宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年11月02日

日曜開市での戻りがつお水揚げ


早いもので今年もあと残すところ2か月となりました。 11月に入って最初の日曜日は、戻りガツオ漁が終盤戦を迎えているカツオ船への対応のために、気仙沼魚市場は臨時開市となっての水揚げです 船

沖合い東経150度、気仙沼から一昼夜ほど東の海域がいまのカツオ船の主漁場。 各船の船頭さんにお話を伺うと、だんだんとカツオのナブラも少なくなってきているそうで、終漁も近いのかもしれません。 すでに4隻ほどが三陸沖での操業を切り上げ帰途についたとの情報もあり、ほんと終盤戦ですね icon12

日曜開市の気仙沼魚市場には、8隻のカツオ船が入港。 勝倉漁業の魚問屋部門では、83佐賀明神丸と88佐賀明神丸の二隻が土曜日の夜に入港して待機し、早朝からの水揚げをおこないました 音符



さすがにこの時期になると、朝4時半の魚市場はまだ日が昇ってなくて、気温も5℃近くにまで下がっているから、少し厚着をしただけではけっこう寒い。 勝倉漁業の市場担当スタッフそして魚市場の職員、関係者の皆さんも、日曜開市の休日出勤となりましたが、寒いなかでのお仕事ほんとご苦労様です 雪

7~8㎏ほどの大きなサイズ、特特大のカツオが約半分、そして2㎏台の中小、その前後のサイズが半分くらい入るサイズ組成。 ようやく2.5上や3㎏上のサイズもかなり混じるようになってきました camera

両船の船頭さんや乗組員の皆さんはまだまだ今季の操業を継続してく勢いなので、勝倉漁業としても陸上側から精一杯サポートしていきたいと思います。 あとは活餌の確保がどうなるかですかね、情報によるとだいぶ活餌が少なくなってきて確保が難しくなっているそうなので、餌屋さん宜しくお願いしますよ !

これからますます寒くなり、魚市場での入港船対応・水揚げ現場の作業もたいへんになってきますが、体調管理をしっかりと今季のカツオシーズンの締めくくりに臨んでいきましょう、皆さんよろしくです! face02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
乗組員募集のお知らせ
勝倉漁業株式会社では遠洋まぐろ延縄漁船・勝栄丸の乗組員を随時募集しています !
甲板および機関の海技士資格などをお持ちの方は、担当者までお気軽にご連絡ください 船
tel01 0226-23-8530 (漁撈部長 畠山、営業部長 勝倉知之) pc02 http://www.katsukura.co.jp/  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:49