宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年06月27日

第7勝栄丸がみらい造船に上架


梅雨寒のどんよりと曇った天候の気仙沼港です。 先日までの真夏を思わせる天気から、この時期らしいじめじめとした空気になってきて、体調面もなんかすぐれない。 しっかりと睡眠をとらないと icon02

先日まで一本釣り漁船によるびんちょうの豊漁が続いてたおかげで、気仙沼漁協の集計によると昨年の10倍の1万トンを超す水揚げ数量となっていて、金額も30億円を突破したという嬉しい情報 クラッカー

先週くらいから、そのびんちょうが少なくなってきたかわりにカツオの割合が多くなってきました。 ここまでの勢いはなく各船ともに魚群探索に苦労している様子がうかがえます。 頑張ってほしいです 船

第1勝栄丸が宮城県造船に上架しての船体整備を開始して約2週間がたちました。 来週末くらいには下架できるんじゃないかなっていう施工業者のお話し。 ここまでは天候を見ながらの工事だったので、これからなるべく雨が降らずに、船体塗装などが順調にすすんでいくことを大いに期待しています 花丸

そして先週末に気仙沼に帰港した第7勝栄丸が、みらい造船への上架日を迎え、会社スタッフと共に立ち会ってきました。 朝8時、コの字岸壁を離岸した本船は、自走でみらい造船へと進んでいって、作業艇などのサポートをうけながらシップリフトに一発で搭載となりました。 風もない上架日和でした 親指

シップリフトによって少しずつ海面からせりあがってくる本船の、船底や外板そしてプロペラやラダーなどの状態を乗組員と一緒に確認。 長期航海でのマグロとの格闘の跡がありありと残っていますね camera

これからみらい造船での船体整備等をおこなっていく本船。 みらい造船の担当者や作業員の方々そして塗装業者の皆さんなど、いつも通りのしっかりとした工事・修繕をお願いします。 下から見上げる遠洋まぐろ漁船はほんとうに迫力がありますね。 いま宮城県造船とみらい造船の二か所でドック中です face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:02