宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2020年11月08日

南町「旬味こうだい」さんでの懇親会


朝方は少し気温が下がったけれど、日中は風もなく日差しも暖かでこの時期らしくない穏やかな天気となった週末の気仙沼。 このところ寒い日が続いていたから、こう暖かい日はなんか気分が和みますね icon01

昨日お伝えしたように、カツオ一本釣り漁船が終盤戦の操業を迎えていて、各船ともに水揚高の上積みを狙って沖合い漁場で奮闘中の模様ですが、昨日は2隻の入港で僅か0.6トンだけの水揚げでした いかり

木曜日まではサンマの水揚げが続いたものの金土と二日続けて水揚げがなく、全国の港でも入港船がなかったというから、これからの水揚量が心配だなあって思っていたら、先ほど週明けのサンマ船の入港情報が入り、気仙沼は月火で10隻450トン、全国では2300トンを超す水揚げが予定されています クラッカー

親潮にのってサンマの魚群が南下してきて、気仙沼をはじめとする三陸沿岸各港へも近い場所が漁場となっているから、11月の水揚げ数量もこのぶんだと期待できるはず。 サイズ組成にも注目ですね 船

戻りガツオに旬のサンマ、そしてメカジキや牡蠣など、美味しい食材が出そろう時期なので、出張などで気仙沼に来るのにはベストなタイミングかと。 そして地酒も一緒に味わってみてはいかがでしょうか 食事

そんな週末には、遠方からのお客様と一緒に南町の「旬味こうだい」に席を予約してのお食事会でした。 親方が腕を振るったお料理をいただきながらの久しぶりにお会いする方々との楽しい時間 花丸

お刺身は今が旬の戻りガツオとまぐろのお造り。 どちらも脂がのって赤身の色もすごくきれいで、どれがカツオかわからないくらい。 特大サイズのサンマの塩焼きに、牡蠣の天ぷらなどをつまみながら地酒を酌み交わして、懇親を深めることができた夜でした。 これからもどうぞよろしくお願い致します タイ

南町のこうだいさんは、蔵を改装したこじんまりとした素敵なお店。 いつもお食事会に利用する二階席は貸し切りでの対応をしてくれるので、お客様をお迎えするときには何かと都合がいいです。 これからの時期は忘年会や新年会などでおじゃますると思いますから、また美味しいお料理を期待しています face02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
乗組員募集のお知らせ
勝倉漁業株式会社では遠洋まぐろ延縄漁船・勝栄丸の乗組員を随時募集しています !
甲板および機関の海技士資格などをお持ちの方は、担当者までお気軽にご連絡ください 船
tel01 0226-23-8530 (漁撈部長 畠山、営業部長 勝倉知之) pc02 http://www.katsukura.co.jp/  

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 15:01