宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年01月31日

入港作業終えインドネシア船員帰国


大西洋でのマグロ漁業基地、スペイン領カナリア諸島ラスパルマスを出港したのち、中部大西洋でのメバチマグロ漁や北東大西洋でのクロマグロ漁をおこなった第7勝栄丸が気仙沼に帰港して数日 船

現在新潟造船で建造中の新船への乗り換えを予定しているので、気仙沼に帰港して早々ではありましたが乗組員の手を借りての引越し作業を数日間おこないました。 日本人船員と一緒に気仙沼まで乗船してきたインドネシア船員にもご協力して頂きました。 皆さん本当にご苦労様です 花丸

インドネシア船員の故郷は常夏の島国。 気温がぐっと下がって、寒波到来によって雪の天候にもなった厳しい寒さの中での岸壁作業は彼らにとっても大変だったのではないかと思いますが、取引先業者の皆さんや乗組員、OBの方々などたくさんのご協力を頂いてスムーズに作業を進めることができました ちからこぶ

せっかく日本にきたのだからと、焼肉屋さんにみんなを案内しての入港祝い。 もちろん、イスラム教徒が多いインドネシア船員なので豚肉は抜きのメニューに。 彼らの食べる量がすごいですね 食事

会社近くの気仙沼パークホテルに部屋をとってゆっくりと休んでいただきました。 インドネシア船員が気仙沼で下船し上陸するのには許可が必要。 そして成田空港までの国内移動にもまた別の許可。 気仙沼から高速道路で成田空港までは旅行代理店が手配したマイクロバスでの移動です 音符

ジャカルタそしてデンパサールと、彼らのホームタウンに近い空港までの航空券を手配してあるので、気を付けて帰って頂きたいですね。 大西洋からの帰港そして引っ越し作業とお疲れさまでした 親指

早朝のホテルのロビーで、帰国するインドネシア船員との記念写真撮影。 新造船が出来上がり出漁準備をする頃にはまた気仙沼に来てもらうことになると思うので、それまでゆっくりと休んでください face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:23

削除
入港作業終えインドネシア船員帰国