宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年02月04日

第7勝栄丸の上架工事順調


大西洋漁場から約45日以上の航行を経て気仙沼に帰港した第7勝栄丸が、次の航海に向けての船体や機器類の整備のために、みらい造船木戸浦工場にドック入りして数日間が経過しました 花丸

上架時は雪も降って心配された天気も、船体の清水洗浄が終わり足場が設置される頃にはすごくいい天気となって。 風は冷たいものの日差しもあって、塗装作業等にも絶好の日和となりました 晴れ

ドックオーダーに基づいて行われる上架工事。 ひとつひとつ現場で担当者と確認をおこないながら、コストがかかりすぎないように注しての指示。 平成7年建造の船なので今年で24年になるから、リフレッシュ工事までは行かないまでも、ある程度しっかりと整備しておかなければなりません 船


すでに船底や外板のタッチアップが終わり、塗装作業が始まっていて、塗料を吹き付けるエアーガンのプシュッていう音が心地いい。 寒いなかでの高所での塗装作業ほんとうにご苦労様です 音符

本船には漁獲物を取り込む装置「スクーパー」が設備してあって、88勝栄丸から転船となる幹部船員の皆さんと相談して、スクーパーの整備内容を確認。 小野寺鐵工所さんの担当者との打合せでした タイ

先日岸壁でおこなった引越し作業もまだ全部が終わったわけではないので、本船の倉庫内から陸上の倉庫へと運び出すものがまだたくさんある。 上架期間中にある程度の片づけをおこないたいです camera

天候に恵まれて本船の上架工事はこのぶんだと順調に予定通り進みそう。 みらい造船木戸浦工場の現場担当者・工員のみなさん、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。 上架現場に足を運んで本船の順調な工事状況を確認してホッと一安心。 そろそろ下架後の予定も決めていかなければなりませんね face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:14

削除
第7勝栄丸の上架工事順調