宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年01月29日

二隻の勝栄丸での引越し作業

二隻の勝栄丸での引越し作業
日本に到来した寒波の影響で、ここ気仙沼港も一面の銀世界となりました。 それでも降雪量はあまり多くないし、日中は天候も回復したので、降り積もった雪もすぐにとけてしまうことでしょう 雪

第88勝栄丸に続き気仙沼に先日帰港した第7勝栄丸。 帰港船や出漁準備中の船で岸壁がうまっていて横付けできる岸壁がほとんどないので、勝栄丸二隻を抱き合わせのダブルバンクで係船 船

この二隻とも船を乗り換えるので、両船に積込まれている漁具・資材や様々な品物など、すべて引越ししなければなりません。 先週は88勝栄丸の引越し作業、そして今週は第7勝栄丸の作業でした camera

二隻の勝栄丸での引越し作業二隻の勝栄丸での引越し作業
遠洋マグロ漁に使用する漁具資材は、それぞれの格納場所に片付けられているのだけれど、それをすべて陸揚げするのはものすごい作業量となる。 トラック4台をフル稼働させて、インドネシア船員や乗組員の手を借りて二日がかりでやってもまだ終わらない。 すでにトラック20台分以上も運びました ちからこぶ

延縄漁に使用する幹縄や枝縄、浮玉をはじめ、ありとあらゆる漁具・資材が引越しの対象になる。 気仙沼に帰港早々の乗組員の皆さんも、お疲れのところですが張り切って作業をされてました 花丸

厳寒の気仙沼港での一日中の作業なので、陸揚げ引越し作業にあたられた皆さんはすごく大変だったかと思います。 取引先業者の皆さま方もほんとうにお世話様です。 すごく助かりました タイ

まだ引越し作業は残ってはいるけれど、みらい造船木戸浦工場への上架の予定も迫ってきたので、いったん引越し作業は終了。 あとは下架してからの作業となります。 岸壁事情が厳しいなかコの字岸壁への係船期間も長くなってしまいますが、事情をご理解いただきご協力の程よろしくお願い致します face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:39

削除
二隻の勝栄丸での引越し作業