宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年11月01日

「沿岸漁業担い手対策支援事業」の説明会


いま気仙沼の遠洋・近海まぐろ漁業者が最も精力を傾けおこなっているのが、幹部船員後継者の確保・育成のプロジェクトです。 勝栄丸各船でも若手船員の活躍が目立ってきているのが嬉しいです 花丸

それでも高齢化を迎えている船員の年齢構成を考えると、まだまだ後継者の育成が追い付いていない状況があって、地道にコツコツと一人一人丁寧に対応しながら、若手の成長を期待する日々です icon12

そんな港町気仙沼港で、気仙沼市が中心となっておこなわれているのが「沿岸漁業担い手対策支援事業」で、沿岸漁業の担い手を育成しようとする試みを、フィッシャーマンジャパン、歓迎プロデュース、宮城県漁協などが連携して事業を推進するプロジェクトが開始され、その説明会に参加してきました タイ

魚市場の大会議室には、沿岸漁業者を中心に大勢の方が集まっていて、気仙沼市長のあいさつに続いて、フィッシャーマンジャパンによるこれまでの活動内容のプレゼンと、いま取り組んでいる石巻・雄勝を中心とした若手漁業者育成の事例紹介や、親方漁師と担い手の体験談などのご紹介もあって 船

私たち遠洋漁業者だけではなく、沿岸漁業者も同じ問題を抱えているんだということを知って、地域全体で後継者を育成していこうという気仙沼市のこのプロジェクトには、今後すごく期待するところなので、これらの事業とも連携を図りつつ、関係者の協力をもらいながら頑張っていこうと改めて感じました camera

遠洋・近海まぐろ漁業の若手船員育成に関しては、我らが宮城県北部船主協会の吉田事務局長による短時間でしたが素晴らしいプレゼンがあって、私達のこれまでの活動や今後の課題などについてのお話し。 吉田事務局長の戦略・ノウハウの一部が語られたのには驚きましたが、いい講演でしたよ 音符

勝倉漁業としては「乗組員ファースト」というフレーズを全社員で共有して、これからの後継者育成・乗組員確保に取り組んでいく覚悟。 関係者の皆さまには、引き続きのご協力のほど宜しくお願いします face02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
乗組員募集のお知らせ
勝倉漁業株式会社では遠洋まぐろ延縄漁船・勝栄丸の乗組員を随時募集しています !
甲板および機関の海技士資格などをお持ちの方は、担当者までお気軽にご連絡ください 船
tel01 0226-23-8530 (漁撈部長 畠山、営業部長 勝倉知之) pc02 http://www.katsukura.co.jp/  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 06:10