宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年06月21日

第7勝栄丸が母港気仙沼に帰港!


5月から続いた各水域からの勝栄丸各船の帰港も、この第7勝栄丸の入港でひと段落。 ケープ沖での操業を終え清水で水揚げをおこなった第7勝栄丸の気仙沼到着を関係者とともに出迎えました クラッカー

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大によって、遠洋マグロはえ縄漁船の主要な海外基地が軒並みロックダウンする中にあって、予定の操業が終了するタイミングとなっていた勝栄丸各船。 乗組員の安全を第一に考え、そして次の展開が確実におこなえるドック地として日本に戻す決断をして タイ

大西洋からは約50日もの航行を経て第127勝栄丸と第1勝栄丸が帰港。 南太平洋からは123勝栄丸が気仙沼での母港水揚げをおこないましたよね。 そして南ア・ケープ沖漁場からは本船と、一か月ほどの間に所有船の全船が気仙沼に帰ってくるのは勝倉漁業の歴史はじまって以来かもしれません 汗

マグロ漁場で操業する漁船の船内は、この新型コロナとは無関係のいわば「無菌状態」ですが、乗組員はご家族のことなどすごく心配されたのではないかと思います。 到着しホッとしたことでしょう 親指

清水港にてミナミマグロなどの漁獲物を水揚げした第7勝栄丸は気仙沼魚市場に着岸。 気仙沼揚げとなった漁獲物や、操業で使い切れなかった残餌や冷凍食品などの陸揚げをおこなました 船

漁艙や凍結室内の冷凍品をすべて陸揚げしたあとにはコの字岸壁へと本船をシフト。 船頭さんや乗組員の皆さんのご家族も出迎えに来ていてすごくほのぼのした光景が見られました。 長期航海となり乗組員の皆さんほんとうにご苦労様でした。 元気な様子で安心しました、おかえりなさい! 花丸

今週半ばには「みらい造船」へのドック入りを予定している本船です。 あとしばらくの間は休暇となりますので、航海の疲れを癒していただければと思います。 無事に気仙沼に到着しホッとしましたね face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:28