宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年03月02日

88勝栄丸が新天地へと廻航


小春日和の暖かい天候になったと思えば、小雪がちらつく肌寒い日がきたりと、三寒四温でだんだんと春に近づいていってる気仙沼ですが、まだまだ防寒着が手放せない港での作業です 雪

インド洋や太平洋でのまぐろ漁を終えた漁船が年明けに続けて気仙沼に帰港となっていて、港町岸壁からコの字岸壁まで空いているスペースがないほどにぎっしりと漁船でうまっている港内です 船

毎年みられる光景とは言っても、帰港後の船の片づけや出漁準備などで岸壁に横付けして作業をしたい私たちにとって、気仙沼港のタイトな岸壁事情は結構深刻な問題。 それでも大きなトラブルなく、順繰りに岸壁を融通しあって利用できているので、関係者皆さんの協力に感謝です いかり

今年1月に大西洋漁場から気仙沼に帰港した第88勝栄丸は、新造船導入に伴う船の入れ替えのため約一か月にわたり引越し作業をおこなってきました。 その作業もようやく済んで新天地への廻航の日がやってきました。 出港予定の午後1時前に関係者が岸壁に集まってスタンバイです タイ

みらい造船木戸浦工場の作業艇も待機。 船長さんの合図によって船首のもやい綱がレッコされ、作業艇のサポートを受けて岸壁を離れる88勝栄丸の最後の勇姿を関係者とともに見送りました camera

平成3年の竣工以来、太平洋・インド洋・大西洋・地中海と、世界中の海域に出漁してはマグロを追っての延縄漁をおこなってきた88勝栄丸です。 勝倉漁業にとっても長年にわたり大いに貢献してくれたマグロ船だけに、新船に乗り替えるという事情はあるもののやはりちょっと寂しいものがありますね icon12

清水港まで安全に航行され、新天地でも大いに活躍されることを心からお祈りいたします。 第88勝栄丸に関係しこれまでお世話になった大勢の皆さま方に心から感謝を申し上げます。 いま沖で操業中の各船、気仙沼から出港する第7勝栄丸、そして新造船を今後引き続きどうぞ宜しくお願いします face02
Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:27

削除
88勝栄丸が新天地へと廻航