宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年06月28日

第23佐賀明神丸が気仙沼に今季初水揚げ!


梅雨入りして毎日どんよりと曇った天候が続く気仙沼です。 いま気仙沼に帰港中の勝栄丸2隻がドック入りしての船体整備などをおこなっているので、できるだけ雨が降らずにいてもらいたいもの icon02

先日までは近海かつお船によるびんちょうが豊漁となって、お伝えしたようにすでに10,000トンが水揚げされ、金額も30億円を超えたとの報道もあるから、5月に続きこの6月の水揚げ実績にも大いに期待が持てるのではないかと思います。 昨年の不振を挽回するような実績で推移するといいですね icon14

ここ一週間ほどは、びんちょうの数量が少なくなってその代わりにカツオの割合が増えてきました。 ようやく本格的なカツオシーズンの到来といった感じ。 脂のりも見えてすごく美味しいカツオです クラッカー



これまでの千葉県勝浦港を中心としたかつお船の水揚げ拠点から、カツオの北上にともなってここ気仙沼がこれからの主戦場となる。 続々と入港する各船に続いて、高知県の第23佐賀明神丸さんが今季初入港で新口のかつおを水揚げして頂きました。 船頭さんや乗組員の皆さんもみな元気そうです 花丸

いま水揚げされているカツオの組成は例年とは大きく違って「特大」「特大2」「大」などの3~6㎏ものが中心。 そして1㎏ほどの「少々」サイズも結構入っていて、この時期に例年水揚げされる2~2.5㎏の「中小」や2.5~3㎏の「中」サイズが少ない。 これから釣れだすでしょうからまあ大丈夫でしょう 船

23佐賀明神丸の船頭さんも、ここからは気仙沼がメインの水揚げ基地になるとおっしゃっていて、カツオの魚群もだいぶ北上してきたとのことなので、これからの生鮮かつおの水揚げにも期待したいです タイ

気仙沼に今季初水揚げをおこなった23佐賀明神丸さんは、水揚げと船員の仕込みのあと広田湾の餌場に向けてすぐに出港となりました。 第23佐賀明神丸さんの航海安全と大漁をお祈りいたします face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 09:56