宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年06月08日

第一勝栄丸の乗組員とまぐろ丼ランチ


気仙沼もすでに夏のような気温になってきて、毎日暑い日が続いています。 こうしたご時世でもありますから、勝栄丸ブログをご覧の皆さまも熱中症にも気を付けて、体調管理を万全にしてください 晴れ

このところずーっと続いている気仙沼港への近海かつお船によるびんちょうの水揚げが継続中で、各船ともに豊漁で満船状態での入港が続ています。 6月中もこの漁が続いてほしいところです 船

船頭さんや乗組員らにお話を伺うと、昨年見えなかったびんちょうが今年は広い範囲でなぶらが見えているけれど、かつおの群れが全く見えないのが心配との事。 ずうっとびんちょうでもいいねだって icon12

12月から長期係船中のサンマ船は、8月からの漁期開始に向け徐々にドック入りしこれから艤装する船が増えてくる。 そして出港待ちや帰港した遠洋まぐろ船がずらりと並び、そこに三陸沖で操業する近海や遠洋カツオ船、巻網船などの入港が重なるものだから、港内はたくさんの船でぎっしりです 音符

大西洋漁場でのまぐろ漁を終えて、先日気仙沼に帰港した勝倉漁業の第一勝栄丸は、清水港での冷凍マグロ類の水揚げも順調に終わり、乗組員への給料などの支給日となりました、一つの区切りですね 業界用語で「精算」っていうんですが、3密を避けて会社の会議室を広く使って、乗組員をご案内して タイ

お昼時に集まってもらった乗組員には、北かつまぐろ屋からタクシーでの無料宅配サービスの「ホヤデリ」を利用させてもらってまぐろ丼を準備。 まぐろ三色丼もいいかなと思ったけれど、せっかくだからと「親方よくばり丼」を注文。 「精算」の前に、船頭さんや乗組員の皆さんとささやかなお食事会でした 食事

今航海を振り返っての結果報告、「精算」にあたっての会社の方針や考え方などをお話ししたあとに精算金をひとりひとり現金で支給。 今航海もお世話様でした。 また次の航海も、乗組員の皆さんのご協力を頂けるように、私たちとしてもしっかりと対応していきたいと思います。 ゆっくりと休んで下さい face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:26