宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年02月20日

気仙沼向洋高校によるマグロ船見学会


勝倉漁業が発注し新潟造船で建造が進められている新しい遠洋まぐろ延縄漁船の艤装工事の状況などを、船頭さんや船長さんらとともに確認し、いろいろと打ち合わせをおこなってきた新潟出張 タイ

二日間の滞在と結構慌ただしい感じの視察でしたが、幹部船員の皆さんも初めて見る新船建造途中の立会い、そして出来栄えに満足されたようで、私たちとしてもすごく充実した新潟滞在でした 花丸

私たちが気仙沼を離れているあいだも、いま帰港中の二隻の勝栄丸を抱き合わせに係船しての引越し作業が毎日のように行われていて、乗組員の皆さんそして会社スタッフ、取引先業者の皆さんも、寒いなかでの引越しや船内片付けなど、連日の作業本当にご苦労様です。 だいぶ片付いてきましたね 船

徐々に船内もすっきりとしてきた第7勝栄丸を使って、気仙沼向洋高校の情報海洋科海洋類型1年生による遠洋まぐろ延縄漁船の見学会が開催されました。 午前中には向洋高校での若手船員数名によるトークショーもあり、勝栄丸の船員からも生徒さん達へしっかりとメッセージを伝えることができたとの事 マイク

学校のバスで本船前に到着した生徒さん19名に引率の先生や県や市の職員の皆さん、そして取材のテレビカメラや記者さんなどが作業甲板上に集合して、船内見学会のスタート。 いつもお世話になっている漁労長OBの方々に案内役を引受けて頂いて、数班にわかれて段取りよく船内を巡ります クラッカー

船内の食堂には北かつ組合で用意したマグロのにぎり寿司の試食もあって生徒さん達に大好評だったみたいでよかったです。 19名の生徒さんの中には5名の女子生徒さんもいて、今年宮城丸に乗船しハワイ沖での洋上実習にもチャレンジするとの事。 案内役の船頭さんのお話を真剣に聞いていました 音符

かつては気仙沼水産高校だった向洋高校で、遠洋まぐろ漁船の見学会をするのはなんと初めての事っていうのには驚いたけど、この中から将来の幹部船員が生まれてくることを心から期待しています face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:43

削除
気仙沼向洋高校によるマグロ船見学会