宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年07月08日

上架中の勝栄丸各船を視察


新型コロナウィルスの世界的な感染拡大によって、遠洋まぐろ延縄漁船が利用する主要基地港が十分に機能しない状況を受けて、予定の操業を終えた船から順次気仙沼へと帰航となった勝栄丸各船 親指

清水港や気仙沼での冷凍マグロ類の水揚げも終わり、乗組員への精算金の支給も済んで、勝栄丸各船の乗組員はそれぞれの休暇に入っています。 移動続きの出張の毎日から気仙沼での落ち着いた仕事になって、気仙沼のみらい造船などでの船体整備をおこなう各船の視察をおこないました 音符

宮城県造船には第1勝栄丸が上架して、サンドブラスト施工後の船体塗装が終わり、船体周囲に設置されていた足場も撤去となって、あとは甲板部や機関部の修理工事の終了を待つのみ。 ドックからの下架がのびのびの日程になっているものの、今週末には下架できるのではとの見通しとなってきました 船

一方のみらい造船では第7勝栄丸が上架中。 広大なドック敷地内なので、本船にできるだけ近い場所に駐車して出向くと、エンジン整備業者と機関長さんがちょうど打合せしているところで、船体周囲や艫廻りをチェックしながら、機関長さんなどといろいろとお話しさせて頂いて。 連日ほんとご苦労さまです キラキラ

みらい造船には8月に出漁を控える大型さんま船が上架しての船体整備中で、ちょうどこの日も光洋丸さんの上架作業にかちあって。 半年以上も係船していたので、船底などに付着した海藻などを高圧洗浄機で洗い流しながらの上架作業。 これから次々とみらい造船にサンマ船が上架する予定だとか タイ

港町岸壁では7月17日に出港を予定する第127勝栄丸が艫付けで係船中。 OBの船員さんなどが毎日のようにお手伝いしてくれていて、発錆部などにペンキを塗ってくれてます。 ほんとうに助かりますね、皆さんのご協力があってこそ運航できるんだなあって感じます。 体調に気を付けてお願いしますよ face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:28