具・資材、食料品などの積み込み作業が引続き行われて。 冷凍餌料を供給してくれたフジ物産のスタッフや勝倉漁業の役員そして乗組員らが総出で、防寒着や防寒靴などでの完全装備での餌積み作業でした 親指

今回の餌料積み込み作業には静岡朝日テレビの取材も入って、ビデオカメラで餌積み作業の様子そして-50℃以下に冷えている漁艙内での作業などを映像に収めていました。 ちょっとだけインタビューの時間もあって、どんな放送内容になるのか楽しみだけど、たぶんローカルだから見れないかな 映画

今回は通常の半分程度の餌料数なので、開始から2時間ほどで餌積み作業は終了したけれど、食料品や漁具・資材なども次々と運び込まれるからその仕分け・収納作業に時間がかかって。 気仙沼からはるばる清水まで納品してくれた取引先の皆さんにもほんとうに感謝です。 お疲れさまでした タイ

ちょっと小雨が降って、気温もぐっと下がって、今年一番っていいくらい寒い中での積み込み作業でしたが、なんとか皆さんのご協力のおかげで順調に終了しました。 休む間もなく後半戦のマグロ漁へと出漁することになる本船の乗組員に心から感謝するとともに、後半戦へのエールを送りたいと思います face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:31