宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年06月26日

選択肢増えた船員向けお弁当


大西洋やインド洋などの各海域から、それぞれの操業予定を終えたタイミングで日本に向けての帰航となった勝栄丸各船は、順調な航行を経て清水港での水揚げを終えたのち気仙沼に帰港 音符

中部大西洋からは約1か月半、ケープ沖のミナミマグロ漁場からは約1か月の帰途航と、船頭さんをはじめ乗組員の皆さんには本当にご苦労様でした。 清水や気仙沼で各船を出迎えてホッとしました 花丸

いま現在も、遠洋まぐろ漁船の漁業基地のひとつ南アフリカ・ケープタウンやペルー・カヤオなどでは国際便の運航が停止されていることもあって、船員や技師の渡航ができない状況が続いているので、新たな航海計画ではこうした状況に伴うリスクも最大限おりこんだものにしていかなければなりません 汗

各海域から帰港した勝栄丸各船の幹部船員と、宮城県造船やみらい造船でのドック作業の合い間の打合せで、さまざまな問題について検討をおこなっています。 それでもここ気仙沼でのドック・休暇では、ほぼ平常通りの動きができているので、気仙沼に船を戻して正解だったのではないかと思います 親指

そして岸壁での作業中に会社スタッフや乗組員が食べるお弁当にも、以前と比べるとだいぶ選択肢が増えてきて、ここイシカワライブキッチンのテイクアウトも取り寄せてみんなで頂いたっていうから、乗組員の皆さんにも気に入ってもらえたことでしょう。 このナポリタンのハンバーグのせ、すごく美味いです 食事

これから勝栄丸各船の新たな航海に向けての様々な作業が出てくる中で、この新型コロナの影響で営業的にたいへんな思いをしながらも頑張っている各店舗をいろんな形で応援したいです。 作業中にいただくお弁当などの手配にも、じゅうぶんに気を配って偏りないようにしたいもの、よろしくお願いします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:05