宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年02月19日

漁模様回復に期待のかつお漁


寒かったり暖かかったりと毎日けっこう気温が違っていて、そして出張も続いていたから体調管理も難しい今日この頃。 インフルエンザにも注意して、手洗いうがいをしっかっりと気を付けています 汗

このところは新型コロナウィルス(COVID-19)のニュースが連日報じられ、テレビ・新聞もこのニュース一色の様相。 中国での患者数減少と、国内での感染拡大が阻止されるよう願うばかりです タイ

中国はいま世界第二位の経済大国で、以前とはまったくその影響力が違っている。 世界の工場といえる中国でのこの問題が、今後の世界経済にどのような影響を及ぼすのかしっかりと見極めなければなりません。 日本でもこの影響は小さくないと思われるので、リスクへの対処をちゃんとしておかなければ 船

世界中、日本中が新型コロナウィルスのニュースでもちきりの中、先月下旬から今月にかけて出漁した生鮮かつお船の操業がすでに始まっていて、千葉県の勝浦港に水揚げをおこなってきているけれど、その入港隻数と数量はだいぶ少ないみたいな情報が聞こえてきているので、とても心配しているところ 新聞

今年の勝浦港のかつおの水揚げは三重県の甚一丸さんから始まって、ここまでのべ6隻の入港で51トンほどの水揚げ数量。 各船ともに4番手・5番手のカツオまで持っての入港だからかなり航海日数がかかっているのがわかる。 まだ漁が薄いのでしょうか、漁獲が回復してくれることを願っています いかり

もうすでにほとんどのかつお船がそれぞれの母港を出港して操業を開始したはずなので、ここまでのように少ない入荷量で推移するとは思えないものの、今年のかつお漁がどのように動いていくのか興味津々です。 関係船の航海安全と大漁満足を願いつつ、本業でのお仕事に頑張っていきたいと思います face01
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:49