宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年08月21日

83佐賀明神丸が夏季休暇で帰郷に


8月も下旬となって、日中はまだ暑い日が続いているけれど、早朝はだいぶ涼しくなってきてTシャツ一枚だとなんとなく肌寒い感じがします。 きょうも早朝からのお仕事、関係者の皆さんご苦労様です タイ

このところ旋網船によるカツオ漁がまたおこなわれるようになって、きょうの気仙沼魚市場には5隻で230トンを超す新口の巻網物が水揚げされたけど、そのうち7割近くが1.8㎏未満のピンガツオという組成。 この前よりは少しは大きく成長してきたかと思うけれど、まだまだ小さいカツオが主体の群れですね 汗

そして一本釣漁船は9隻で130トンほどと、旋網船と合わせて360トンを超す水揚げとあって、問屋関係者や魚市場スタッフそして各船の乗組員の皆さんも、入港早々の早朝から大忙しの魚市場でした 船



朝5時半に入港との連絡があった83佐賀明神丸を出迎えるべくFindShipで船位を確認すると4時半過ぎには大島入口に到着していて、唐桑とのあいだの北回り航路にて気仙沼湾に入ってくる本船を確認しながら魚市場に車を走らせて。 取引先関係者も待受ける中、着岸してすぐの水揚げ開始でした 花丸

すでにお盆前から休暇となっている他船に続いて、本船の乗組員もいよいよ夏季休暇に入るっていう事で皆さん帰郷を楽しみに入港してきたみたいですね。 ここまでの航海ほんとうにお疲れさまでした! 音符

水揚げを終えた本船は魚市場南側岸壁へとシフトして乗組員総出で帰郷前の船体洗い。 船の周囲や喫水付近まで洗剤とブラシなどを使って汚れを落としていきます、チームワークが素晴らしいです 親指

これから乗組員が帰郷となりますが、故郷でのプライベートな時間でリフレッシュして、前半戦の疲れを癒して頂きたいですね。 そして日本全国がいろいろ注意しなくちゃならない状況にありますから、自己管理をしっかりと、元気にまた気仙沼に戻ってくるのを楽しみにしてます。 ゆっくりと休んできてください face02
  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 10:46