宮城県気仙沼港の遠洋まぐろ延縄漁船 勝栄丸 (SHOEIMARU) のブログです。勝倉漁業株式会社が運営する勝栄丸ブログでは、まぐろを取り巻く世界情勢や国内の動き、地域の情報などについてお知らせ致します。

2019年03月04日

二つの祝賀会を目前にして


とても忙しかった二カ月を終えたと思えば、3月はさらにスケジュールが立て込んできている勝倉漁業です。 新元号の発表まで一ヶ月を切り、年度末を迎えさらにしっかりと取り組んでいかなければ タイ

今週末には高知県黒潮町の明神水産の新造船「第八十八佐賀明神丸」のお披露目と竣工披露宴が開催される予定で、ここ気仙沼からもたくさんの取引先関係者が出席すると聞いています。 FRP漁船を専門にてがける山口県の(株)ニシエフで建造されたカツオ船を拝見するのがとても楽しみですね クラッカー

そしてその直後には、新潟造船にて勝倉漁業の新しい遠洋まぐろ延縄漁船の命名・進水式と続くので、高知から直接に新潟入りすることになりそう。 進水式まであと一週間ほどとなってきました 船

勝倉漁業の事務所には取引先業者や漁業会社などからのお祝いの大漁旗が次々と届いて、命名・進水式の段取りなどについて打合せをおこないました。 命名・進水式の前日には、造船工場にて大漁旗を広げては、飾りつけの確認をしなければならないので、すべて新潟造船へ発送することに 花丸

そうした予定を前にした慌ただしい一週間。 週末には取引先の皆さんとお昼ご飯を食べながら打合せしましょうっていうことになって、時間を合わせてでかけてきました。 そういえば、このメンバーでのランチミーティングは久しぶりだったなあと思いつつ、今後の予定などについての打合せでした 食事

第7勝栄丸の定期検査工事もそろそろ終わり、海上試運転を経て漁具や資材などの積込み作業へと入っていきます。 取引先関係者や乗組員の皆さんには近々に集合がかかると思いますので対応よろしくお願い致します。 二つの祝賀会を目前にした週末のひと時、少しだけリラックスした瞬間でした face02

Posted by 勝倉漁業株式会社 at 08:08

削除
二つの祝賀会を目前にして